Pocket

こんにちは、荒蒔です。

病院では、手術や救急車受け入れといった、

緊急性の高い医療を行う施設

リハビリテーションを中心に行う施設

精神疾患を専門に治療する施設など、

各々の役割に応じた医療働きをしており、コストを削減する構造がそれぞれ違います。

今回は、病院の医療機能の違いについて、

どのようにコスト削減をしているのか?見ていきましょう。

急性期病院は「移り変わり費型」慢性期病院は「固定費型」があります。

急性期とは、「病気になりはじめた時期」のことを言います。

病気や、けがによる症状が急激に現れるため、患者さんの身体的や、

精神的な負担が大きい時期でもあります。

一方、慢性期とは、病状は比較的安定している時期のことを言います

再発の予防や体力の維持を目指し、長期にわたる治療を続ける必要があります。

患者さんが治療に対して、後ろ向きになってしまう場合もあるので、

その気持ちを受け止めながら、社会復帰を後押しすることが大切です。

それでは、病院働き別に、固定費率と変動費の割合を見ていきましょう。

固定費は、給与費+減価償却費+研究研修費+財産減耗費+経費の1/2移り変わり費

原材料費+経費の1/2どの機能の病院も、変動費より固定費の方が高いですが、

相対的に、

急性期病院は「変動費型」

慢性期病院・精神科病院は「固定費型」

といえます。

急性期病院は、手術に使用する物品や、

薬物療法に使用する医薬品を、大量に調達するため、

具材費が多くなり、変動費の高く、コストがかかります。

一方、慢性期病院は、手術や薬物療法は少なく、リハビリや看護など、

人によるサービスが中心となるため、相対的に、

固定費(大抵給与費)が高くなる性質があるのです。

特に、精神科病院の支出は、80%超が固定費となり、

労働集約度が高いビジネスになります。

例えば、100床あたり医業総額で見ていきましょう。

急性期病院は、慢性期病院の1.7倍です。

100床あたり、リアルな話、年間医業出費は、

急性期病院23.3億円、慢性期病院14.0億円、精神科病院9.6億円

と、病院性能によって、大きな差があるのです。

急性期病院の方が、ビジネススケールが、大きくなることがわかりますね。

「変動費型」病院の費用削減戦略は、急性期を中心とした、変動費型の病院は、

真っ先に、材料費を中心とした、変動費の削減を優先しましょう。

病院は、サービスの単価を自由に上げる事ができないため、

損益分岐点を下げるには、変動費へのアプローチが有効です。

固定費は、給与費以外の項目に削減の余地がないか、検討してください。

一例を挙げれば、清掃や警備といった、外部委託費や医療機器保守料などです。

急性期病院は、患者の回転が速く人手が必要になるため、

安易に給与費に手を出してしまうと、働いてる方の不満が出て、

やる威力も、失ってしまいます。

一方、慢性期病院・精神科病院といった固定費型の病院は、

そのビジネススケールからも、支出削減より、多くの患者さんと、

稼働維持の方が、肝心になる事が多いのですが、

支出削減に取り組む場合は、最初に、

給与費以外の固定費に削減の余地がないか、詳しく調べ、

確かめましょう。

成功すれば、利益を大きく増やす事もできるのです。

そして、慢性的に、超過勤務が生じてしている時は、

業務効率化による、時間外手当削減も、確認いたしましょう。