Pocket

こんにちは 荒蒔です。

各病院には、病院機能評価というものががあります。

医療の質と安心の向上を目的として、一定の水準に基づき、

中立の立場から医療施設を評価したものです。

2010年10月1日現時点でで、

全国8708病院のうち認定病院数は2554(29.3%)。

実施主体は、財団法人日本医療パフォーマンス評価機構で、

評価を受けるか如何にかは病院側の任意であり、

査定料を払い、標準を満たしているとして認定を受けると

『5年間有効』とされます。

認定の更新には再査定が必要です。

認定を受けた病院は、

広告にその中身を記載する事が認められています。

しかも、わずかではあるものの診療お金上の特典もあり、

特定入院料のうち緩和ケア病棟入院料、

ベース診療料のうち緩和ケア診療加算において、

病院働き評価の認定が前提となっています。

評価は、書面査定の後、

各専門領域(診療管理、看護管理、事務管理)の知識と、

経験を有する評価調査者(質問員)が何人かで、

病院を実地踏査し、訪問査定を経て下されます。

受審コストや、

訪問査定に必要になる日数は病院のスケールにより異なりますが、

500床以上の病院で250万円ぐらいかかり、3日間で評価されます。

評価項目については現在までに何回か改訂されてきており、

最先端は09年度から用いられているver.6.0。

ここでは環境対策、院内暴力対策を増やしました。

最先端の評価領域は、

「病院組織の運営と地域における役割」

「患者の権利と医療の質および確かの確保」

「療養環境と患者サービス」

「医療用意の組織と運営」

「医療の質と確かのためのケアプロセス」

「病院運営管理の合理性」

病院の種別によってはしかも、

「精神科に特有な病院パフォーマンス」

「療養病床に特有な病院パフォーマンス」

についても査定されます。

受審する医療機構では、

他者の客観的な視点で査定がされる機会を持ち、

その支度をする過程で、

病院の組織や運営上の要改善点が明らかになる事や、

職員の一体感が生まれるといった、

良いところがあるという考えがあります。

その一方で、

『仕込みや査定に必要になるコスト』

『日数、人手に見合うだけの診療お金が得られない』

『一般の認知度が低く広告しても、患者の受診きっかけになり得ていない』

『優れているとする診療中身が評価対象となっていない』

などの、影響意義への質問も数多く指摘されております。

病院機能評価結果の情報提供サイト(認定病院検索)

病院に伺ったら、機能評価のマークを注目して見て下さいね。