Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

当直など負担の多い、医療現場において、さらに負担を高めるオンコール。

多くの医療従事者が、オンコールを負担だと、

感じている点はどこにあるのでしょうか?

また、疑問に思う事は、オンコールは、業務に関わる行為で、

ありながら法的に、労働時間と扱われません、

それはなぜなのか?解説していきます。

オンコールて何?

関連画像

医師や看護師など、病院の勤務形態のひとつで、

入院中の患者の状態が、急変した場合や、救急搬送で人手が必要となった時に、

すぐ病院や、患者の自宅へ駆けつけることができるよう、

病院内か、その近辺に待機することです。

オンコールで待機中の病院では、

「呼出しがあった際に、30分以内に病院いこれる場所で待機」

「病院から半径5キロメートルに住むこと」

など様々なルールに縛られることになります。

命を預かる仕事として、医療に携わる方々の多くは、

このルールを受け入れていますが、

法律の扱いに、

問題があるんではないか?と思う事ありますよね。

オンコールの業務内容のどこに、

問題があるのでしょうか?見ていきましょう。

オンコール:看護師にとって負担

「看護師にとって負担」の画像検索結果

医療関係者が感じる、

オンコールの負担とは、具体的にどんなものでしょうか?

まず先述したとおり、自宅等で待機していても、

携帯電話を常に、持ち歩く必要があるという点です。

医療従事者が連絡に対して、

強いプレッシャーを感じていることを、うかがわせます。

また、勤める医療機関によっては、

呼出し後30分以内の出勤が求められますから、

自分の好みどおりの住居、地域に住むことができません。

オンコールの内容にも問題があります。

「患者の様子がいつもと違う」といった、

漠然とした理由で呼び出されたり、

残薬の確認などの、簡単な業務報告を受けることもあります。

本来なら、命の危機に直結する場合にのみ、

利用されるべきオンコールが、それ以外の理由で、

頻繁に利用されているのが、実情のようです。

オンコールは時間外労働とみなされる?

「時間外労働 看護師」の画像検索結果

いつでも出勤できるように、準備した状態で待機するオンコールは、

労働時間と扱われるようにも思えます。

現行の労働基準法では、オンコールに関する定めがないため、

労働時間と、認められないのが一般的です。

しかし、労働時間と認められる場合もあります。

医師や、看護師の使用者の指揮監督のもと、

自宅待機を命じられていたことを、証明できれば、

オンコールが、労働時間にみなされる可能性があります。

当然ですが、オンコールで待機中に、呼び出しを受けて出勤し、

業務にあたった場合は、時間外労働にみなされます。

この場合は時間外割増賃金を受けることができます。

呼び出されたのが、

法定休日であった場合は、休日労働割増の加算もあります。

関連参考:割増賃金の計算方法

オンコールの負担を減らすには?

「負担を減らす 看護師 オンコール」の画像検索結果

医療従事者も人間です。

休日に精神的・肉体的に、束縛感のあるオンコールにより、

心身が蝕まれては、将来の医療制度にほころびが生じかねません。

実際に、日本介護協会が調査では、4割弱の看護職員が、

オンコール中は、精神的・身体的に休まらないと答えています。

オンコールの際に、呼び出されて働いた場合には、

翌日を振り替え休日にしたり、それが難しくても、

出勤を午後からにするなどの、対応が望まれます。

また、オンコールの負担の一部を、

軽減してくれる代行サービスを、利用することもできます。

代行する業務は、電話受付と取次ぎ業務に限られます。

しかし、活用すれば、

休憩時間中の看護師などに、電話番を頼まなくて済みます。

看護師にかかる負担は問題

関連画像

ワークバランスが、叫ばれてなお日本の労働環境は厳しいです。

特に、医療現場では、人命第一の大義名分のために、

医療従事者に、重い負担がのしかかったままです。

日本の医療が、住む場所や休日の過ごし方まで、

制限された医師や看護師によって、

支えられていると知っている、国民がどれだけいるでしょうか?

命を守るために、命や人生を代償にせずに済む、

持続性のある制度が必要です。