Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

マスクは、エチケット。

咳が出る時、マスクをする事は普通エチケットですよね。

新型インフルエンザにかかってしまった人

あるいは症状のある人は、

マスク装着は、

義務だと思って絶対着用するようにしましょう。

どんなマスクがあるのでしょうか?

見ていきましょう。

新型インフルエンザとマスクのおすすめ

マスクは自己防衛だけではなく、

世帯・友達・同僚など大事な人に、

感染させないという役割もある事を充分にと覚えておいてください。

マスクの種類マスクは大きく分けると

①織布マスク②不織布マスク③N95マスク

の3種類に分かれます。

では各々のトレードマークを見ていきましょう。

①織布(しょくふ)マスク

関連画像

一般的なマスクでガーゼマスクの事をいいます。

このマスクは洗って何回も使え、顔に密着し温かいが、

目が粗いためウイルスが口や鼻の中に入る見込みがあります。

従って、防止というよりは、

『患者がウイルスを拡散させないためのマスク』

として使用します。

②不織布(ふしょくふ)マスク

「不織布(ふしょくふ)マスク」の画像検索結果

厚生労働省からもイチ押しされている不織布マスクは、

織布マスクよりも目が詳細に、

浮遊している粉じんを捕らえやすい、

つまりフィルター成果が高いという事で、

新型インフルエンザ対策に適しているマスクです。

ところで不織布とは、「織っていない布」というニュアンスで、

繊維あるいは糸等を織ったりせず、

熱や化学的な作用によって留めさせた布により製造したマスクです。

③N95マスク

「N95マスク」の画像検索結果

このマスクは、だいたい医療従事者用で、

患者を診察する医者や専門の医療従事者が使用します。

捕集力量に優れているため、マスクの密度が高く、

装着すると呼吸が苦しくなる事から、

長期の装着には向かず、一般の方には不向きです。

【マスクの正しいつけ方】

関連画像

マスクはただつけるだけでは、十分な成果は発揮できません。

正しく着用する事によって、はじめて成果的な予防ができます。

今後マスクの正しいつけ方と、はずし方について解説いたします。

最初に、マスクをつける前にはちゃんとと手洗いを行いましょう。

マスクの留め具ところを鼻の形に当てはめるマスク着用にあたって、

ここが最高肝心な着眼点になります。

不織布マスクの中には針金が入っており、

自らの鼻の形に当てはめて針金を折り曲げ、

鼻の両脇の空きを充分にとふさいでください。

よく、マスクを着用はしているが鼻を覆っていない人を見かけます。

鼻を覆わないでいると、マスクの成果が半減してしまいますので、

絶対鼻と口のいずれもを合わせて覆ってください。

マスクを顔にマッチさせる不織布マスクは波状になっており、

上下に引き伸ばす事ができます。

鼻あてを片手で押さえながら、

あごを包むようにマスクを下まで、

伸ばして顔にマッチさせてください。

これにより、マスクが肌に密着するため、

より効果が高まります。

なお、マスクをしながら話しをしてもずれたりしません。

このようにマスクをより自らにピッタリさせるには、

自身に合った大きさのマスクをピックアップする事も大切です。

「男性用・女子用・子供用」や

「L・M・S」と大きさがありますので、

どれでも一緒と思わないでください。

織布(しょくふ)マスクと、不織布製マスクは、

原則使い捨てですが、

1日1~2枚程度を判断基準に使用してください。

しかし、インフルエンザ感染者や咳・くしゃみをした人と接した時、

マスクの表面にウイルスが付着している確率がありますので、

割に合わないと思わず、取り替えしてください。

取り替え時、マスク表面には、

ウイルスが付着している見込みがありますので、

ゴムバンドのみを触ってはずし、

マスク表面には触らないように配慮しましょう。

使用済みの利用し、終わったマスクは、ウイルスの付着している

確率のある表面には触れないようにはずし、ビニール袋に入れ、

口を閉じて廃棄してください。

またこれで終わりではなく、マスクを廃棄した後、

手にウイルスが、付着している見込みがありますので、

直ちにに手洗いを行ってください。

『マスクだけでは完璧に感染は防げないマスク』

をしているから、インフルエンザウイルスを、

完璧に防げるとは限りません。

マスクに頼らず、手洗い、うがいも充分にと行う事が肝心です。