Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師が辞めて、仕事を辞めたいと思っても、

逃げではないか?と不安になり、辞められない方いませんか?

そもそも仕事を辞めるのは、間違っているのでしょうか。

一緒に考えてみましょう

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】

看護師が辞めると言えない方へ

スポンサーリンク

逃げと考えるのは、真面目で責任感のある証拠!

「やめたら、逃げてるみたいで嫌だ」とどしても思ってしまいますよね。

「やめる=逃げる」とは、仕事に真剣に取り組み、

看護師の仕事に、責任感を持っている人だと、多くの人が考えています。

なぜなら、仕事は「適切でいいやぁ」「給料だけもらえればいい」と思ったら、

「辞める=逃げる」とは、思わないからです。

真面目で責任感があるので「やめる=逃げる」と思っていると思います。

しかし、仕事を辞めることは、逃げるとは、違うと思います。

具体的な例を、見てみましょう。

職場でいじめにあっている場合

どうして、 新人看護師さんのいじめが多く起こるのか?

まず、いじめられている場合はどうでしょうか?

今、現在、職場でいじめられているとします。

看護師長に相談しても、解決できないので、辞めたいでも心配。

この場合、仕事を辞めたら、逃げになるのでしょうか?

それは真実ではない。

職場を離れることは、逃げ道ではなく、身を守るための行動です。

むしろ、いじめのある幼稚な職場や、いじめを解決しない上司のいる職場は、

看護師としての、自分の成長になりません。

身を守るための行動であり、悪い仕事をあきらめるだけです。

仕事についていけない場合

看護師向いてない…体験談と全対処法|年次別・職場別に徹底解説

看護師が辞めた場合に逃げるのか、

それとも、仕事といたしまして、

救急病棟に、追いつけないのかを、考えてみましょう。

救急病棟は、やるべきことがたくさんあり、

重病の患者さんも多いので、仕事には、スピードが必要です。

患者の急な変化や緊急入院は、

当たり前のことであり、病棟は常に、忙しいです。

また、病棟や介護施設に比べて、

治療を受けずに、亡くなる患者さんも多くいます。

そんな鋭い病棟特有の、スピードや雰囲気に追いつかずに、

辞めたいというのは、逃げ道なのでしょうか。

この事件も、逃げ道にはならないと思います。

人間には「向き」と「不向き」があります。

すべての看護師が救急病棟だけに、こだわるだけではありません。

救急病棟に入る人もいれば、そうでない人もいます。

合う人もいれば、合わない人もいます。

つまり、ついていけないから、辞めるのは、逃げではなく、

自分に合うところを探しましょう

まとめ

具体的な例を通して、看護師が辞めるのは、

逃げ道ではないことを、理解したと思います。

それは逃げることではなく、

看護師が辞めるための、新たな一歩を踏み出すことです。

しかし、辞めたいと思っている所に働くことは、

あなたに何もプラスになりません。

転職活動、頑張っていきましょう。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】