Pocket

こんにちは 荒蒔です。

皆さんは、リサイクルといったら、

どのような物を浮かべますか?

家電・ペットボトル・本などの,

イメージがあると思います。

病院のリサイクル化が1.9%しか、

進んでいないのが事実です。

病院のリサイクル化が1.9%しか進んでいないのが事実!?

その背景には、病院の

『安全第一』という考えだからです。

別に、批判などしているわけではありません。

『安全第一』も大切ですが、リサイクルできるものは、

リサイクルすることが、

病院のコストも削減につながります。

弊社では、特に病院内の、

感染性医療廃棄物や、ゴミ問題など

に取り組んで来ました。

医療ホルダーや容器など壊れたら捨て、

また壊れたら捨ての繰り返し。

なので、病院のリサイクル化が全然進んでおりません。

弊社のホルダーは、

壊れたら部品交換でき、

再び使用できるホルダーです。

少し高いと思うかもしれませんが、コストダウンに繋がった

病院が多いです。

唯一リサイクルができるホルダーです。

また、医療器材というものは、

いつも感染の危険性にさらされているため、

1回だけの仕様で終わりということです。

それだけに医療費についても、高価になり、

病院に大きなコストがかかるため、

このたび医療器材についての、

リサイクルの検討が始まっりました。

医療製品の有効応用がリサイクルの主な目的として、

2018年度中に、リサイクル品の提供を、

開始する方針です。

この仕組みは、医療器材メーカー側は、

使用済みの器材を分解、

滅菌する事で、新品と同等であるという事が、

もっとも受ける事が、リサイクル品として、

提供する事が可能になります。

こうした独断での再使用の多発を受けて、

リサイクルのガイドラインを定める事で、

医療そのものの、信用と安心性を、

高める事が目的です。

再活用を独断で、行っていた医療機構は、

神戸大学病院や、東京医科歯科大学などのほか、

大阪国際がんセンターなどでも、

再使用があらわにしており、

特に電気メスの電極の再使用が最も多いようです。

2017年に国が医療器材のリサイクルについての

法整備を行った事を受けて、

医療器材を製作するメーカーや、

実のところに器材を取り扱う業者が、

協議会を結成し、リサイクルの実現と、

拡大を目指しております。

お願いを伝えて、いくつかの予算を取る事で、

価格が把握でき、その専門を優れているとした、

優秀な業者を紹介してもらえるかもしれません。

安価にても品質がバックアップ可能な、

医療器材が使われるようになれば、

医療機構独断での再使用についても少なくなり、

リサイクル化ができます。

医療組織独断で、医療器材を、

再使用している場合も少なくない事を受け、

厚生労働省がルール化を行い、

早ければ2018年度中にリサイクル品の

提供を開始する方針です。

医療器材を製作巣しているメーカーでは、

使用回数を、普通に1回だけ、

定めているものがおおかたであり、

その中には、手術で使われる電気メスや、

ノコギリなどといった刃があります。

医療器材のリサイクルするにあたり、

滅菌し安全性のサポートができたものを、

また提供可能なよう環境整備を進めております。

早ければ2018年内に提供を行うと考えております。

その反面、実のところに、

こうした器材を活用する側にとっては、

滅菌すれば加えて役に立つのではないか、

という意見も少なくなかった模様。

手術などで使われる電気メスの電極は

1本あたりおよそ2万円前後であり、

支出削減という目的から、

再使用していた場合も少なくないです。

日本の医療は器材や技術も含め、

世界最高峰ともいわれております。

医療器材のリサイクルについては、

必要経費面や、技術面についての問題も、

決して少なくありません。

医療のリサイクル化が進むことにより、

より良い国であって欲しいものです。