Pocket

いかがお過ごしですか?荒蒔です。

毎日の業務お疲れ様です。

病院の業務の中で、手洗いやアルコール消毒で手が乾かすしたり、

荒れてしまったりする事はないのですか?

看護師さんの場合も、手荒れで頭を抱える人が、多いのではないでしょうか?

そこで本日は、看護師さんの手荒れについて、お話します。

看護師さん 手荒れの原因と対策法

看護師さんの手荒れの主な原因

「看護師さんの手荒れ」の画像検索結果

看護師の手荒れの原因は、様々あります。確認してみましょう。

回数の多い手洗い

看護師さんの中で、学生の時から、1処置1洗い と指導されたかと思います。

看護師の仕事をしていたら、何度も手洗いをするのですが、手洗いをすることで、

肌が本来持っているバリア機能を、

低下させることになり、これが手荒れの原因となってしまいます。

肌のバリア機能を維持するためには、手洗い後の保湿が重要です。

手を洗ったら、すぐに保湿をして、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

病院によっては、手洗い場の横に、ハンドクリームを置いているところもあります。

なければ自分で持ち歩くか、

また病院に交渉して置いてもらえないか、検討してもらいましょう。

ハンドクリームは、手に適した使用感であったり、成分が配合されているクリームを選びましょう。

オススメ ハンドクリーム

驚異の持続と心地よさ【クラウンセルクリーム】 

コレールブルーハンドクリーム 

天然由来成分100%!赤ちゃんと自然にやさしい万能洗剤

手袋のパウダー

最近では、パウダーフリーの手袋が普及しており、多くの施設でつかわれています。

しかし、施設によっては、未だに、パウダー付きの手袋を使っているところもあります。

理由は、値段で、パウダーフリーの手袋のほうが少し、高い価格だからです。

手袋をつけたあと手が痒くなったり、手荒れの原因になっていると感じた場合は、

手指消毒薬と同様に、上司の方と相談し、パウダーフリーの手袋を入れてもらいましょう。

院内全体の手袋でなくとも、

肌が弱い人用の手袋として、おいてもらう程度なら対応してくれるはずです。

アルコール性手指消毒薬の使用

看護師に限らす、医療従事者は、感染予防の観点から、

1回処置をすれば、必ず手指消毒を行うように習慣づいています。

しかし、これが肌が弱い人にとっては、原因となり手荒れが生じます。

もともと、お酒を全く飲めない人も、アルコール製剤で手が荒れるようです。

手荒れを、慢性的に起こしている場合は、まず手指消毒薬を原因に疑いましょう。

そして、上司と交渉して、アルコールフリーの手指消毒薬を入れてもらいましょう。

病院では、手指消毒を徹底するように言われていると思うので、

手が荒れて、消毒が十分に行えないと伝えて、

肌が弱い人用に、アルコール性手指消毒薬を、

おいてもらうのが、病院にとってもいいはずです。

看護師の手荒れ予防を行うのも病院の努め

手指消毒薬にしての手袋や、ハンドクリームにしても、

看護師の手荒れを防ぐためには、必要な対策です。

看護師が手荒れを気にして、手指消毒を怠れば、

院内感染のリスクは非常に高まるので、

病院が看護師の手荒れ対策を行うことは、

当然のことだと言う認識を持っていていいと思います。

ひどくなったら皮膚科の処方薬

「皮膚科の処方薬」の画像検索結果

ハンドクリームを塗ったり、もちろん色々と、

自分の手荒れケアを、しますが、さすがに限界があります。

その場合、皮膚科の処方が一番効果があります。

特に、ステロイドを配合した、混合軟膏を手の全体に、

薄く伸ばして手袋をつけて、

寝ていれば、ほぼあかぎれひび割れはしなくなりました。

そして薬がなくなり、ハンドクリームを塗って対処して、

また、ひび割れができてしまったら、

皮膚科に行きましょう。

手荒れがひどくなってくる前に、早めに皮膚科に言って処方薬を塗って、

被害を最小限にとどめておくのがおすすめです。

ひどくなったら手荒れもなかなか治らないので、

なんでもそうですが、予防と早期の治療が重要です。

まとめ

手荒れであかぎれ・ひび割れをしやすい人は、

仕事中も対策をして、

自宅でも対策をとって、手荒れを起こさせないようにしましょう。

一度、悪くなったらもとに戻すのは、時間がかかってしまいます。

特に手荒れは、日頃のケアでカバーできる部分は、

多くあるので、自分の新しい習慣として、

入念なケアを取り入れて、手荒れ対策をしてください。

オススメ ハンドクリーム

 驚異の持続と心地よさ【クラウンセルクリーム】 

 コレールブルーハンドクリーム 

 天然由来成分100%!赤ちゃんと自然にやさしい万能洗剤