Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

ナースシューズで、最大の悩みは何だと思いますか?

それは、においです。

看護師さんは、女性が多いため気にする方が多く、

言いづらい部分もありますよね。

そこで本日は、ナースシューズの悩みと、

選び方についてお話します。

オススメのナースシューズ

エアーソールのナースサンダル

買い替えやす ナースシューズ

マジックテープタイプ ナースシューズ

看護師さん ナースシューズの悩みと選び方

スポンサーリンク

看護師さん ナースシューズの悩み

ナースシューズがにおってしまうのはなぜ?

看護師さんが、勤務中に、必ず着用するナースシューズ。

以前は、ナースサンダルと呼ばれる、つま先の開いたタイプのものが多く利用されていました。

しかし、近年、安全面への配慮などから、

シューズタイプが推奨され、サンダル禁止の職場も増えています。

あなたの、職場はどうですか?

しかし、看護師さんは、基本的に長時間勤務かつ、立ち仕事です。

動き回る仕事なので汗をかくことも多く、

「勤務後に自宅で足のにおいが気になる」

「ナースシューズがなんとなくにおう」など、これは、仕方がないことです。

足やシューズの悪臭は、

汗や皮脂をエサに、繁殖した雑菌が代謝物として、臭い物質を生み出すために起こります。

特に、これから夏本番ですよね。

気温や湿度が高くなりますので、ナースシューズの悪臭を防ぐために対策を心がけましょう。

ナースシューズのにおい対策

それでは、ナースシューズのにおい対策として、

どのような事を、行えばよいのでしょうか?見ていきましょう。

2足以上をローテーションで履く

ナースシューズに限らず、靴は、1日履いたら、次の日は休ませて、別の靴を履くことです。

これを行うことによって、悪臭などを防ぐとともにもなり、長く使用することができます。

しかし、普段の靴は、何足かをローテーションさせて履いているという人でも、

職場で履くナースシューズは、1足を履きつぶすまで、毎日履いている、看護師さんが多いようです。

やはり、できれば2足以上のナースシューズを用意して、同じシューズを2日続けて履かないよう、心がけましょう。

履かない日のシューズには、乾燥剤などを入れて休ませておくことで、

次に使用するときに、サラッとした履き心地で、実感を感じると思います。

通気性の良いシューズや靴下を選ぶ

仕事のために動き回っていれば、汗をかくのは当然ですよね。

かいた汗が自然と空気中に発散されやすいように、

足元はできるだけ、通気性の良い状態にするのが、においを防ぐコツです。

ナイロンや、ポリエステルなど、化学繊維の比率の高い靴下は、

吸湿性や通気性が悪く、ムレやすいです。

綿や麻、シルクなど天然繊維の靴下と、

通気性に配慮されたデザインや、素材のナースシューズを選ぶようにしましょう。

抗菌・消臭加工された靴下やシューズもおすすめです。

後ほど、ご紹介いたします。

かかとや足の指のケアをする

足やシューズのにおいは、足の肌表面にいる細菌が、

汗や皮脂などをエサに、過剰に繁殖することで起こります。

日ごろから入浴時に、足の指のすきまや爪の間などを、

丁寧に洗うことを意識して、清潔に保ちましょう。

また、かかとは全身の体重がかかるため、角質が厚く硬くなりやすい部分です。

ある程度の硬さは必要ですが、角質が溜まりすぎると、

ムレや細菌の繁殖が起こる原因になるため、

定期的に、足裏用ピーリングや、

軽石などによる、角質ケアを行うと良いでしょう。

ナースシューズの選ぶポイント

関連画像

クッション性が高いソールを選ぶ

ナースシューズは、クッション性が命と言っても、過言ではありません。

歩く動作、物を持ち上げる動作が、多い看護師さんにとって、

薄くて、硬い靴底はあり得ません。

ここで言うクッション性とは、

インソールの衝撃吸収力が、優れているということです。

最近は、エアーソールのナースサンダルが人気です。

仕事終わりに、感じる足のだるさはかなり軽減されます。

高価すぎるより、買い替えやすいものを選ぶ

あまり、お金をかけたくない、でも安いナースシューズは不安。

こういう意見が、看護師さんには、多いようです。

看護師さんたちは、ナースシューズが汚れたら、

自宅に持って帰って、洗う人は極端に少なく、

”ある程度汚れたら捨てて買い替える”方が大多数です。

その理由として、病院の床は、血液、痰、便尿、体液、

患者さんの落屑(皮膚)などで汚染されています。

また、看護業務中に、点滴薬剤、造影剤などが飛散しています。

自宅に持って、帰ること自体に、かなり抵抗がありますね。

高すぎると感じる、ナースシューズをよりも、

買い替えやすい、

価格のナースシューズを、選んだ方が良さそうです。

相場としては、3500円~4000円位で、

機能的なナースシューズが手に入ります。

清潔安全のため、靴紐よりマジックテープタイプを選ぶ

一般用のランニングシューズや、スニーカーは、機能的でお手頃価格の商品が多いです。

スニーカーのほとんどは、靴紐を結ぶタイプです。この靴紐、看護業務にはあまり適していないようなのです。

ナースシューズは、血液、痰、便尿、体液、患者さんの落屑(皮膚)などの汚染にさらされています。

看護業務中に点滴薬剤、造影剤などが飛散することもあります。

靴紐を結ぶ、結びなおす行為はかなり不潔と言えます。

その都度、しっかり手洗い出来れば良いのですが、そうもいきません。

例えば、患者さんの搬送業務中に、

靴紐がほどけて結びなおした、となると手洗いが困難になります。

布素材の靴紐は、血液、体液、尿などの飛沫を吸収してしまいます。

マジックテープタイプのナースシューズであれば、

アルコール綿花などでふき取ることが可能です。

オススメのナースシューズ

エアーソールのナースサンダル

買い替えやす ナースシューズ

マジックテープタイプ ナースシューズ

参考までに、オススメのナースシューズを載せておきます。

あなたのあった、ナースシューズを選んでくださいね。

暑い日が続きますが、頑張っていきましょうね。