Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

一般職に、比べ看護師の内定率は高いです。

しかし、もちろん、不合格もあります。

せっかく自分の希望する、求人が見つかったが不採用だった…

とならないように、

内定率を上げるための、就職活動準備をお伝えします。

≪関連サイト≫

電子書籍 看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

転職サイト⇒看護師転職サイト おすすめランキング

看護師 転職で内定率を上げる方法

スポンサーリンク

不採用になる要素を減らしていく

すぐ辞めてしまいそう

面接間に、長く働らいてもらいたいと思うのが、業界を問わず一般的な考え方です。

間もなく定年を迎える場合、入社前後の準備や教育など、

採用にかかる費用によって、方向性が異なります。

期待して雇ったのに、時間とお金をかけて、

育成した看護師が、すぐに辞めてしまいます。

すぐに、辞められてしまううことは、病院にとっていたでです。

入職後に活躍できなさそう

やはり、どの転職もそうですが、即戦力になる方を採用します。

ですので、入職後、活躍できる看護師であるかどうか?

を選考の場で見られます。

入社後に活躍できるかどうかの基準は、

単に仕事をすぐ覚えられる事や、患者さんから好かれるといったことだけではなく、

今、現在、働いている職員と、やっていけるかどうかという所を、

見られているということです。

単に看護師の資格を、持っているからという理由だけで採用すると、

結果として、1人厄介な看護師のせいで、大勢の離職がでた

という最悪な事態も考えられます。

職員との相性を重視する、採用担当は、多いと言えます。

希望する応募先求人の項目を確認する

介護老人保健施設へ応募する介護職員の志望動機のポイントと例文 | 「カイゴジョブ」介護職の求人・転職・仕事探し

まず、就職試験が、面接だけなのか、筆記試験や小論文があるのか​​、

どのような、申請書類があるのか​​を、事前に確認しましょう。

履歴書、面接依頼書など、さまざまな、応募書類があります。

不注意で申請書類が不足したり、書類を選択しただけで、

却下されたりしないように、注意してください。

「面接でどのような質問をするのか」

「過去の小論文のテーマは?」

「範囲はどこまで?」など

事前に、就職試験の内容を確認することができます。

できれば、採用試験の準備ができるので、

求人率を、大幅に上げることができます。

自分でわからない場合は、

看護師専門の転職サイト担当者に、相談して、情報を入手してください。

面接での対応に気を付ける

履歴書の場合、あなたの経歴に加えて、誤字脱字がないか、チェックされます。

また、大規模な病院の場合、履歴書の大きさや、

看護師免許証の写しの大きさを、指定される場合があります。

郵送直前に確認しておきましょう。

自分で何度も確認し、不注意なミスを、防ぐことができます。

面接では、事前に各病院・施設・企業の特徴や、

業務内容を調査し、面接の準備をすることが重要です。

また、最近、重視することは、

病院や施設が増えているので、高い人も、採用したいと思われます。

つまり、面接で微笑んだり、敬語が上手く使えなかったりすると、

悪い印象になって、採用されない可能性があります。

看護師の方は、面接の前後に、病院や施設を見学することが多いです。

「見学だから、面接に関係ない」それではダメです

見学の時も、あなたのことチェックされています。

気をつけてください。

まとめ

いかがでしたか?

内定率を上げるためには、

「これくらい大丈夫だろう」と絶対思わないことです。

気を引き締めて、転職活動がんばっていきましょう。

≪関連サイト≫

  電子書籍 看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

  転職サイト⇒看護師転職サイト おすすめランキング