Pocket

こんにちは 荒蒔です。

医薬品についても、

患者に投与されず余って捨てていたものを有効応用する

動きが開始されました。

余った薬剤は当たり前廃棄されますが、

その量は少なくないです。

性能的には2~3回か応用できるなものでも、

感染症防止など心配無用で使い捨てにしています。

国立がん研究センターでは、

15年に薬剤費換算で全部の9%が廃棄されていました。

総体の医療費を抑制できるなら、

患者さんの無駄遣いをセーブする事にもつながります。

省費用化を模索する動きは医薬品でも進んでおり、

厚労省はルール化を見据えて、

2018年度から大部分の大病院で、

試験的な運用を開始する見込みです。

廃棄するのはだいたい抗がん剤など液体の薬です。

適切に分解、洗浄や部品取り替え、

滅菌などをしたリサイクル品を医療機構に出荷できます。

このような医療機器は多く、所見用のカテーテルや

手術用のドリル、のこぎりなどもある。

市場の二分の一程度がリサイクル品に置き換われば、

300億円程度の医療費削減影響が望みできます。

前もってに幾つかの製品について、

再製造ラインを工場に据え付けし、準備を進めています。

医療機構が、やる気と意欲が働くように、

新しい評価体系の構築が求められいます。

費用高騰は世の中的な特性で、

日本では様々な知恵を絞っています。

厚生労働省は7月、使用済みの使い捨て、

医療機器をリサイクルできるな仕組みを導入し、

そのような訳で厚労省は新仕組みを設け、

企業に適切な処理を、徹底させる事にしています。

機器では、欧米でリサイクル品の市場が、

年率10%以上の伸び率で拡大しているとのデータがあります。

単回使用医療機器は広く使われており、

医療機器ではロボット手術や高働きや、

薬では、がん免疫薬「オプジーボ」

など高価薬の登場で特性が強まっています。

このように病院では、医療費は膨らんでいます。

分解洗浄したリサイクル品を、

病院は新品よりも安価に買い付けできるようにし、

機器を再応用して節減すれば、病院の利益が増えます。

このように、病院といい関係を、作っていきたいものです。