Pocket

こんにちは 荒蒔です。

私の会社では、感染性廃棄物をテーマでブログを書いております。

実際、コストを下げるには、「ゴミを減らす事」ですが、

感染をしないために、感染性廃棄物を捨てがちではないですか?

「安全第一」ですが、ゴミの量の見直しも大切です。

本日は、病院コスト削減シリーズ~感染性廃棄物処理費の見直し方~

について、述べさせていただきます。

具体的には、ガーゼ、包帯、ギブス、紙おむつ、注射針、注射筒、輸液点滴セット、

試験管等の検査器具、血液、臓器・組織等です。

多くは手術室や病棟、検査室等で、感染は発生いたします。

産廃業者に頼み、処理を行ってもらいます。

私どもの会社で、感染性廃棄物処理費を調べたところ、

総合病院で、100床あたり、年間約550万円以上の処理費が、かかっています。

驚きですよね。それでは、コスト削減するには、どのようにすればよいのでしょうか?

総処理費=単価×廃棄量

感染性廃棄物処理費の削減においては、

「単価」と「廃棄量」の視点で、考えていくことが、重要です。

単価を見直す

単価には、重量依拠(廃棄物1kgあたり処理費)・容量土台(ペール容器1Lあたり処理費)

の2通りあり、契約によって異なります。

業者の方が、作業を行う人件費が算出されることは、

感染性廃棄物を入れる容れ物の種類と、容量の適正化で判断します。

感染性廃棄物を入れる容れ物には、ペール容器と段ボールの2種類があり、

各々20L・45L・50L等の大きさがあります。

1Lあたり単価は、一般的に、ペール容器より段ボールの方が安価であり、

容量も大きい方が安価です。

従って、注射針や包帯など、鋭利なものや液体付着物を入れる、ペール容器に、

容量の負担になる衣類を入れていたり、多くの感染性廃棄物をかさむと、

容器を多く使うことになり、容器代のコストが、かかってきます。

もう一度、各部門によって、容器の大きさは違いますが、

必要な大きさか?どうか?確認して、最適な大きさのペール容器を選びましょう。

廃棄量を見直す

廃棄量を減らす事は、最もシンプルなことであり、効果的なコスト削減方法です。

ようするに、「ゴミを減らすためには、どのようににすればいいか?」

を考えればよいのです。

例えば、感染性廃棄物ではないにも関わらず、感染性廃棄物用の容れ物に、

捨てられる事例は、少なくないのです。

使用済オムツや術衣など、一見感染性廃棄物と思われるものでも、

感染の危険性のものとして、感染患者のものや、血液付着がなければ、

一般廃棄物として処理ができるです。

そして、処理に出す場合の容れ物の使用率も要点です。

特に容量をベースでの契約の事例は、容器にゆとりがある状態で、

処理に出すと無意味が生じます。

最低でも80%以上は詰めた様子で処理に出しましょう。

廃棄量の見直しは、感染性廃棄物が発生する頻度の高い病棟や、

手術室スタッフのコスト意識が大切です。

スタッフへ定期的に、教育を行なければなりません。

ゴミの分別方法や、感染性廃棄物とそれ以外のごみ箱に、

離れた箇所に据え付けする等の、対策を検討してみてください。