Pocket

熱中症よりも怖い「夏血栓」の予防法

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

暑い日が続いていますが、十分に熱中症に、ご注意下さい。

熱中症も怖いですが、次に怖いのは「夏血栓」です。

夏血栓は、32℃以上なっている状態が、続くと血栓に様々な症状が現れます。

そこで、『夏血栓』について、私なりにまとめてみました。

関連オススメ商品

ひんやりマット 冷感敷きパッド ダブル 90×140cm 送料無料 敷きパッド 

ルイボスティー 特級エクストラファイン 有機JASオーガニック 3g×50包 送料無料

スポンサーリンク

血栓とは?

血管内にできた血の塊が、血管につまる病を血栓症といいます。

この血の塊を血栓といい、血栓が可能なところによって様々な病を引き起こします。

・脳の動脈に血栓がつまると脳梗塞

・心臓の動脈につまれば心筋梗塞

この2つを引き起こすのです。

血栓症は、冷たさで、血管が収縮する真冬によく起こりますが、

夏場も起こりやすく、いずれにしても命に関わる病気です。

あなたは、ビール好きですか?

暑い中の飲む事が、最高ですよね。

しかし、のどを潤すために、アルコールを多く飲むと、

利尿作用があるので、知らずに脱水症状になっている場合があります。

加えて涼しい屋内で、のどの渇きに気づかず、脱水症状になっている時もあります。

このように、真夏は知らない間に脱水症状になっている事が多く、

血液がドロドロになり、血栓ができてしまう事が多いです。

「熱中症」「夏血栓」の対策と予防法

「夏血栓」で起こる、

初期症状めまい、倦怠感、頭痛など

熱中症と同じ症状のため、夏血栓を見落としやすいです。

夏血栓で起こる、深刻な症状が、

⚪苦痛(心筋梗塞の確率・疑い)

⚪呼吸困難(肺塞栓症の確率・疑い)

⚪片方の手のしびれと足のしびれ

⚪麻痺

⚪ろれつが回らない(脳梗塞の見込み・疑い)

夏血栓かどうか確認する方法として、ドロップハンドテストがあります。

このテストは、

腕をあげて維持する事可能か?

維持できず落下してしまうか?

をテストします。

腕が落下してしまう状態だと、意識障害があると考え、脳梗塞の確率が高いです。

「夏血栓」になりやすい人

アルコールを多量に摂取する(脱水が進むから)

⚪コレステロール値・血圧が高い(血管が傷付きやすいから)

⚪デスクワークなどの同じ姿勢を続ける(血流が滞るから)

「脱水」を見極める一つの手段

この方法は、手の甲の皮ふをつまんで引っ張り、

2秒以内で皮膚が戻れば正常

皮膚の戻りが2秒を越えると脱水症状

の確率が高いです。

体のの水分が不足し、皮ふに水分も不足するため、

皮ふの戻りが遅くなり、脱水症状が疑われます。

夏血栓の予防法

夏血栓が原因で死亡することもありえます。予防できることはしておかなければなりません。

その方法は、

・こまめな水分補給をしましょう(1時100m/l程度)

・青魚を食べましょう

・たまねぎを食べましょう

・納豆を食べましょう

・ココアミルクを飲みましょう(ココアに牛乳)

いかがでしたか?熱中症も怖いのですが、夏血栓も起こりやすい時期なので、

覚えておいたほうが良いと思います。

くれぐれも皆さん、外の作業や、イベントなど熱中症・夏血栓にはご注意下さい。