Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日のお仕事おつかれさまです。

『仕事に慣れましたか?』

『仕事をしてどうですか?』

偉そうに、言うつもりはありませんが、すみません(笑)

毎日の激務で、看護師の仕事に疲れた・・・

休みがあっても疲労感が取れない・・・

慣れない環境で、毎日緊張の中、疲れ切った状況ではないのですか?

そんな疲れた、あなたに、これからの過ごし方についてお話します。

新人の看護師さん!仕事に疲れたあなたへ

疲れがたまるとミスが増えます。

「ミス 看護師」の画像検索結果

新人看護師の1年目は、ストレスの多く、かかる時期ですが、

仕事で疲れて、休んでもわりと疲労感が取れなくて、

悩んでいるという人も、多いはずです。

ここでは、激務な看護師の業務に疲れてしまい、

疲労感が抜けない、あなたに、対処法について整理てみました。

新人看護師さんが、疲れきってしまう訳には、様々な理由があると思います。

新人看護師は、まだ仕事が慣れない中で、ミスが絶対に許されないという

プレッシャーの中で、毎日働いています。

特に、重症患者や急変がしょっちゅうにあるような部署で、

働いている新人看護師にとっては、仕事中に、一瞬たりとも気を抜く、

暇もない事もあるでしょう。

他にも、先輩看護師からの、監視の目も鋭い事から、

『いつもミスをしてはいけない』という、プラッシャーがつきまとい、ストレスとなって、

精神的に疲れてしまう事があります。

新人看護師で、疲労感が取れない時の対処法

「疲れがとれない  看護師」の画像検索結果

では、精神的疲労・肉体的疲労が重なったうえに、休みの日でも、

ゆったり休めないという状況になりやすい、

新人看護師さんは、一体如何にすればいいのでしょうか?

疲れ・疲労感が続くなかで、業務を続けていると、

気力がどんどん下がりますし、ひどい時には、精神的に心も体も、

病んでしまう事があるので注意が必要です。

それでは、新人看護師で、疲労感が取れない時の対処法をお伝えします。

1)勉学は時間を決めてする

新人看護師として、毎日学習時間を取る事は、価値があるな事ですが、

真面目な人ほど、睡眠時間を削ってまで、

学習時間にあてているという方も、実のところには数多くいます。

でも、疲れが溜まっているにも関わらず、理不尽をして学習していても、

集中力が欠けていて、結局は頭に入っていなかったり、

一度覚えた事でも、すぐに忘れてしまう事もあります。

だからこそ、学習をするのであれば、

業務のある日は、一日15分まで!休みの日は1時!

といったように、はじめから時間を決めて、

その範囲で終わらせるように、計画を立てましょう。

2)夜勤のある暮らしに慣れる創意工夫をする!

夜勤が始まるころから、新人看護師さんの中には、

具合を破壊してしまう人が、毎年出てきます。

できるだけ早く夜勤のある暮らしに慣れるように、

夜勤明けの休みの日に、充分に体を休めましょう。

家に帰ったら、直ちにお風呂で湯船につかって疲れを癒したり、

カーテンを閉めて、個室を暗めにして、たとえ眠くなくても、

体を横にして休めるだけでもいいです。

夜勤明けの休みで、ちゃんとと調子を整える事が可能なら、

夜勤のある暮らしにもきっと慣れてくるはずです。

初めは、もちろん誰だって慣れませんので、

徐々に生活リズムに慣れていきましょう。

3)仕事でバテない体作り

そして、体を休めるだけではなく、

看護師として働いていくには、体力作りも欠かせません。

休みの日に、わずかでもいいので、軽く外をウォーキングしたり、

ストレッチなどの軽い運動をし、体力作りを心掛けましょう。

運動することによって、ストレス発散にもつながるので、オススメです。

4)自身が喜ぶ事をやってみよう!

休みの日を使って、自らが心から喜ぶ事をやってみましょう。

・音楽を聴く

・料理をする

・友達と美味しいものを食べる

・買い物に行く

・友達と旅行に行く

など、やりたいと思う予定いれ、気分転換することが大事です。

休みの日に、貴方がウキウキするような休みを入れる事で、

仕事への気力にもつながりますし、日ごろの精神的な、

ストレスの解決にもなって一石二鳥です。

5)食べ物でスタミナをつける!

さぁ、スタミナのつく食べ物といえば、焼き肉です。

私も大好きですけど(笑)

しかし、

ジャンクフードばかり・・

炭水化物ばかり・・・

といった暮らしであれば、栄養が偏ってしまい、

体自身が疲れやすくなってしまいます。

疲労回復にいいとされる、

・ビタミンを取ったり

・スタミナをつけるために鶏肉を食べたり

・卵を食べてたんぱく質を取ったり

と栄養バランスを考えて、食事を採るように心がげましょう。

忙しくて自炊している時がない』といった方は、

サプリメントや野菜ジュース、グリーンスムージーといった、

いつも足りない栄養が、補給できるようなものから、

開始出来てみるといいかもしれませんね。

こちらの記事もご覧ください⇒忙しい看護師さんに意外と知らない、青汁の効果と、飲み方について

日ごろの疲れをため込んだままにしないように、

あなたの暮らしに、採りいれてみてくださいね。

疲れをため込んでしまった事で、精神的に病んでしまう事のないよう、

くれぐれも早めに対処しておきましょう。

とにかく、いくらなんでも無理はいけません。

その時は、先輩方、ご相談よろしくお願いいたします。