Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

「あなた優先順位、わかってるの?」

「優先順位を考えて動きなさい!」

など言われながら、業務に励んでいる、新人看護師さんもいると思います。

優先順位つまり段取りのことです。

そんなこと急に言われても・・・と思ってしまいますよね。

いきなり、新人看護師さんで、優先順位をつけるのが得意!という人はいません。

では、どうしたら良いか解説していきます。

新人看護師の悩み あなた優先順位、わかってるの?

スポンサーリンク

優先順位をつけれないのは、経験不足!?

「優先順位」の画像検索結果

先ほども言いましたが、優先順位をつけるのが得意!という人はいません。

そんな人は、はっきり言って看護師さんの経験者ですよ。

しかし、優先順位を間違えてしまうと、患者さんの命にかかわってしまいます。

何が言いたいのかと言うと、新人看護師さんが、

優先順位をつけるのが下手というのは、ある意味仕方がないことなのです。

なぜなら、優先順位を正しくつけるためには、経験が必要だからです。

優先順位は、何の情報もない状態では、正しくつけることはできません。

経験がないと、重要性の違いが判らないからです。

だから、優先順位を決定することができません。

でも、経験があれば、

「こっちが今は重要」「こっちは後回しでもOK」

ということを判断できるようになります。

つまり、できないのが当たり前なので、素直に謝り、どんどん学んでいきましょう。

そのぐらいの前向きで、頑張っていきましょうね。

新人看護師さんが、優先順位を間違わずに付ける6つのコツ

「新人 看護師」の画像検索結果

それでは、新人看護師さんが、

優先順位を間違わずに付けるにはどうしたらいいのでしょうか?

6つのコツをご紹介いたします。

実践してみて下さいね。

先輩に注意されたら、それを覚えておく

例えば、先輩に

「それは後でいいから、まずはこっちをやって!」

のように注意されたら、それを必ず覚えておきましょう。

注意されたことを覚えておけば、次に同じようなことがあった時に、

正しく優先順位をつけることができます。

どちらが先にやらなくてはいけないのか?わかるようになります。

「あぁ、また注意されちゃった~。うるさい先輩だなぁ。」

と思うのではなく、注意された意味を、

きちんと自分のものにしていくよう、努力しましょう。

生命が最優先!これでとりあえず大丈夫

一番真っ先にやらなくてはいけないことは、患者さんの生命が優先です。

「今すぐやらないと患者さんの命が危険である」ということを忘れないでください。

患者さんが急変した、人工呼吸器のアラームが鳴った。モニターアラームが鳴ったら、

すぐに対応いたしましょう。新人看護師さんですぐに対応できなくても、

医師の先生を急いで呼ぶことはできます。あなたも重要な看護師さんです。

アラームが鳴ったら、すぐに、医師の先生を呼びましょうね。

先輩看護師に確認する

あなたが、優先順位をつける時に、迷ってしまったら、その都度、

先輩看護師に確認すると良いでしょう。

自分で、「こっちが優先」と思っても、間違っていることも多いですよね。

それなら、間違う前に確認しておきましょう。

この時に、

「どっちから先にやれば良いですか?」

と聞いてしまうと、

「自分で考えて!」

と言われてしまいますので、

「こっちが先で良いですか?」

のように、自分の考えを言ってから、確認するようにしましょう。

先輩看護師に聞く時には、余裕があれば、

優先順位の根拠を伝えると、さらに良いですね。

プリセプターに多重課題の事例を出してもらう

優先順位で迷ったら、プリセプターに多重課題の事例を出してもらって、

シミュレーションや、アドバイスをもらいましょう。

また、事例を出してもらったら、それの優先順位に関する、

レポートを書いて提出するのも良いと思います。

レポート提出は面倒と思うかもしれませんが、

これらのことを行っておくと、とっさの時に、判断ができるようになります。

やるべきことは書きだしておく

正しく優先順位をつけるためには、やるべきことを書きだしておくと良いと思います。

経験がないのに、頭の中で整理していると、パニックになったりします。

やるべきことを書きだすようにすると、頭で考えるだけでなく、視

覚で確認できますので、やるべきことの優先順位をつけやすくなります。

優先順位を付けたら、番号を振ったり、終わったことを、

チェックしながら行えますので、実践してみて下さいね。

1日の振り返えってみる

最後に、1日の事を振り返ってみましょう。この振り返りの時に、

その日の勤務で、優先順位をつけるのに迷ったことがあれば、

確認しておく事が大切です。

「今日の勤務で、何個か、多重課題であったのですが、

         この優先順位で、良かったんでしょうか?」

のように聞いてみると、先輩の考えを聞くことができます。

次に同じような多重課題にぶつかったら、正しい優先順位をつけることができますよね。

いかがでしたか?何事も経験が大切です。

新人看護師さんであれば、学ぶ期間なので、どんどん学習していきましょうね。

またこれからも、頑張って下さい。応援しております。