Pocket

こんにちは 荒蒔です。

新人看護師さんで、うつ病や心もとない障害、パニック障害、

適応障害といったなど、何かしら体が不調で動かなくなり、

休職を取らざる負えなくなってしまった…という

新人看護師さんもいる事でしょう。

新人看護師さんが休職を取ってしまった事で、

次の転職の時に、不利になるのではないか?

と不安になっている方も、多いのではないのでしょうか?

確認していきましょう。

新人看護師が休職を取ることは転職に不利なの?

スポンサーリンク

休職であれば、有利になる事はないが、不利になるという事もない

「看護師 休職」の画像検索結果

現時点での、職場に籍を置きながら休職を取り、

同じ職場への復帰を考えているのであれば、

具合がよくなれば、他の職場への転職を考えなければなりません。

休職をどれくらいの期間取ったかにもよりますが、

数か月の休職であれば、有利になる事はないのですが、

答えを先に言ってしまいますと、不利になるという事もないのです。

しばらく、何かすらのストレスで、職場を離れた事で、

休職をとって回復し、転職をする方が多いようです。

もちろん、転職先は、新人レベルの看護師さんを受け入れる、

システムが整っている医療機構への転職になるので、

看護師だからと言って、どこでも、採用してくれる、

わけではありません。だからと言って、落ち続ける

ということはないと思います。それほど、人手不足なのです。

しかし、あなたが、看護師という職業を完全辞めてしまい、

一般の民間会社で、転職と考えているんであれば、

それは絶対やめた方がいいでしょう。

一般の民間会社では、転職において体調を壊し、

休職を取った事が不利になってしまい、

あとあとの転職でも思うようにいかなくなる事があります。

どうして休職をしたのか?

関連画像

けれども、看護師という資格職は、

実際にまだまだ恵まれた環境にあるので、

そのような事は、ほぼないのです。

新人看護師さんの休職不利だからといって、

経験が1年以上ある看護師と比べれば、不利にはなってしまいます。

1年未満の転職であれば、まだまだ、新人看護師としての扱いを、

受ける事が転職においては多くあるので、

次の転職先への熱意をアピールしなければいけません。

履歴書には、休職を取っていた事や、退職理由を書く、

必要はないのですが、休職を数か月でも、

取っていたという事であれば、

次の転職時の面接で、どうして休職をしたのか?

という事は、絶対聞かれます。

心を病んでしまった事によるのであれば、

正直に話す事が必要となります。

どのように話すかは、前もってに対策が必要です。

新人看護師さんで、休職を取るほどに辛くて、

退職に至ったのであれば、

次の転職は、挫折しないように、注意しなければいけません。

休職をする事は、決して悪い事ではありません。

休職せざる負えないくらいの職場であれば、

それは貴方の問題ではないのです。

自分がいけないんだ!!と悩まないでください。

自身にとっての次への充電期間なんだ!!

と前向きにとらえて、具合が良くなるまで、

ちゃんと休まれてくださいね。

休職は自身にとっての充電期間です。

あまり先の事を気にしすぎずに、

今は、充分に休む事に専念しましょう。

オススメ転職サイト

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事