Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

本日は、病院の問題として、

救急車のたらい回しについてです。

なぜ、救急車のたらい回しが、起こってしまうのでしょうか?

解説していきます。

日本の救急医療ルール

「救急車 たらい回し」の画像検索結果

日本の救急医療ルールは、患者の重症度によって、

・一次救急

・二次救急

・三次救急

の3段階に区分られています。それぞれの役割を見ていきましょう。

一次救急

入院治療の必要がなく、外来で対処し、

帰宅可能な、軽症患者様に対応する救急医療を行います。

各都道府県で、数ヶ所ずつ設置されている

「休日夜間急患センター」「救急(休日)歯科診療室」のほか、

その日の在宅当番になっている、当番病院・診療所が対応します。

二次救急

入院治療や、手術を必要とする重症患者様に、対応する救急医療を行います。

いくつかの病院が、当番日を決めて救急医療を行ない、

病院群輪番制や、共同利用型病院方式がこれにあたります。

通常、入院や手術を必要として、救急車で搬送されるのは、

この二次救急指定病院で、24時間体制がとられています。

入院して、加療が必要な患者さんに、三次救急が、

ICUで、高度な集中治療が必要な、患者さんに応対しております。

特に、二次救急の「たらい回し」が大きな問題になっています。

三次救急

救急隊から、消防の救急司令センターに連絡が入り、救急指令センターから、

病院に受け入れ要請が来るシステムです。

初期、第二次救急では、

対応が不可能な重篤疾患や、多発外傷に対する医療が行われます。

救命救急センターや、高度救命救急センターが対応し、

高度救命救急センターとは、救命救急センターの中でも、

特に、高度な診療機能を有する物として、厚生労働大臣が定める医療機関です。

救急車のたらい回し問題とは

「救急車」の画像検索結果

救急車を呼んだ場合、いくつもの病院が受け入れを断って、

患者さんの収容先が、なかなか決まらず、患者さんの様子が悪化して、

死に至る、場合があります。

怖いですよね・・・・

基本的に、病院側も患者の受け入れを、拒む事はないのですので、

たらい回しにされる事は、全くないのです。

しかし、二次救急の場合は、救急隊員が、直接受け入れできるな病院を探し、

交渉する体系ですので、時間もかかりますし、病院側が受け入れを、

拒否する場合が、多くあるのです。

救急搬送で、3回以上受け入れを拒否された件数が、

1万7千件以上にも、なった年もありました

たらい回しが、おこる原因とは?

二次救急を受け入れる「救急病院」でありながら、

受け入れ拒否をする、病院が多いのはなぜでしょうか?

理由として、

「空きベッドがない」

「専門医がいない」

「ほかの患者の処置で慌しい」

などがあります。

こういった原因で、受け入れができない事も、多いようです。

でも実のところ、

「既往歴などのデータが、全くない患者さんの受け入れをして、

何か問題が起こっても困る」という理由もあるようです。

この理由は、救急病院としては不適切です。

しかし、医療訴訟が大きな問題になっていますので、

医療機構側としては、

「かかりつけ以外の患者は、できるだけ受け入れを拒否したい」

という考えがあるのかもしれませんね。

たらい回し対策とは?

「救急車 呼ぶ」の画像検索結果

現在、厚生労働省を筆頭に、消防と医療組織の連動を強めるため、

病院群輪番制の徹底など、たらい回し防止のための対策が行われています。

ただし、救急搬送のたらい回しが、後を絶たないのは事実です。

万が一、自身や身内が、救急車を呼ぶような事態になった時、

たらい回しにならないために、自身で可能な限り、対策をしておきましょう。

自身で可能な対策とは、地域の救急病院にかかりつけを作っておく事です。

かかりつけの患者さんの場合、受け入れ拒否の確率は、かなり低くなります。

その病院の、診察券を持っているだけでも違うようです。

さらに、健康保険証と共に、自身の既往歴やアレルギーの有る無し、

持病のある人は、その検査データなどを持っておくと、

医療機関側も、どれほどの患者かを理解しやすく、

受け入れてもらいやすいでしょう。

このような対策をしても、救急搬送時に、

100%受け入れてもらえるという保証は、残念ながらありません。

「自分の命は自身で守る」という自衛の意味でも、

自分で、できる対策は、行っておくようにしましょう。