Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

病院に来る子どもの患者さんは、

どこか不安げだったり、泣いていたり……

少し接し方に、困るときありませんか?

ここでは、子どもの患者さんとの、

接し方のポインをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

看護師さん 子どもの患者さんとの接し方

スポンサーリンク

子どもの患者さんにも治療方法を説明する

注射なんて大きらい!悩む子どもやママに読んでほしい絵本『つぎはわたしのばん』#ママの悩みに寄り添う絵本 | ママスタセレクト - Part 3

患者さんが、まだ子供だからといって、

検査や治療の説明を、怠らないでください。

あなたが何をすべきかわからないとき、不安と恐れはより大きくなります。

したがって、子供の年齢に、適した言葉で、なぜ検査や、

治療を受ける必要があるのか​​、そして、その方法を必ず説明してください。

あなたが、すべてを理解していなくても、

あなたの子供のために、確信して、準備ができているべきです。

言葉以外のコミュニケーションをしましょう

小さなお子さんは、語学力が発達していません。

わかりやすい言葉で、説明するようにしてください。

少し難しい部分が、

あるかもぃれませんが、身振り手振り、体を使って説明しましょう。

さらに、手を握ったり、

頭や背中を、優しくなでたりすると、安心感が得られます。

しかし、治療の邪魔になります。

いきなりやると、ビックリしますいます。

ですので、絵本やぬいぐるみの使用して、

状況を、見ながら、子どもたちの緊張を、ほぐしてあげましょう

治療が終わったら褒めてあげる

幼児に対するコミュニケーションのポイント|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

治療が終わったら、

「頑張ったねぇ」

「えらかったね」

と言って、たくさんの褒め言葉をあげましょう。

そうすることで、病院へ行くのが苦になくなります。

共感の言葉をかけてあげる

「泣かないで」

「お兄ちゃんだから大丈夫」など、

禁止や否定の表現は不安を増し、子供をさらに緊張させます。

子どもの気持ちを、抑えるのではなく、

「怖いよね、分かるよ」などと患者さんに言ってください。

「痛くないよ」というと、ウソだと思われるので、「痛くない」とは言わないでください。

泣いたり、話を聞いたりしない子供でも、

辛抱強く、笑顔で、優しく接することが大切です。

保護者の方とコミュニケーションを忘れずに

保育士が気をつけるべき保護者対応の心得 | 特集 | 大阪の保育士転職・求人なら【ほいとも大阪】

患者が子供である場合、同伴する親とのコミュニケーションも重要です。

やはり、子供だけでなく、一番の心配は親です。

まず、ご両親に治療内容を説明し、不安を解消してください。

親と親密に話し合い、寄り添う医師や、看護師さんの姿は、

子どもたちが、安心できるようになります。

まとめ

いかがでしたか?

子どもの患者さんの不安を解消するためには、

治療内容をわかりやすく説明し、共感することが大切です。

多くの大人は病院が苦手で、子供たちは怖くて自然です。

治療が終わったら、たくさん褒めましょう!

電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ 

 新人看護師 転職攻略法note 

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント
電子書籍 看護師さん専用 転職ガイド Kindle版 

看護師転職サイト おすすめランキング