Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務・お仕事おつかれさまです。

新人看護師さん!!頑張っていますか?

最近なんだか、身体がだるくて朝が起きれない・・・そう思っていませんか?

しかし、朝が起きれない方は、このような事が、思い当たるかもしれません。

チエックしてみて下さい。

1)情報収集のために本当は、もっと早く行きたいけれど、

  いつもギリギリの時間になってしまう

2)朝が起きることができずに、遅刻をしてしまったことがある

3)アラームを何個もかけているけれど、起きれないことがある

4)朝が辛くて、午前中は、だいたいいつも、ぼーっとしてしまう

5)午前中に、先輩看護師から注意をされることが多い

6)朝が起きれなくて、病院からの電話で起きたことがある

7)朝起きても身体がだるくて、朝ごはんは抜いている

8)朝が弱くて、仕事でミスをしてしまいがち

9)もともと、朝起きが苦手であると感じている

スタートする朝から、『眠い』『だるい』など感じていたら、

責任感の強い、看護師さんのお仕事において、

仕事へ支障が出ている場合には、このままにしておくことはできませんよね。

その原因の一つは、就寝前のあなたの行動にあると思います。

どのような行動をしているか、チェックしてみて下さい。

☑睡眠時間を削って、遅い時間帯まで勉強を続けている

☑次の日のことが気になって、頭は常に仕事のことばかり考えている

☑就寝前のテレビ・PC・スマホの見ていて、ブルーライトを浴びている

☑筋力トレーニングなどの、激しい運動をしてから寝ている

☑就寝直前に、熱めのお風呂に入浴している

☑寝る直前まで、蛍光灯などの明るい部屋にいる

☑就寝直前に、お腹いっぱいごはんを食べすぎている

☑寝る前にコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが入った飲み物を飲んでいる

☑休みの日に思いっきり寝だめをしたり・二度寝をしたりしている

『どっき!?』と思ったりしませんでしたか?

あなたが、深い睡眠を睡眠を取れていないということは、

十分に、身体が休息できていない証拠です。

だから、なかなか朝になっても疲労感が残っていて、

なかなか起きれない…となってしまいます。

疲労感がたまったまま仕事をしたり、朝ごはんを抜いて働くことで、

午前中の集中力へも影響してしまいますよ。

臨機応変に対応しなければいけない看護師は、ミスをしない為にも、

朝からしっかり目覚めていることが大切です。

朝起きれない時の対処法

新人看護師さんの場合は、寝る前まで、

パソコンなどを使って、勉強しているかと思われます。

その場合でも、ブルーライトカットの眼鏡をかけたりして、

目をできるだけ保護するようにしましょう。

少なくとも、就寝1時間前には、テレビやパソコン、スマホはなるべ見ないように、

注意しましょうね。

あるいは、できるだけ早く寝てから朝早く起きて、

勉強時間を、確保するといったことも、いいかもしれませんね

私も、ブログを書くために、毎朝、朝活しております。

朝は、静かで、電話がかかってきたり、とにかく邪魔が入りません

人それぞれかも知れませんが、私は、おすすめします。

結局、仕事が終わった後に、疲れてだらだら勉強してしまうくらいなら、

集中できる朝の時間帯を利用して、時間制限を設けて勉強する方が、

人によっては効率が上がることも考えられます。

また、就寝直前の入浴も、身体を刺激して逆に寝つきを悪くしてしまいがちです。

入浴も1時間前には、済ませておいた方が、質の良い睡眠につながります。

ちょうど身体が、温かくなってから、冷えてくるに従って、人間は眠くなり、

深い眠りにつくことができると言われています。

そして、寝る前に、お腹いっぱい食べ過ぎたり、カフェインの入った、

コーヒーなどを飲むことは厳禁です!

やってしまいがちですけどね(笑)

可能な限り寝る事に、集中しましょう。

3時間前には夜ご飯を食べ、就寝前に、何か飲むのであれば、

白湯を飲むように心がけましょう。

3時間もすれば、寝るころにはお腹の状態もある程度消化できているので、

眠りにつきやすくなるはずです。

また、できれば筋トレなどの激しい運動ではなくて、

ストレッチなどの、軽い運動にとどめておくことも理想的です。

運動することで、筋肉がほぐれて、仕事からのリフレッシュにはなりますが、

あまりに激しい運動は、かえって入眠までの時間を妨げてしまうことになるので、

お風呂の前に行うくらいがちょうどいいですよ。

人間は、体温がちょうど下がっていくときに、眠りにつけるので、

眠る前の行動には、十分気を付けてくださいね。

新人看護師は、毎日勉強をしなければ、なかなか仕事についていくことも難しいですが、

それ以上に、大切なのは、しっかり睡眠を取って、次の日に元気に出勤することです。

身体のことを、第一に考えて、あまりに遅い時間まで、無理をして、

勉強をしすぎないように気を付けて、ゆっくり休ませるようにしてくださいね。

看護師は、夜勤もあったりと、どうしても不規則な生活になりがちです。

新人看護師であれば、まだ夜勤のある生活にも、慣れていない状態なので、

自律神経も乱れてしまうこともあります。

自立神経が乱れた状態が続いてしまうことで、不眠になってしまうこともあるので、

早い段階で対処するようにしましょう。

しっかりと、

質の良い睡眠を取るように、心がけることが朝スッキリ起きるための秘訣

ですよ。

それでも、眠れない場合、

何らかの、睡眠障害やうつ病の可能性も考えられます。

その場合は、できるだけ早めに、病院を受診しておくことがオススメです。

仕事は、何事もそうですが、『体が資本』で、健康が一番です。

無理と感じたら、先輩方や、上司に相談するようにしましょう。