Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師として、働き始めて3ヶ月。

中には理想と現実とのギャップから、

ショックを受ける看護師さんが出てきます。

新人看護師さんが、3か月目でうける、

リアリティショックは、

新人看護師の退職理由の1つですので、放っておいてはいけません。

どのようにすればよいか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

リアリティショックを受けるものだと覚悟しておく

現実のショックから、回復するための最初のステップは、

現実のショックに、備えて新人看護婦を準備することです。

明確に言うと、現実のショックを経験したことのない、新人看護師はいません。

誰もが、多かれ少なかれ、現実にショックを受けています。

このため、新人看護師は、仕事に入る前に、現実のショックを、

経験する準備をしておく必要があり、看護師の実際の生活は、

苦痛になる可能性があることに、注意してください。

最悪の事態に備えていれば、看護師の世界は、

思っていたよりも、厳しくなかった、と思えるはずです。

明るい未来を想像する

今、新人看護師さんは、本当のショックを感じており、本当に厳しい状態ですよね。

看護婦を辞めるかどうか?

悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

しかし、現在の辛さは、一生続きません。

看護師2年目になると、一気に痛みがなくなり、楽になります。

つまり、慣れてくるという事です。

そして、3年目には、看護の喜びと、やりがいが、次第に、わかってきます。

新人の頃というのは、私もそうですが、

「やめたい。何もできない」と毎日思っていました。

ところが、2年目は、ある程度、働けるようになったとき、

いつの間にか、当たり前に、なってきます。

新人看護師さんは、先輩の視線が怖い部分があります。

ですので、今はつらいかもしれません。

しかし、どんな仕事でも、

慣れていけば、新人の頃の悩みは、笑い話になります。

頑張っていきましょう。

看護師長やプリセプター、先輩看護師に相談する

新人看護師さんの対策の2つ目は、

看護師長やプリセプター、先輩看護師に相談することです。

職場の中で、プリセプターや、チームリーダーが適任ですが、

その方たちが、苦手なら、

職場の中で一番話しやすい、先輩看護師で構いません。

先輩看護師も、新人看護師時代に、

リアリティショックを、経験しています。

そして、それを乗り越えてきています。

そのため、どうやったら、リアリティショックから回復できるか、

あなたが、今、働いている職場の状況に応じた、

具体的な、アドバイスをしてくれるはずです。

教育体制・指導が手厚い職場を選ぶ

新人看護師さんの対策の3つ目は、

教育体制や指導が、手厚い職場を選ぶことです。

新人看護師を、丁寧に指導する職場では、リアリティショックが、起きにくいです。

論文で、勝原裕美子、ウィリアムソン彰子、尾形真実哉

「新人看護師のリアリティ・ショックの実態と類型化の試み」でも、

リアリティショックがあることを前提に、

新人看護師さんに、丁寧にかかわることを、

組織的に行っている職場では、

リアリティショックが、起こりにくいとしています。

例えば、独り立ちする時期を、一律に決めるのではなく、

新人看護師の成長度に合わせて、

1人1人に、柔軟に対応している職場だと、

理想と現実のギャップが、起こりにくいです。

新人看護師さんも「見守られている」という、

安心感の中で働けるので、

リアリティショックが起こりにくいのです。

新人看護師として、就職先を探している看護学生も、

今、働いている職場で、リアリティショックを感じていて、

転職しようと考えている、新人看護師さんも、

教育体制や、指導が手厚い職場を、選ぶと良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

本日は、新人看護師が、リアリティショックを受ける、

要因と対策法をまとめました。

新人看護師は、ほぼ全員が、リアリティショックを受けます。

そして、それを乗り越えるためには、必要な事なのです。

また、教育体制が整っていて、指導が手厚い職場を探すなら、

転職サイトを利用すると良いです。

頑張って、この1年間、頑張っていきましょう。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント