Pocket

おはようございます 荒蒔です。

いやぁ~ここ最近、朝の寒さに、参ってしまいますね。

看護師さんの皆さん 毎日の業務 ご苦労様です。

仕事をしている時に、急に立ちくらみやめまいがして、

ふらふらと立っていられなくなってしまった。

また、動悸や息切れで苦しさを感じてしまうという方も・・・・

または、症状がひどくなると、顔も青白くなって、朝から身体がだるくなり、

布団からも起き上がれない・・貧血が原因かもしれませんね。

でも、貧血を理由に、

貧血で休むなんて言えない!

と、時々起こる貧血と戦いながら、頑張っている看護師さんも、

いるんではないでしょうか?

そこで、本日は、貧血の原因と対処をご紹介いたします。

貧血の原因や症状について

貧血の主な原因としては、血液が少なくなること

身体に、酸素が運ばれないために、

身体のあちこちで、酸欠が起きているということが原因です。

特に女性は、男性に比べて貧血になりやすく、成人女性の5人に1人が、

貧血予備軍だとも言われているほどです。結構いますね~

女性ホルモンは、男性ホルモンに比べて、血液を作る量が少ないことから、

女性の方が、貧血になりやすくなってしまいます。

また、女性の場合は、毎月の生理で、血液の量が少なくもなります。

この血液が少なくなってしまうことで、酸素が身体中に行き届かずに、

酸欠を起こしてしまい、貧血になるのです。

具体的に症状として、

◎脳の酸欠状態で、立ちくらみ、めまい、失神などで、立っている事がつらい

◎心臓の酸欠状態で、息切れ、動悸などの息苦しさがある。

◎筋肉の酸欠状態で、身体が疲れやすい

◎疲労感があって身体がだるい

などの症状です。

でも、なんだか最近、

疲れが取れなくていつも身体がだるい…

と感じている人も、いるのではないでしょうか?

しかし、貧血が原因になっているということも、

ありますので、ご注意ください。

貧血の治し方

それでは、貧血になった場合、どうしたらよいでしょうか?

主に、この3つです。

◎身体を温める

◎身体を締め付ける服装をやめよう

◎鉄分の多い食材を取る

ひとつずつ、見ていきましょう。

◎身体を温める

貧血が起こると、体自体が、冷えて寒さを感じやすくなります。

今の時期、なりやすいですよね。

お風呂に入って、身体をあたためたり、

布団や肌着を一枚多めにして、体を冷やさないように心がけましょう。

◎身体を締め付ける服装をやめよう

できるだけ、血液がいきわたるように、リラックスできる、

緩めの服を着るように心がけましょう。

締め付けないような、服装を着ないようにしましょう。

◎鉄分の多い食材を取る

女性の多くは、鉄分が足りていないことから、起きると言われています。

いわゆる、鉄欠乏性貧血とも呼ばれていますよね。

できるだけ自炊をして、鉄分を補いましょう。

レバー、牛肉、豚肉、カツオ、マグロ、カキ、あさり、ひじき、煮干し、

小松菜、ホウレンソウ、納豆、豆腐、プルーン、レーズンなどの

鉄分が多く含まれている食材を食べるようにしましょう。

しかし、看護師の仕事は夜勤もあって、不規則になりがちです。

忙しい、看護師さんは、サプリメントやスムージで、補うようにしましょう。

何個か、商品をご紹介いたします。

いかがでしたか?

しかし、貧血が続いていたり、症状がひどいのであれば、

原因を探るための、血液検査を必ず受けましょう。

ほとんどの女性は、鉄欠乏性貧血からきているとは言われています。

しかし、原因が異なる場合には、何かの病気が隠れているといこともあります。

貧血と思っていたけれど、実は、職場のストレスといった、

精神的なものからきているということも、多いと思われます。

看護師と言う職業は、大変なのは、わかりますが無理をせず、

今日も、業務、頑張って下さい。

陰ながら、応援しています。