Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

年末年始、いかがでしたか?

1)年末年始は実家に帰った方

2)友達とカウントダウンに行った

3)彼氏と初詣

4)紅白や正月番組を見てのんびりダラダラした方

そんな、過ごし方したした、看護師さんは、ほとんどいません。

過ごせましたか?と言えば、看護師さんたちに、怒られそうです(笑)

なんせ、激務で、人手不足!休みなんてあるわけないのが現状です。

嫌になったて方 多いのではないのではないのでしょうか?

1月は転職のチャンスですよ。

心機一転、復職・転職をするならば年度明けの4月以降にやろう。

そう、思う方が、多いかもしれませんね。

「慌ただしい1月から復職、転職?」と思う方もいるかもしれませんが、

今回は、その理由とメリットについてご紹介していきます。

1月は転職のチャンスですよ。

看護師の求人は、常に出ているから、いつでも大丈夫と思いがちではないですか?

求人が増える時期や、入職しやすいタイミングなどがあるため、

転職の際には、少し、考えなければなりません。

この時期、早いところでは、4月に向けて、

新人看護師の面談を終え、内定も出している病院もあります。

人数確保は確実にしていますので、3月・4月になってから、行動を起こしても、

希望する病院の求人は、行っていない場合があります。

また、冬のボーナスを受け取った後、退職してしまう方も、少なくない時期でもあります。

現場では、慢性的な人手不足に加え、看護師さんやスタッフの退職により、

さらなる、負担がかかっているかもしれません。

1年の中でも、とくに忙しい時期でもあるため、

スタッフの増員をしている病院もあるようです。

春先まで待つなんてもったいない

転職して4月から、新人向けの研修を一緒に受けられる場合があります。

そのため、あえて、4月の入職を狙う方もいますよね

しかし、プリセプターの人数には限りがあり、指導も、新人看護師が優先されます。

4月に転職するとしたら、なかなか、あなたに、目を向けてもらえないのも事実です。

ブランクが不安だからこそ、早めに、動きましょう。

ある看護師さんは、転職を考え始めたのは10月。

希望していたのは、近所の病院で、時期が来たら連絡しようと、

思ってはいたものの、何もしないまま時間が経ってしまい、

実際に行動を起こしたのは、3月に入ってからだそうです。

希望する病院の求人情報は、

ホームページや求人サイトなどに求人に載っていない場合、

直接電話をして、求人を見つける方法もあります。

やはり、なかなか行動に移さなかった理由として、

「看護師の資格があるし、すぐに採用されるだろう」という根拠のない自信です。

しかし、病院側の返答は

「看護師の募集はありません。これから先も募集をするかはわかりません」

というものでした。

また、それ以外の病院を考えていなかったので、

次の病院を探すのに、焦ってしまった経験もしている、看護師さんもいます。

そんな経験から、事前準備のて、大切ですよね。

「思い立ったが吉日」

「すぐに、有言実行」

早めの行動が、よりよい転職に、繋がると思います。