Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

2020年になり、新人看護師さんも、

自信がついてきたのではないのでしょうか?

しかし、新人看護師さんで最もの悩みは、仕事に慣れないことです。

私も、食品スーパーで、

正社員10年以上勤務していましたが、私もそうでした(笑)。

そこで本日は、慣れるまで、

不安を抱えている看護師さんが、

慣れるまでの考え方について、お話しします。

新人看護師さんの悩み  新しい職場に慣れない考え方

 

仕事が慣れるまで、

どのような事を行ったらよろしいでしょうか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

焦らない

「焦る 女性」の画像検索結果"

新人として、

「周囲から認められないといけない」

「仕事を少しでも早く覚えて一人前にならないと・・・」

「人間関係でうまくしなくては・・・」

など誰しも感じ、焦り・失敗をしないように、注意しますよね。

結局、空回りしがちです。

そして、先輩方に「焦るな」といわれればいわれるほど、

焦ってしまい、結局、空回りしがちです。

自分自身に自信がない時や、

業務を頼まれた場合、どうしても焦ってしまいます。

これが新人看護師さんなら、なおさらですよね。

しかし、最初から、全ての業務ができる人は、絶対にいません。

また、職場の雰囲気や、環境を理解し、仕事をこなせる人もいません。

同じ看護業界で、同じ科であっても、使用する器械も違えば、

採血の方法も、ケアの進め方も異なることがあります。

誰だってそうですが、はじめは慣れない仕事の進め方に戸惑い、

「良かれ」と思ってやってみたところ、失敗することもあります。

しかし、仕事というのは、少しずつ覚えていくものです。

焦りを必要以上に、背負いこむ必要はありません。

ゆっくりと、一つひとつの仕事をミスのないよう、

こなしていくくらいの気持ちで、いることが重要です。

新人看護師さんは、わからなかったら素直にいいましょう。

仕事ができるアピールをしない

「仕事ができるアピール 女性」の画像検索結果"

新卒で入職した看護師と、中途で入職した看護師では立場が異なります。

「新しい環境に身を置く」という点ではどちらも同じなのですが、

受け入れる側からすると、

「新卒と中途では、受け入れ方が全く異なる」

ということを把握しておきましょう。

これは、私も経験があります。

学生の頃、アルバイトで、大手スーパーで、

青果3年働いていたので、仕事ができると、勘違いしていました。

仕事のやり方が全く違うので、怒られてばかりです(笑)

そもそも、青果で入社しようと思ったのに、鮮魚から始まりましたけどね。

新卒で入職した看護師であれば、看護に関してまっさらな状態です。

先輩看護師は、誰だって、

「すべての事柄をゆっくり教えてあげないといけない」と思っています。

しかし、中途で、入職した看護師の場合は、

即戦力として、いま勤めている看護師が、

もっていない能力を、試されている部分もあります。

そのため、中途入職の看護師は、

既存、看護師からすると「ライバル」ともいえるのです。

「どのような看護観や、能力をもった看護師と今後一緒に働くことになるのか」

新しい職場の人はみんな高い関心をもっています。

そして残念ではありますが、中には、

中途採用の方に、あまり良い感情をもっていない人もいるのです。

そのような場で、自分から、

私は、以前このような職場で働いてきたので、私には、このくらいの能力があると

アピールしてしまえば、当然ですが、しかし、周囲から反感を買います。

注意しましょう。逆に、私は、何もできませんの方が良いと思います。

そして、様子を見ながら、職場に、慣れていたらいいと思います。

身だしなみをきちんとしておく

「身だしなみ 女性」の画像検索結果"

人は見た目が9割です。

「新人」という言葉には、

「清潔ですがすがしい」イメージがありますよね。

新しい制服なのに、どこかシワができていたり、

前の職場で履いていた、靴を使いまわししたりすると、

身だしなみに、配慮できない新人だと思われ、あなたに、マイナスイメージになります。

とくに看護師の場合、「頭髪がキチンとまとまっているか」が大切です。

最初のコンタクトで、外見に、

マイナス印象をもたれてしまうと、挽回するのが、難しくなります。

清潔感のある、新人らしく身だしなみを整え、

仕事を気持ちよく、スタートできるように心がけましょう。

関連記事:看護師の身だしなみ!?自分で選択できる時代へ

前職の悪口を言わない

「悪口 女性」の画像検索結果"

前職に何か問題があったため、転職をした方も多いはずです。

しかし、転職して間もないころは、何を聞かれても、

前の職場に、どのような悪い噂があったとしても、

決して、悪口を言ってはいけません。

悪口を言う人は、信頼されなくなってしまいます。

もし同僚などに、

「あなたの前の職場では、悪い評判を聞いているけれど本当?」などと聞かれても、

「私はあまり関わったことがないので、よく分かりません。すみません」と答えるほうが良いです。

前の職場の悪い部分を、根掘り葉掘り言ってしまうと、

その場は「大変だったね」などと共感してもらえるでしょう。

しかし、それと同時に、

「口の軽い、悪い部分しか見ていない人」だというマイナスイメージが持たれます。

「あの人はなんでもかんでも喋ってしまうし、自分たちも悪口を言われるかもしれない」

と警戒され、避けられてしまう恐れも出てきます。

まとめ

いかがでしたか?

新しい職場や、環境によって、やり方が変わります。

自分に自信があるのは良いことですが、

何事も、謙虚な気持ちを持ちましょう。

新人看護師さんは、

わからなければ、堂々と言うようにしましょう。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ