Pocket

こんにちは 荒蒔です。

近頃、最高気温が1桁が続き、ものすごく寒さを感じます。

皆様、『手洗い・うがいをしていますか?』

今日は、なぜ冬にインフルエンザが流行るのか?と言うお話です。

それは、

『インフルエンザウイルスが好む環境と

免疫力が低下する環境が真冬である事』

空気が乾かすしていると、鼻やのど、気管の繊毛運動が鈍くなり、

ウイルスが立入りしやすくなります。ある実験によると、

温度21~24度、湿度50%の環境での

6時後のインフルエンザウイルスの生存率は3~5%

だったのに対し、

温度7~8度で湿度を50%にすると

6時後のウイルス生存率は35~42%、

温度7~8度で湿度22~25%だとウイルス生存率は63%

という結果が出たそうです

つまり、インフルエンザは、

『低温かつ低湿度の環境を好んで、活発に活動する』

という特徴があります。

さらに、真冬になると空気が乾かすして、私たちの免疫力も低下する

事も、真冬にインフルエンザがはやるする一因になっています。

大まかに毎年、11月頃からインフルエンザの患者がポツポツと

現れスタート出来、12月から3月にかけて患者数が多くなり、

特に過去11年間のデータを見ると、1月下旬から2月上旬にかけてが

最も患者数の多々あるタイミングとなります。

皆さんも、「インフルエンザのトレンド頃合=真冬」という

心象があると考えます。

インフルエンザのきっかけとなるインフルエンザウイルスは、

A型、B型、C型の3つに分類されますが、

日本ではやるを起こすのはA型かB型です。

特にA型は変異株が多く、日本だけでなく世の中的なは

やるを引き起こす事もあります。

ただ、インフルエンザウイルスは、毎年ちょっとずつ

変異を繰り返し、遺伝子が移り変わりしていくんです。

特にA型インフルエンザのウイルスは、

変異を起こしやすいと言われています。

2012~2013年は、香港A型のインフルエンザウイルス

が猛威を奮いました。

それでは、 夏はインフルエンザにかからないのでしょうか?

それは、違っております。エアコンの普及により、

夏でも室内は低湿度になっていることが多いので、

以前よりもウイルスが生存しやすい環境になっているとも

考えられます。

このように、1年中ウイルスから逃れられません。

常日頃からの予防対策が大切です