Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

前まで暑かったのに、急に寒くなりましたね。

皆さん、看護師さんとは言え、風邪などひいていませんか?

季節の変わり目は、気温差が、激しくて、体調を、崩すことが多いです。

くしゃみ・鼻づまりもひどいし、なんだか体がだるいなぁ……。

風邪なのかな?と思ったら、熱が、ありません。

その症状は、寒暖差アレルギーです。

本日は、寒暖差アレルギーについてお話します。

看護師さん 季節の変わり目に要注意!! 寒暖差アレルギーとは

原因不明の鼻炎 寒暖差アレルギーの疑いあり

寒暖差アレルギーとは、激しい気温の変化など、
原因となって生じる、鼻炎などの症状をいいます。

鼻炎の他にも、さまざまな症状が出るので、

まずは、主な症状をチェックしてみましょう。

・くしゃみ、鼻水、鼻づまり ・咳 ・頭痛

・食欲不振 ・倦怠感 ・体のかゆみ
このような症状を見ると「風邪かな?」と思ってしまいます。
寒暖差アレルギーの場合には、アレルギー性鼻炎の特徴である、
目のかゆみや充血はなく、また、風邪を引いたときのように、発熱することもありません。
違和感ばかり、感じてしまいますよね。
原因は、アレルゲンや、ウイルスによるものではないので、
医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれています。
原因不明の鼻炎があり、目のかゆみや発熱がない場合には、
寒暖差アレルギーを、疑ってみてもいいかもしれません。

寒暖差アレルギーの原因は自律神経の乱れ

「自律神経の乱れ」の画像検索結果
寒暖差アレルギーの症状は、7度以上の気温差によって、
自律神経のバランスが乱れることで、発症すると考えられています。
自律神経には、体内の血管や臓器などの働きを、
コントロールして、体内の状態を、正常に、保つ働きがあります。
鼻の粘膜にある、毛細血管の拡張・収縮も、
また、この自律神経によって、コントロールされているため、
気温差などの刺激によって、自律神経が乱れると、
鼻炎などのアレルギーに、似た症状が、現れることがあります。
自律神経は、睡眠不足などの不規則な生活によっても、
バランスが崩れてしまうので、
生活リズムが、不規則になりがちな、
看護師さんは、注意が必要です。
関連記事:自律神経の乱れ!?あなたは大丈夫ですか?

寒暖差アレルギーの予防や対策はどうしたらいい?

「寒暖差アレルギー」の画像検索結果

バランスの良い食事を心がける

食事では、ショウガやニンニクなど、
体を温める食材を、積極的に、取ると良いでしょう。
また、カカオポリフェノールには、血管拡張作用があるという、
研究報告もあるので、カカオ成分が、70%以上のチョコレートを、
上手く取り入れて、血流改善に役立てるのも良いです。
何より食事は、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど、
バランス良く摂ることが大切なので、
一度、食生活を、見直してみるといいかもしれません。

普段から体を温めて、温度差を小さくする

寒暖差アレルギーの原因である、温度差をできるだけ、小さくするようにしましょう。
衣服は、こまめに体温調節できるよう、羽織れるものを用意し、
さらに、マスクやストール、ひざ掛けなどを活用して、
冷気から体を守ると良いでしょう。
特に、太い血管が通っている首・手首・足首の「3つの首」を温めると効率的です。
入浴タイムを使い、体を芯から、温めるのもおすすめです。
40度程度のぬるめの、お湯に、浸かることで、
副交感神経が、優位に働き、リラックス効果もあります。

軽めの運動で血流改善&筋力アップ

軽いストレッチや、ウォーキングなど運動を取り入れることで、
血流が改善し、自律神経のバランスも整います。
また、筋肉量が少ないと、体温調節がしづらく、
寒暖差アレルギーに、なりやすいといわれています。
運動をして、筋肉をつけることも大切です。
私も、やらなくちゃ(笑)
さらに、寝る前のストレッチは、質の良い睡眠につながり、
質の良い睡眠は、自律神経のバランスを、
整えてくれるので、ぜひ、取り入れましょう。

まとめ

いかがでしたか?
季節の変わり目で、寒くなり、体調不良になりがちです。
いくら、看護師さんでも、無理してはいけません。
無理をせず、体を、休めるようにしましょう。