Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

医療機器や薬を省コスト化する取り組みが広がっています。

厚生労働省は、

使用済みの使い捨て医療機器を、リサイクル可能な仕組みを導入いたしました。

分解洗浄したリサイクル品を、病院は新品よりも安価に購買可能なようになります。

どのような取り組みか?見ていきましょう。

病院のリサイクル化について

スポンサーリンク

単回使用医療機器のリサイクル

「医療機器」の画像検索結果

医薬品についても、患者様に投与されず、

余って捨てていたものを、有効応用する動きが始まりました。

つまり、医療機器のリサイクル化です。

医療現場のコストを下げるには、

高騰する国の医療費を、約1100億円削減を、行わなくてはいけません。

新たな医療機器のリサイクルシステムは、1回使っただけで廃棄する

「単回使用医療機器」と呼ばれる使い捨て機器が対象です。

このような医療機器は多く、診断用のカテーテルや手術用のドリル、

のこぎりなどもあります。

中には、診療お金上の金額が1本約20万円するものも・・・

機能的には、複何回か活用可能なものでも、

感染症防止など、使い捨てにしております。

新システムでは、厚生労働省の査定を受けた後、

会社がリサイクル品のビジネスをする事が可能です。

会社は医療機構から使用済みの機器を回収いたします。

適切に分解、洗浄や部品チェンジ、

滅菌などをしたリサイクル品を、

医療機構に出荷可能になってきております。

リサイクル品は、新品の5〜7割のプライスで、提供可能になります。

事前に幾つかの製品について、

再製造ラインを工場に据え付けし、下拵えを進めております。

再使用が禁止されている医療機器

医療現場では以前から、

再使用が禁止されている、医療機器を病院が洗浄し、

利用し回す時があり問題になっていました。

機器を再使用して節減すれば、病院の利益が増えるためです。

病院での、滅菌が不十分だと、感染症などの健康トラブルを出す場合も、

現在までにあったといいます。絶対安全第一という考えです。

医療機器の性能低下による、医療事故の危険性の不安もあります。

そんな訳で、厚労省は新仕組みを設け、

会社に適切な処理を徹底させることを、目指しております。

患者様にとっては、厚労省の認可を受けているため、

確か上の危険性が減ります。医療費を抑制支障がなければ、

患者の自費を抑制する事にもつながる見込みがあるのです。

市場の二分の一程度がリサイクル品に置き換われば、

300億円程度の、医療費削減影響が望み可能になります。

節減を模索する動きは医薬品でも進んでおり、

また、自身の月給以上の費用分の薬を、定期的捨てております。

廃棄するのは、だいたい抗がん剤など液体の薬です。

瓶刻みで提供されており、患者によって使用する量が異なるため、

必然的に余りが出るといいます。非常にもったいないですよね。

余った薬剤は普通廃棄されるが、その量は少なくありません。

ある総合病院では、15年に薬剤費換算で全ての9%が廃棄されておりました。

全国では年間約1000億円にも上回ります。

しかし、余った薬を捨てずに、有効活用している病院もあります。

開封後も外部の空気や雑菌が入らないような、

閉鎖式の接続器具を利用し、

安心上の対策などをすれば、他の患者さんにも投与可能です。

ただ、この省コスト化術はさほど広がっておりません。

日本の医療ルールでは、病院は余って廃棄した分も含めて、

薬の医療費を請求可能なためです。

無意味を省いたり、過剰な診療を抑えたりする行為を評価しにくく、

無意味が生じやすい仕組みです。

閉鎖式の器具を使用する無菌処理などに、

見返りを加算する、仕組みなどが、考えられています。

厚労省は、仕組み化を、行うことによって、

18年度から局所の大病院で、試験的な運用を開始するようです。

これから、私もそうですが、超高齢化社会です。

医療費抑制は政府の大きな課題でもあります。

医療組織が、無意味を省くやる気が働くように、

新しい評価体系の構築が求められています。