Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師で、

睡眠時間を確保できないことに、悩んでいる人はいませんか?

睡眠時間を確保できないのは、とてもつらいですよね。

新人看護師の平均の睡眠時間や、睡眠時間を確保できない4つの理由と

その解決法をまとめました。睡眠不足に悩んでいて

グッスリ眠りたい新人看護師さんは、ぜひ参考にしてください。

新人看護師が睡眠時間を確保できない

スポンサーリンク

新人看護師の睡眠時間が少ない理由

「睡眠時間 新人 女性」の画像検索結果

新人看護師が、中々睡眠時間を、取れない理由としては、

新人のうちは、仕事の振り返り(復習)や、勉強をしなければなりません。

思うような睡眠時間が取れない

夜勤にまだ慣れていないので、睡眠時間が取れない

仕事で緊張しているから、上手くリラックスできず、寝付けない

など、様々な理由がありますよね。

生活のほとんどに、仕事が影響していて、

睡眠時間が、取れていないということになります。

私も、新人の頃は、職業は違いますが、そうでした。

看護師の仕事というのは3K(キツイ・汚い・給料安い)でしたが、

最近では、

9K(キツイ・汚い・給料安い、帰れない、危険、過酷な労働環境、

休暇が取れない、婚期が遅れる、化粧のノリが悪い)と言われています。

はじめは、環境が変わり、疲れる日々かもしれませんが、

まぁ、徐々に、慣れていくしかありません。

関連記事:皆様!?良い睡眠をとりましょう

     看護師さんの悩み 仕事で疲れ眠れない時の解決法

課題が多い

「〇〇について、勉強してきてね」と、

毎日のように課題を出され、嫌な思いをしている、

新人看護師さんも、いると思われます。

睡眠時間がどんどん短くなってしまいますよね。

また、先輩看護師から言われなくても、

翌日の勤務が不安で、自主的に勉強をしていて、

睡眠時間が、足りなくなることもあります。

休みの日に勉強しておく

また、休みの日は1日2時間だけ、

勉強のために使うことも良いかもしれません。

本来なら、休みの日は、勉強なんてせずに休むべきです。

でも、毎日の睡眠時間が確保できなくて、

寝不足になってしまうなら、

休みの日に時間を区切って、勉強しておけば、

睡眠時間を、確保できるようになります。

プリセプターや看護師長に泣きつく

また、師長やプリセプターに泣きついてみるのも良いと思いますよ。

同期同士で協力し合いましょう

課題が多いから睡眠時間を確保できない時には、同期同士で協力し合いましょう。

今まで勉強したものを、お互いにコピーしたり、

メールで添付して、情報共有するんです。

そうすれば、勉強する時間を短縮できるので、睡眠時間を確保できると思います。

相談してみると、勉強量を減らしてくれたり、

勉強のコツを、教えてくれると思います。

通勤時間が長い

「通勤時間 看護師」の画像検索結果

通勤時間が長いから、

睡眠時間を、確保できない場合、2つの解決法があります。

自分が職場の近くへ、

引っ越するか、自宅近くの職場に、転職するかです。

たかが、通勤時間と思っては、いけません。

通勤時間を削れば、睡眠時間を、それだけ確保できるはずです。

職場の寮に入る

職場の近くへ引っ越す場合、

新人看護師さんは、寮に入ることを、おススメします

新人看護師さんは、まだ、貯金がない方も、多いですよね。

私も少ないですけど・・・(笑)

引越しをするにも、お金がかかりますよね。

家賃が安く、敷金礼金がない寮は、新人看護師の強い味方です。

何より、寮は病院から近いですから、たいていの寮は、

病院から徒歩10分圏内、もしくは電車で1~2駅のところにあります。

病院の敷地内にあるところもあります。

通勤時間を短くして、睡眠時間を確保するためには、

寮に引っ越すのが、とても、良い方法でしょう。

自宅近くの職場に転職する

「転職 看護師」の画像検索結果

また、今の自宅周辺の職場に、引っ越すのも良いと思います。

自分が動くのではなく、職場を自宅近くに変更すれば、

通勤時間を、短縮することが可能ですよね。

引越しをするよりは、転職したほうが、手間が少ないこともあります。

引越しが嫌な人は、転職することを、考えてみると良いですね。

まとめ

新人看護師にとって、睡眠時間は、とても大切なものです。

睡眠時間が足りなくて、悩んでいる人は、

理由別の解決方法を実践して、睡眠不足を解消しましょう。

元気な、毎日を送りましょう。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ