Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師が転職で、

キャリアアップをする場合、3つあります。

「キャリアアップしたいなぁ。転職したほうが良いかなぁ」

と思っている人は、

どのパターンで、転職するかを考えてみましょう。

看護師が転職でキャリアアップをするやり方

 

スポンサーリンク

キャリアアップのために転職する

ソース画像を表示

看護師が転職で、キャリアアップをする

パターンの1つ目は、キャリアアップのために、転職する場合です。

たとえば、専門看護師、認定看護師、 

NSTのプロのセラピストや、糖尿病治療の医師になりたい場合などです。

キャリアアップしたいが、

現在の職場環境では、それができない場合は、

または、それが難しい場合は、転職を検討することもできます。

もちろん、転職してキャリアを向上させたいなら、

転職して、本当にキャリアアップできるか、確認する必要があります。

次に、認定看護師や専門看護師を、目指す人の場合です。

希望する看護分野で、経験を積むことができる部門、

すなわち資格要件を、満たすことができる部門に、

配属されることが非常に重要です。

認定救急看護士になりたいが、

眼科病棟に配属されている場合、転職しても意味がありません。

NSTの専門セラピストや、糖尿病治療のインストラクターなどの資格を、

取得したいために、キャリアを変更したい場合や、

キャリアを伸ばしたい場合、NSTの専門セラピストであれば、

資格を得るために、必要な栄養サポートを受けいるか?

診療指導ができる部署に、配属されるか確認してください。

次に、専門看護師や認定看護師になりたい場合は、

資格取得支援制度があるか、確認することが、ポイントです。

資格取得支援制度があれば、出張で研修を受けて、

基本給をもらったり、病院が研修費用を負担するので、

経済的負担は、非常に少なくて済みます。

専門の看護師は大学院で、2年間仕事を休み、

認定看護師は、少なくとも半年は、

仕事を休むので、経済的支援は、大きな利点です。

ただし、資格取得支援制度があるため、転職は危険です。

システムが使えるという、約束がありません。

専門看護師、または、認定看護師になりたい、

入院中の他の看護師がいる場合、

あなたは、それらを延期することができず、

あなたのキャリアを、向上させることはできません。

したがって、転職してキャリアアップを図り、

資格取得支援システムを利用したい場合は、

転職先で、どれだけのキャリアアップできるかを、

詳細に、チェックする必要があります。

また、特定の行動について、研修を受けたい場合は、

入社後すぐに、希望の研修を受けられるか、

また、研修中に、何が起こるか確認してください。

キャリアアップしてから転職する

ソース画像を表示

看護師さんが、転職して、

キャリアアップしてからするパターンは、

次は、転職後に転職するときです。

これは、あなたのキャリアを向上させるための、

資格を得るために、一生懸命働いてきたと思いますが、

しかし、あなたが働いている職場は、評価されていません。

さらに、一部の看護師は、以前の仕事を辞め、

キャリアを向上させた、可能性があります。

このパターンで、転職を希望する看護師は、

昇進が評価されているか、給与がどれだけ上がるか、

昇進を活用できる部門に、

配属されるかどうかを、確認する必要があります。

また、キャリアアップしたことを、

活かせる仕事内容なのかも大切です。

例えば、呼吸療法認定者であれば、

給料を上げても、呼吸器科に所属していても、

人工呼吸器のある患者は少なく、

積極的に、呼吸理学療法を受けられません。

病院では、意味がありません。

したがって、転職後に転職する場合は、

転職を評価して、給与を上げ、

転職を活用できる、部署に配属され、

より多くの仕事ができることを、確認してください。

思い切って違う職業として転職する

ソース画像を表示

看護師が、転職して、

キャリアアップするための、第3のパターンは、

看護師の資質を活かして、別の資格を取得し、

別の職業として、転職することです。

たとえば、保健師の資格があっても、

看護師として働いている場合、保健師の職に就くことで、

キャリアを向上させることができます。

また、養護教諭免許を持っている方は、

養護教諭に、転職することができます。

看護師の資格があれば、今から、1年間養護学校に、

通えば保健師・看護師・助産師の免許を、

取得できるほか、臨床工学技士の免許も、取得できます。

試験に合格すると、資格を得ることができます。

これにより、看護師の資質を活かしながら、

異なる資格を取得し、別の職業に転職して、

キャリアアップを図ることができます。

別の職業に転職した場合、

一から勉強し、直さなくてはなりません。

新鮮な気持ちで仕事ができるようになり、

看護師としての経験を、活かせるようになります。

また、保健師・養護教諭は日勤勤務のみで、

臨床技術者は、24時間体制で体制を整えています。

助産師は、看護師よりも、難しいと言われていますが、

出産に関わることは、

やりがいを感じる、看護師さんが多いです。

まとめ

看護師が、転職で、キャリアアップする、

3つのパターンをご紹介しました。

保健師・助産師に、転職したい方は、転職サイトをご利用ください。

キャリアアップのために、転職したい場合は、

資格取得支援システムの詳細や、

資格取得のための要件を、満たしているかどうか、

転職サイトで転職したい場合は、転職サイトで、確認できます。

転職活動 頑張っていきましょう。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント