Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら、

どうすれば良いのでしょうか?

新人看護師は半年で辞めて良いのかどうか、

辞めるならどんなことに、

注意すべきなのかを説明していきます。

スポンサーリンク

新人看護師が半年で辞めたいと思う理由

ソース画像を表示

多くの新人看護師は、半年でやめたいと、思うことが多いです。

入職後半年で、一番大変じゃないですか?

入職後半年の新入看護師は、仕事量が増えて、

重病患者を、担当してきますので、

頑張っても、苦労していると思います。

初めは、親切になった看護師長や先輩看護師でさえ

「もう半年経つんだから」

「まだできないの?」

と強く言われてしまいます。

また、夜勤の数を増やしているので、心身ともに疲れていませんか?

入社して半年、今が、一番大変だと思っている方も多いと思います。

このように、今最も、困難な場合はやめたくなります。

新人看護師が半年で辞めたいと思ったら

新人看護師が、6か月以内に辞めたい場合、知っておくべきことが3つあります。

もうこの職場で、働くことは不可能ですし、

できるだけ早く辞めたいという人や、

肉体的にも、精神的にも、追い込まれている人にとっては、やむを得ないと思います。

その場合、辞めることのメリットは、

継続することのメリットよりも大きいので、辞めることも、良い選択だと思います。

しかし、新人看護師が、半年で退職するとき、知っておくべきことが3つあります。

覚悟が必要な場合がありますので、必ず読んでくださいね

ゼロからのスタートになる

新人看護師が、半年でやめるとき、それは、ゼロから始めるかもしれません。

半年でやめ、転職した場合、本格的な、看護師扱いになる場合があります。

または、半年後に退職して、転職した時期によっては、

来年4月に入社する新入生(あなたにとっては1年生)と、

同じ扱いを受けることもあります。

「半年間、頑張ってきましたが、もう一度ゼロから?」

と戸惑うかもしれません。

同期がいなくなる

新人看護師が、6か月で辞めた時、同期を失うことを、覚悟してください。

半年後に終了して、違う職場に転職した場合、名目上の同期は、できるかもしれません。

しかし、転職した、新人看護師は、4月から一緒に働き、頑張っています。

それまでの間、転職するのは、かなり難しい場合があります。

関係が築かれている、グループに一人だけ参加するのは難しいです。

したがって、問題が発生したときに、信頼できる同期がなく、

本当の意図で不平を言ったり、困難な時期を、

共有したりすることができないため、少し難しいかもしれません。

転職には失敗できない

新人看護師が、半年以内に転職した場合、新しい仕事を、選ぶ余裕がありません。

ご存知のように、新人看護師が、転職することは、正直とても難しいです。

新人看護師が、入職後半年で退職して、転職します

これだけでは、採用担当者に、良い印象を与えません。

それでも、転職先の選択に失敗し、すぐにまた辞めたい場合は転職し、

「この人は、嫌なことがあるとすぐに逃げ出す人だ。忍耐力のない若者だ」

と思われてしまい、どこにも採用されません。

したがって、新人看護師が半年で、転職するときは、

転職に失敗することがないので、転職先を慎重に選びましょう。

まとめ

新しい看護師が、半年後にやめたいとき、

知っとくべき、3つのことをご紹介いたしました。

新人看護師は入職後半年の頃が一番つらいと思います。

しかし、あなたが、最善を尽くしているのでない限り、

あなたは辞めたいので、辞めるのは良い考えです。

ただし、本当に辞めたい場合は、

転職サイトを利用して、転職先を探してください。

転職活動がんばっていきましょう。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント