Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

新人看護師で、仕事行きたくないと、

悩んでいる人は、たくさんいます。

しかし、「仕事行きたくない」、

「辞めたい」と思いながら、日々働いているのです。

そこで本日は、新人看護師の仕事行きたくない理由と、

解決法をご紹介いたします。

新人看護師 仕事行きたくない病 解決法

スポンサーリンク

新人看護師が仕事行きたくない理由

ソース画像を表示

1年目の新人看護師が仕事行きたくないと思う理由は、たくさんあると思います。

・仕事ができない

・インシデントを起こしてしまった

・先輩やプリセプターが怖い

・患者さんに怒鳴られた

・医師に怒られた

まぁ、色々嫌になってしまいますよね。

新人看護師は、思ったように、

看護師の生活を送れないので、ショックを受ける方が多いです。

また、自分が働けないことに、自信を無くしてしまいますよね。

看護師長やプリセプターの方が、うんざりしていて、

時には、嫌がらせを受けている方もいます。

ですので、新人看護師さんは

「働きたくない、働きたくない」

と思いながら働き、働きたくない病気が発生します

新人看護師が仕事に行きたくない病 解決法

この3つの解決法を実践すれば、

仕事行きたくない…

という気持ちを軽減することができるはずです。

リフレッシュするための工夫をする

新人看護師が、仕事に行きたくないときは、リフレッシュしましょう。

看護師は、仕事中心の生活を余儀なくされ、

頭の中が仕事でいっぱいになり、行きたくない病気を悪化させます。

自分をリフレッシュし、仕事を忘れる時間を与え、

リフレッシュすることで、

仕事に行きたくないという、気持ちを軽減できます。

・休日は勉強せずに買い物に行く

・いつもと違う道を通って通勤する

・同期と一緒に美味しいものを食べに行く

このようなことをすると、

「仕方ない。もう少し頑張ってみるか」

と思えるようになるはずです。

好きなお菓子を持参する

仕事に行きたくない新人看護師さんは、

休憩中に、お気に入りのスナックを持参してください。

これは、新人看護師さんで、

一番良く実践していた解決法です。

どんなに忙しくても、休憩はありますよね。

その時、お気に入りの、

お菓子や飲み物を食べると、少し気分が良くなります。

先輩が厳しい職場でも、休憩中にお菓子を食べていて、

「お菓子を食べるなんて生意気!」

と難癖をつけることは、さすがにありません。

むしろ、先輩看護師に

「これ美味しいんです!いかがですか?」

とすすめてみると、いつもは、怖い先輩看護師と、

話す機会を、作ることができます。

仕事で怖くて、厳しい看護師長でも、
意外と親切でおもしろい事に、
気づくことに、お菓子をきっかけに話します。
是非、やってみてください

退勤後のご褒美を用意する

仕事に行きたくない時は、退職後にご褒美を準備しましょう。

一日の仕事の後に、ご褒美があれば、仕事で苦労しても頑張れます。

また、休みの日には、友達と一緒に食事をしたり、

飲んだり、買い物に、行ったりするのは良いことです。

やはり、ストレスが解消され、「明日から頑張ろう!」と前向きになりましょう。

また、マッサージで、疲れを解消することをお勧めします。

私もしているので、オススメです。

まとめ

新人看護師さんで、仕事行きたくないと、

思っている人のために、解決法と対処法をまとめました。

適応障害や、バーンアウト症候群の可能性がありますので、

現在の状態から抜け出すために、できるだけ早く対処しましょう。

看護師長さんに相談しても、解決できない場合は、

転職しましょう。転職サイトをご利用ください。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント