Pocket

海外旅行で注意したい感染症の予防法

こんにちは 荒蒔です。

海外旅行に行った時、

日本では、馴染みのない感染症にかかってしまう事があります。

病になってしまったら、やはりの楽しい旅行も台無しですよね。

そうならないためにも、外国旅行で配慮すべき感染症と、

その防止法を見極めしておく必要性があります。

旅行前にインターネットなどで調べ、

情報収集を十分に行ってください。

必須によっては渡航前にワクチン接種を受ける事もできますので、

そのときには医者に聞いて、適切な感染防止を心がけてください。

それでは、見ていきましょう。

海外旅行で注意したい感染症の予防法

スポンサーリンク

【狂犬病】

「【狂犬病】」の画像検索結果

狂犬病最初に、最も用心すべき感染症は狂犬病です。

日本は狂犬病清浄地域ですので、

日本国内で犬に噛まれても狂犬病に感染する事はありません。

けれども、世の中的に見ると、狂犬病の

危険性がない国はとても少なく、

日本以外では豪州やニュージーランド、

北欧の局所の国のみしかないのです。

そのほかの国は、米国やヨーロッパなどの先進国であろうと、

狂犬病で死亡者が出ている国なのです。

狂犬病は狂犬病ウイルスを病原体とする感染症で、

発症すると風邪のような初期症状が出た後、

狂犬病特有の水を怖がる恐水症状が現れ、

脳神経や筋肉が麻痺して、こん睡状態に落ち込み、

呼吸障害で死亡します。

狂犬病は発病すると致死率100%の恐ろしい病です。

狂犬病の阻止法は、とにもかくにも動物に噛まれない事です。

狂犬病というと、犬からだけ感染すると思うかもしれませんが、

ネコやキツネ、コウモリなどからも感染しますので配慮しましょう。

仮に、外国で動物に噛まれてしまった時は、

傷口を流水と石鹸で洗った後、

直ちにに現地医療機構を受診し、狂犬病のワクチンを接種しましょう。

感染しても、発症前に狂犬病ワクチンを接種すれば、

発症を防ぐ事ができます。

【マラリアマラリア】

「マラリアマラリア」の画像検索結果

マラリアマラリアは、熱帯や亜熱帯の地域では、

やるしている感染症です。

WHOによると、世界100ヶ国以上で見られ、

年間の患者数は3~5億人、

死亡者は150~270万人とされています。

主な地域は、東南アジアや南アジア、

サハラ以南のアフリカ、中米などです。

マラリアは、マラリア原虫に汚染された、

ハマダラカに刺される事で感染します。

マラリアには

『熱帯熱マラリア』

『三日熱マラリア』

『四日熱マラリア』

『卵形マラリア』

の4種類があります。三日熱マラリアと卵形マラリアは、

48時ごとに、四日熱マラリアは72時ごとに、

熱帯熱マラリアはある程度、周期性は薄いものの24時ごとに、

40℃近い高熱が出るのが特徴です。

高熱はちょっとの間で一度治まるため、

心配無用して医療機関を受診しないと、

どんどん進行して病状が非常に重く、

マラリア感染地域で蚊に射されて、

2週間~1ヶ月後にきっかけ不明の高熱が出て、

わずかな間で治まったケースは、マラリアを疑い、

直ちにに医療組織を受診し、

適切な治療を着手する必要性があります。

マラリアにはワクチンがないのですので、

トレンド地域に行ったケースは、

長袖長ズボンを着用し、蚊に刺されないようにして、

予防するしかないのです。

【スポンサードリンク】

「スポンサードリンク」の画像検索結果

スポンサードリンクは、A型肝炎昭和30年ごろまでは、

日本でもA型肝炎に感染する見込みが高く、

60歳以上の人は、

A型肝炎の抗体を持っている人が多々あるのですが、

衛生状況が改善されてきたため、現時点での日本では、

A型肝炎に感染する確率は低くなっています。

それゆえ、A型肝炎は、日本国内よりも、

衛生状況の悪い進歩途上国で、

感染する危険性が高い病と言えます。

A型肝炎はの病原体である、

A型肝炎ウイルスの感染経路は、経口感染です。

感染者の糞便に内蔵されたウイルスが、

器具や手指をかいして、口に入る事で感染します。

2~6週間の潜伏期間の後、黄疸や灰白色の便、

発熱、下痢、腹痛、心身の疲れ、だるく感じるなどの

症状が現れ、病気になりはじめた時期には、

入院が必要になります。

ただ、治療の元は、静かに動かずに横になって、

安静にしていれば、

症状がひどくなることなく回復します。

ただ、まれに劇症肝炎や腎不全に移行し、

命の危険性を伴う時がありますので、配慮が必須です。

衛生状況の良くない向上途上国では、

ウイルスに汚染された水や食べ物をかいして、

感染する事が多々あるので、生水や生野菜、生の魚介類

(十分に加熱されていないものも含む)を食べないようにしましょう。

しかも、流行地域へ行く事例は、前もって

A型肝炎ワクチンを接種しましょう。

【赤痢(せきり)】

「赤痢(せきり)」の画像検索結果

赤痢には、

『細菌性赤痢』

『アメーバ赤痢』

の2種類があります。

俗に「赤痢」と呼ばれるのは、細菌性赤痢の事です。

赤痢の日本での患者数は年間500~600名で、

そのうちの60~70%が外国で感染して日本で発症した事例です。

赤痢感染者の渡航先は、中国やベトナム、

インド、インドネシアなどの、

アジアが圧倒的に多くなっています。

赤痢菌は患者や保菌者の糞便に排泄され、

それに汚染された手指や食品、水、器具、

ハエなどを介して感染します。

1~3日の潜伏期間の後に、悪寒をともなう高熱が出て、

下痢や腹痛などの症状が現れます。

重症化すると、下痢便の中にうみや、

血液が混じる膿粘血便が出る事もあります。

赤痢のトレードマークは、感染力がとても強い事です。

赤痢菌が10~100個だけ体内に入れば、感染し発症します。

それにより、身内間の発症率40%と高いため、

赤痢患者が出ると保健所が我が家の消毒を行います。

赤痢を防止するために、アジアなどトレンド地域に行った時は、

生水や加熱調理していないものは口にせず、

ちゃんと火が通っているものを食べるようにしましょう。

これらは、外国旅行で用心すべき感染症のごく部分です。

このほかにも、デング熱やコレラ、腸チフスなども、

感染する確率があります。

また、鳥インフルエンザやMERS(中東呼吸器症候群)も

用心しなければいけない感染症です。

外国旅行を楽しいものにするためにも、

外国旅行で用心すべき感染症を知り、

自身で可能な予防法を実践しましょう。