Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんの仕事は、肉体的にも精神的にも、

非常に激務と、何度もこのブログでお伝えいたしました。

ただでさえ大変な仕事なのですが、育児や家事を、

両立させることは実際に可能なのでしょうか?

こんな事言ったら、看護師さんたちに怒られそうです(笑)

そして、女性て強いなぁて、つくづく思ってしまいます。

本日は、このようなテーマで、お話してみたいと思います。

スポンサーリンク

多くの看護師が結婚や子育てなどをきっかけに離職

関連画像

大抵ですが、多くの看護師さんが結婚をきっかけに、離職していきます。

それもそのはずです。やはり、子育てと家事と、両立しなくてはなりませんからね。

結婚しても、子供を妊娠するまでの期間は、夜勤で働き、仕事と家庭を

両立している看護師さんも大勢います。

しかし、現実問題、家事だけでなく、子育てもしなくてはならないので、

主婦としての仕事と、看護師としての仕事を両立するのは、

非常に難しくなり、仕事を辞める看護師が多いようです。

育児と両立して仕事をする方法

関連画像

育児や家事と両立して仕事をこなすためには、

「勤務時間を選ぶこと」

「子供を預ける場所を確保すること」

この2つのことが、大切です。

勤務時間を選ぶ

今までのような常勤によるフルタイム勤務ではなく、

パートタイマーや派遣などの勤務形態で、働く事もできます。

子供の保育園の送迎や夕食を作りたいと考えているなら、

残業が少なく、夜勤がないクリニックや外来勤務、

日勤専従の職場を探してみてはいかがでしょうか?

さらに、夜勤専従で働く事もできます。

勤務時間が夜勤のみとなっていて、変則的な常勤の勤務形態と比較して、

規則的な暮らしリズムを保てるだけでなく、昼間にプライベートの時間を

確保できる点や、夜勤・深夜などの手当てが付いて、

高給である点などの理由から、夜勤専従の勤務形態は、

子育てと両立している看護師さんに人気があります。

子供を預ける場所を確保する

「保育園や託児所」の画像検索結果

子育てと両立をするには、大抵の場合、保育園や託児所探しますが、

何せ苦労してしまいますよね。

平日の日勤の場合には、保育園、他にも夜勤・祝日には、

託児所を使用するなど、あなたの働き方に応じて、施設を確保する事も、

育児と両立するためにとても大事です。

病院併設の託児所は、一般的に、乳幼児が対象となっていますが、

夜間や土日は小学生も、利用が可能な施設も、徐々に増えてきています。

無理なく勤務できる職場を探そう

家事や子育てと両立して業務をする場合は、どれだけ家事や、

育児に費やす時間が必要なのか、考えておかなくてはなりません。

その時間外で、無理なく勤務できる職場を探すことが大切です。

具体的に業務に復帰する場合は、

「週に何回勤務するのか」

「夜勤もするのか」

「どこに子供を預けるのか」

「子供が病になったときは、どんな感じで応対するのか」

などを想定してから、勤務先を決めていきましょう。

看護師専門の求人・転職サイトに登録していれば、

担当のアドバイザーと話し合いしながら、これらのお願い要件を設定して、

あなたが希望していた求人を、案件していただけます。

無理なく家事や、子育てと両立して業務をやりたいなら、

一度、看護師専門の求人・転職サイトに登録する事を、お勧めします。

看護師さんの悩み・健康の情報など、常に配信中

◎看護師さんの日刊メルマガ

◎電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド

◎看護師さんの転職メルマガ