Pocket

おはようございます。荒蒔です。

今日から、お仕事ですよ。

さぁゴールデンウーィークが終わり、『仕事モード』に切り替えていきましょう。

一年で、最も過ごしやすい季節と言える五月ですが、

●なんとなくやる気が出ない

●なんだか最近身体がだるい

●頭がぼーっとするし、めまいもある

などの、症状が出てくる事があります。

また、ひどい症状の場合

●食欲がない

●胃の痛み

●めまい

●動悸

が起こります。これを、五月病と呼んでいます。

五月病は、新入生や、新入社員など四月から、新しい環境で暮らししている人に、

起こりやすい病です。新人看護師の方大丈夫ですか?

五月病の正体は、新しい環境へ、適応できない事による適応障害であり、

不眠・嫌になってしまうことや、抑うつ気分、無気力などの症状が起こります。

五月病になりやすいのは、長いお休み明けの頃合です。

四月から、約1ヶ月間新しい環境に、慣れようと頑張り過ぎて、ゴールデンウイークで、

数日間休んだ結果、お休みが終わり、業務や学校が始まると思うと、

急激にやる気がなくなり、気分が落ち込んでしまうのです。これが、五月病の主な症状です。

これらの症状は、自身へのSOSのサインです。

このサインを見逃すと、五月病は、どんどん悪化してしまいますので、

早めに、自身の症状に気づきましょう。

五月病になると、

「やらなくちゃいけないけど、やる気が出ない」

と焦ってしまう事もあるでしょう。

でも焦ってしまい、理不尽に頑張りすぎると、症状が悪化したり、

うつ病の引き金になったりと、悪循環に嵌ります。

五月病の症状が出ている事を認めて、五月病対策を行っていきましょうね。

五月病対策には、ストレスをためないことです。』

といったものの、新しい環境に適応できず、ストレスが溜まってしまいます。

五月病を乗り切るには、休みのときは、ストレスを発散することが必要です。

「趣味の時を仕上げる」

「仲間と会って新しい環境での愚痴を聞いてもらう」

「美味しいものを食べる」

など自身に合ったストレス解決法を探して、ストレス発散いたしましょう。

さらに、五月は「頑張り過ぎない、マイペースで」などの、目標を立てるのも良いですよ。

四月に頑張りすぎた事で、五月病になってしまったのですから、

五月は頑張りすぎず、自身を多少、甘やかしてみませんか?

変な言葉ですけど(笑)

新入社員で、覚えなくちゃいけない仕事が、数多くあって、

責任感の強いあなたは、

『頑張らないといけない』ということもあるでしょう。

そのような時は、仕事とプライベートをちゃんと分け、気持ちの切り替えをしましょう。

五月病乗り切って、マイペースで、ゆっくりでも良いので、

焦らず、新しい仕事を覚えていきましょうね。