Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんであるあなたはタバコを吸いますか?

また周りの看護師さんはどうでしょうか?

看護師さんには、タバコを吸う人が多いといわれています。

私は、そもそも煙草は、吸いません。

そこで本日は、看護師さんと煙草についてお話します。

スポンサーリンク

成人女の喫煙率が下がっていません

関連画像

5月31日は、WHOが定めた世界の禁煙デーてご存知でしたか?

最近は、日本だけでなく世界で、禁煙への取り組みが進んでいます。

禁煙ばかりで、肩身の狭い気持ちはわかります。

日本でも、成人男性の喫煙率は、年々下がってきており、

昭和41年の喫煙率が83.7%でしたが、平成24年には32.7%まで下がっています。

けれども、成人女の喫煙率は、成人男性ほど減少しておらず、

昭和41年で15.7%で、平成24年は10.4%です。

特に20代、30代の若い世代では、昭和41年から、ほぼ横ばいの状態が続いています。

禁煙はしたいでも難しい。気持ちは痛いくらいわかります。

しかし、男性の喫煙者は、約50年間で約半数以下になっていますので、

女性でも、決して無理な事ではないのです。

なぜ、世界中で、禁煙への取り組みが進んでいるのでしょうか?

もちろん、禁煙することにより、メリットが大きいからです。

そこで次に、禁煙のメリット、喫煙のデメリットについてお話します。

健康面でのメリット

関連画像

健康面での禁煙のメリットは、ガンの危険性が下がる事です。

直近では、医療が発達し、ガンは不治の病ではなくなりましたが、

日本人の死亡原因がガンです。

喫煙者は、非喫煙者に比較し、

肺がんは3.9倍

子宮頸がんは2.3倍

口唇・口腔・咽頭がんは2.0倍

も危険性が高くなります。

さらに、ニコチンは動脈硬化を、進行させる作用がありますので、ガンだけでなく、

心筋梗塞や脳血管障害の危険性も高まります。

妊娠期に喫煙していると、胎児が低酸素となり、発育が遅れ、

低体重児が、生まれる確率が高くなります。

そして授乳期にも、喫煙者の時は、母乳にもニコチンが内蔵されてしまい、

赤ちゃんが、ニコチン中毒になる危険性があります。

自分だけではなく、あなたのお子さんにも、悪影響が出るんです。

美容面でのメリット

「タバコ 女性」の画像検索結果

喫煙は、低酸素状態を招き、女性ホルモンの分泌が抑えられ、ビタミンCを破壊します。

そうすると、肌荒れを起こす事になります。

タバコ顔」という言語をご存知ですか?

乾燥して、肌のハリが失われ、シワが多く年齢よりも老けて見えるのが、

喫煙者に多く、特徴的な「タバコ顔」と呼ばれています。

20代のころは気づかなくても、30代後半になると、「タバコ顔」の症状が、

徐々に、現れてきます。

そして、タバコのヤニは歯を黄色くさせますし、タバコは独特の口臭も生じてさせます。

どんなにおしゃれをしていても、歯が黄色くて、口臭があったら台無しです。

お金の面や他のメリット

「タバコ お金」の画像検索結果

タバコは、どんどん値上げされています。

今、現在、1箱あたり410円〜440円です。

1日1箱吸うとして、1ヶ月で12000円以上必要になる計算になります。

この12000円で、洋服や化粧品を買ったり、エステに行ったり、

美味しいものを食べたりしたほうが、有意義だと考えませんか?

その上、喫煙すると洋服に臭いがうつりますし、室内もヤニで汚れます。

クリーニング代や洗濯、片付けの手間がかかりますよね。

また、2018年10月1日たばこ税率の引き上げされました。

また、徐々に値段が上がっていくのではないでしょうか?

これらの禁煙良いところを知ると、禁煙しようと考えになりましたか?

「明日から禁煙しよう」ではなく、「実際直ちに禁煙」してみましょう。

それができたら、苦労しないよと思われるかもしれませんが、

頑張っていきましょうね。