Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

ここ最近、ブログが、

あまりにも、更新できていないので、力を入れたいと思います。

看護師さんで、夜勤の受け持ち人数が、

多すぎると、不安になったことありませんか?

日勤の受け持ち人数だけで、いっぱいいっぱいなのに、

夜勤になると、受け持ち人数はさらに増えてしまいます。

どうしたら、良いのかわからないという、

看護師さんも多いと思います。

そこで、本日は、

夜勤の受け持ち人数が多くて、

不安という場合、どうしたら良いのか、解説します。

看護師 受け持ち人数が多すぎる問題

スポンサーリンク

夜勤の受け持ち人数って、どのくらい?

夜勤中に、看護師は、何人の患者を、受け持つのでしょうか?

他の病院や、他の看護師の夜勤の数を、気になっていませんか?

夜勤の従業員の数は、看護師の配置基準と、重症度によって異なります。

重病患者を扱うICUと救命病棟は、

日勤勤務か、夜勤勤務かにかかわらず、多くの場合、1人しかいません。

7対1の看護システムを備えた、

病院の場合、夜勤は多くの場合10〜14人です。

また、医療系病院では、20人以上の対応が当たり前です。

1人の看護師が、30人以上を扱うことは珍しくありません。

マジかよ!!と思う方、いると思いますけどマジです。

夜勤を扱う人の数は、病院と患者の重症度に依存するため、

複数の人を基準とする基準はありません。

でも、やっぱり日勤より、受け持ち人数が、

増えるというだけで、不安になります。

情報収集を念入りに!

夜勤が、受け持ちが、多いのではないか?

と、不安な看護師は、どうしたらいいでしょうか?

作業する人数が、気になる場合は、

通常より、少し早めに、行動をしましょう。

早めに仕事に行き、患者に関する、情報収集することを確認します。

勤務前に、担当する、患者の情報を収集することが、看護師の基本です。

しかし、いつもより、注意深く患者さんの世話をすると、

患者さん一人一人の観察ポイントや、

注意点が理解できるので、不安を解消できるはずです。

また、適切に情報を収集すれば、

スムーズに、患者さんの世話をすることができ、作業時間の短縮につながります。

「夜勤前に、できるだけ長く眠りたい」

「早めに病棟に行くのに疲れた」など、

と思われるかもしれませんが、夜勤の不安を、

和らげるためのものですので、一度お試しください。

情報収集のコツをつかめば、情報収集に、

費やす時間を短縮でき、適切に、情報を収集して、

夜勤でスムーズに作業できれば、自信を持つことができます。

初めだけは難しいです。

頑張って自信を持って、自信をつければ、

たくさんの人が、抱えている不安を解消できるはずです。

他の人にお願いして、仕事を振る

特に、経験のある看護師に、

任せても大丈夫なため、他の人に比べて、受講人数が増える場合があります。

人によっては、仕事に行って、割り当て量を見ると、

自分を担当している人が、他の人より4人か5人多い! 不満があるそうです。

また、退院、業務オリエンテーション、

担当する日勤は、目の前に目を向けないと、解決できません。

そのような場合は、できるだけ他の人に聞いて、

一人ではなく、仕事をすることも大切です。

仕事を間に合わせるために、誰が、何を求めるべきかを、決定する必要もあります。

ある意味では、事業が多すぎて、心配している看護師は、

ある意味では、働くことができ、信頼されております。

特に、夜勤の場合は担当者が多く、電話も増えて、休む暇もありません。

自分の工夫で、患者さんの情報を早く集めても、

間に合わない場合は、相談する必要があります。

受診人数を、把握するのは、難しいかもしれません。

現状をきちんと話し合えば、重症度が低く、

ケアの少ない患者さんに、集中できる場合もあります。

まとめ

コロナウイルスで、患者さんの対応で、

患者さんが増え、とても、大変かもしれません。

しかし、一人で抱えてはいけません。

無理をせず、まわりの力を借りて、乗り切りましょう。

今、職場に、不満があれば、転職も考えましょう。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師さんで、はじめての転職はこちら⇒新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント