Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師として入職したものの、何かしら職場での、環境が合わずに、

早期に辞めてしまう事はよくあります。

でも、実のところに辞めたはいいけども、退職後の転職活動がとても不安・・・

という方も、多いのではないでしょうか?

その考え方について、解説していきます。

オススメ転職サイト

新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ!サイト⇒マイナビ看護師 

対応のスピードや交渉力で選ぶ!⇒ナース人材バンク 

サービスの充実度で選ぶ!⇒看護のお仕事

新人看護師さんで、早期退職した後、どうしますか?

 

本当に辞めて良いのか?今一度考えよう!

早期退職をしたいという、看護師の気持ちはよく分かる一方、

早期退職をしても、やはりデメリットが大きいです。

当然、履歴書には一生残り、

仮に次の職場で、勤続年数が長かったとしてもまた、

次の転職活動時には必ず確認される事になります。

一時の感情で、もう辞めたいと思っているならば、

「今一度立ち止まって本当に辞めて良いのか」

「自分はこれでいいのか?」

などを挙げて、考え直してみるのも良いと思います。

しかし、それでも

「雇用条件が違う」

「ブラックな病院だった」

「いじめにあった」

などで辞めたい場合、

「すぐに辞めてしまう」という選択を、取ったほうが良いと思います。

また、

◎考えてみても現状の気持ちと変わらない

◎改善の見込みがない

◎リスクやデメリットを考えてもやめた方が良いと判断できる

ということであれば、きっぱりと、辞めてしまうのが良いと思います。

まずは、自分で考えることや、決断することが重要になりますが、

早期退職に関して、知識も持っておくことも大切になります。

以下で、どうしても、早期退社する看護師に関しての、

注意点をまとめていますので、是非確認してください。

新人看護師さんが辞めた後はどうする?

まだ経験の浅い新人看護師さんが、早期退職に至ったのであれば、

すぐにでも、転職活動を、すぐに行いましょう。

時々、退職後に何カ月もの休みを取ってから、

のんびりと、転職活動をとりかかる方がいますが、それでは、あまりに遅すぎです。

その理由として、次の転職先の面接で絶対といっていいほど、

履歴書に、空白期間があれば

「その間は何をしていたの?」と聞かれる事になるからです。

早期に退職に至った事で、医療組織の採用担当者は、

警戒をして注意深く、面接にはあたります。

だからこそ、ブランクを空けずに、できるだけ早く、

看護師として復帰したい!

再スタートしたい!

という考えを伝えたほうが、転職活動自体も、スムーズに進める事が可能です。

本来であれば、在籍をしている段階から、転職活動を始動させるのが一番いいのですが、

もうすでに、退職した後なのであれば、なるべく早く開始するようにしましょう。

健康状態不良での退職した場合は?

関連画像

あなたが、体調不良で、退職に至った場合です。

新人看護師辞めたあと、退職その後、新人看護師として入職したものの、

職場が合わずに、体調を壊して、退職を余儀なくされる人も、少なくないのです。

もし、あなたが、適応障害やうつ病などの診断を受けた時には、その後、辞めた後は、

充分に心と体を、休める事を優先させてください。

焦って、転職活動を開始したとしても、結局うまくいかなかったり、

治っても、再発したりと、いった事になる場合もあるので、気を付けなければいけません。

絶対、あなたの主治医からの「仕事探し開始出来ていいですよ」という、

OKをもらった段階で、転職活動も開始させる事がお薦めです。

退職後の転職活動が不安です

 

まだ経験の浅い新人看護師が退職した場合、誰しも、転職活動において、不安ですよね。

1)本当に、今の自分を受け入れてもらえる病院はあるのだろうか?

2)今度は、働き続けられるだろうか?

3)転職先での、人間関係はいいだろうか?

4)途中入職したことでついていけるだろうか?

様々な、不安がある思いますが、

そこで転職サイトをご紹介しておきます。ご活用下さい。

新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ!サイト⇒マイナビ看護師

対応のスピードや交渉力で選ぶ!           ⇒ナース人材バンク

サービスの充実度で選ぶ!              ⇒看護のお仕事

転職中の方、共に頑張っていきましょうね。応援しております。