Pocket

疲れた看護師さんにオススメ!!冷やし甘酒の効果とは

 

こんにちは 荒蒔です。

暑い中 毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんという職業は、忙しくて食生活が乱れがちですよね。

なかなか疲れも取れないし、なんだか肌荒れもひどい。

そんな、悩んでいる看護師さんにオススメなのが、甘酒です。

昔、私がスーパーで働いていた時、

冷やし甘酒がブームになったことがあります。

もちろん、テレビの健康番組で、やっており、その影響からか、

売り場からなくなることが多かったです。

主な番組は、

「おもいっきりテレビ」「発掘あるある大事典」懐かしいですね(笑)

そこで本日は、冷やし甘酒の効果について、お話します。

看護師さんにオススメの甘酒

こうじや里村 お米と米麹でつくったあまざけ1L×6本 【送料無料】

【宝来屋】冷やしあま酒 [ペット350ml×8本] 

米麹(こめこうじ)の甘酒に秘められた効果とは?

甘酒は、昔から日本人に、必要とされてきた、伝統的な飲み物です。

その健康効果の高さから、

甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」と呼ばれております。

甘酒には、

米麹から作られるものと、酒粕から作られるものの2種類があります。

酒粕の甘酒も美味しいのですが、こちらは甘みを足すために、

砂糖が入れられており、少量のアルコール分も含まれます。

これに対して、米麹の甘酒は、原料本来の甘みのみで砂糖は使われておらず、

アルコールも含まれていません。

体のことを考えて甘酒を習慣的に飲むのなら、米麹のものを選ぶのがおすすめです。

甘酒が体にもたらしてくれるうれしい効果4つ

米麹を使った発酵食品である甘酒は、発酵させることによって、

ビタミン類や酵素といった体に、うれしい栄養素が増える。

健康的に、プラスになることがあります。

それでは、どのよう効果があるのでしょうか?見ていきましょう。

疲労回復効果

甘酒の甘味成分である、アミノ酸やブドウ糖はエネルギーに変化します。

ですので、疲労の回復や、夏バテ防止にも効果があり、冷やし甘酒がオススメです。

米麹の甘酒は、砂糖が一切入っていないにも、

かかわらず十分な甘みがあるので、

ダイエット中に、おやつの代用品として飲むのもおすすめです。

腸内環境の改善効果

甘酒には、オリゴ糖や食物繊維が含まれております。

その効果は、腸内環境を改善し、

老廃物をスムーズに排出させるお手伝いをしてくれます。

腸内の悪玉菌が減って、腸内環境が整えば、便秘解消になります。

美容・美肌効果

女性看護師さんが、一番気になる所ですよね。

米麹から作られる甘酒には、

パントテン酸、ビオチン、葉酸などを含む、ビタミンB群が豊富に含まれています。

中でもビタミンB2には、皮膚や粘膜を保護する役割があるり、

また、ビオチンには、肌トラブルを防ぐ効果が期待できるといわれています。

また米麹には、コウジ酸が含まれており、

メラニンの生成を抑える作用があるということが知られています。

このコウジ酸は、厚生労働省認可の医薬部外品有効成分でもあり、

美白系のスキンケア用品にも使用されています。

疾患の予防効果

甘酒は、抗酸化作用も高く、

体内の活性酸素を減らして、健康に導いてくれる効果も期待できるのです。

さらに、甘酒を飲むと体内のコレステロールが排出されやすくなるといわれます。

動脈硬化や、高血圧の予防効果も期待できるといわれているので、

健康のために、ぜひ甘酒を飲みましょう。

レシピもこちらをご覧ください⇒COOKpadの冷やし甘酒レシピ

もちろん、飲み過ぎてはいけませんが、

冷やし甘酒を飲んで、暑さを乗り切りましょう。