Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

いつも、看護師さんの転職の事を、中心に書いていますが、

あえて、本日は、新人助産師さんの転職についてお伝えします。

今まで、あまり助産師さんについて、書いてなかったですね。

また、助産師さんについても、これからも書いていきます。

それでは、参りましょう。

スポンサーリンク

新人助産師が退職した後の転職先は?

「助産師」の画像検索結果"

それでは、新人助産師さんの転職先について、一つずつ見ていきましょう。

産婦人科専門の病院

産科の専門病院であれば、多く助産師として、ちゃんとキャリアアップが、

可能なところも多いです。ハイリスク分娩を扱っておらず、

自然な分娩で、しっかりと助産師としての経験を積みたいという人に向いています。

仕事内容として、助産師が主体となってお産を取り上げたり、

産後のケアなども行っていることから、

より実践的なものを学ぶことが可能です。

また、専門病院ならではで、助産師としての研修が、

充実していることが多いので、新人助産師として転職しても、

無理なく、働くことができる病院もあります。

最近では、助産師外来なども設けられ、

助産師の活躍の場が、広がっているところも増えています。

産科クリニック

産科クリニックもまた、実践的な経験を積みたいという、新人助産師さんにおすすめです。

今の職場では、

助産業務以外のことばかりに追われてお産を取れない・・・

助産師が多くて自分にはお産がなかなか回ってこない・・・

経験をなかなか積ませてもらえない・・・

といった悩みを抱えている人が、選ぶ転職先として、クリニックが多くなっています。

クリニックの場合には、新人助産師さんであっても、

実践を中心に分娩を任される場合も多く、

経験をいち早く積みたいという方には、向いています。

ただ、教育体制が整っていないクリニックもあるので、

即戦力の助産師が求められることになります。

産科がある民間の総合病院や大学病院

新人助産師が、退職後に選ぶ転職先として、

産科のある民間の総合病院や大学病院があります。

こうしたところでは、教育体制が充実しているところも多く、

経験の浅い、新人助産師さんのあなたでも、受け入れてもらえることが多くなっています。

しかし、大学病院については、採用時期が大学別で、

決まっていることがほとんどなので、情報収集を忘れないで下さいね。

分娩件数が多い、少ないは病院によって違いがあるので、

あなた自身がどんな職場で、

働きたいのかをよく考え、選択してください。

また、こうしたところでは、NICU(新生児特定集中治療室)といった、

設備の整った病院も多く、分娩も扱っていることから、

正常分娩だけでなく、何か問題があった時でも、学べる環境があります。

看護師として再就職

助産師が自分には性格的に向いていない・・・と感じている人が多くが、

看護師として、再就職するという選択です。

助産師の免許を取得しているのにもったいない

と感じる方が、多いかもしれませんね。

まずは看護師として、経験を積んでから、将来的に助産師として働きたいと、

考える人も少数ですがいます。

今は助産師として働きたくない・・・と思っていても、

助産師を辞めたことによって、新たに、助産師として活躍したいと、

思う方が多いみたいです。

新人助産師が、助産師として転職する場合の注意点

新人助産師さんが、助産師として、転職する場合もあると思います。

まだ、経験の浅い新人助産師が、これから転職を考えているのであれば、

次のような点に気を付けておきましょう。

教育体制が充実している転職先を選ぶ

新人助産師にとって、何よりも大切になってくるのが、

中途入職の助産師であっても、教育をしてもらえるかどうかがポイントです

たとえ経験が浅くても、中途採用者の場合には、

当然仕事ができるものとして、放置されてしまうこともあるからです。

そのため、せっかく転職をしたのに、

教えてもらえない・・・

指導がなくて不安・・・

といった悩みを抱えてしまう場合もあります。

希望している転職先の教育体制について、

事前に、情報収集は必要なので、ここでも注意しましょう。

経験の浅い新人助産師を、受け入れているかチェックを忘れずに

経験が、まだ3年未満であれば、第二新卒の助産師として、転職をすることになります。

お産を取る件数を増やして、3年以上経験して、

やっと一人前になれるかどうかが、あなた次第でもあり、助産師の仕事です。

そのため、病院やクリニックによっては、即戦力にはならない、

経験の浅い新人助産師を、受け入れていないといった、ところもあるのが現実です。

まずは、助産師の募集が出ていたとしても、

あなたの経験で、受け入れてもらえのかどうかの確認は、

必ず必要になってきます。注意しましょう。

分娩件数はどれくらい?お産は取れる?必ず確認を!

これから転職を考えている職場であれば、

分娩件数はどれくらいになるのか

いつくらいお産はから任されて独り立ちできるのか

どれくらいの件数を取らせてもらえるのか

この3つを注意して、確認しましょう。

経験を積みたいと考えているのであれば、

分娩件数が多いところを、転職先に選ぶことが重要です。

また、このような所も、注意して見てみましょう。

〇〇病院では、母親学級や集団指導などどれくらい力を入れているの?

〇〇病院では、第二新卒の助産師を受け入れているの?

母乳育児を推奨しているクリニックはどこ?など

何事も、情報収集が必要ですので、今回、確認する注意点を忘れずに。

転職活動、頑張っていきましょうね。

オススメ転職サイト 

 1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

 2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営  

 3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】