Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんで、

なんだか身体が熱くて重い・・・

身体の節々がなんだか痛いような・・・

ハッと気づくと39度近い高熱が・・・・!!

とインフルエンザに、かかってしまう看護師さんも多いようです。

看護師だからと言って、健康に、一番気にしているかもしれません。

しかし、乾燥しだし、インフルエンザの症状をもった、患者さんも中にはいます。

しかし、看護師さんで、マスクをして十分に注意していたとしても、

かかってしまうこともありますよね。

新人看護師さんで、仕事や環境慣れたのに、

インフルエンザにかかってしまった方もいると思います。

そこで本日は、

看護師さんで、高熱が出てインフルエンザかも?と思った時の、

その後の対処法についてまとめてみました。

看護師さんがインフルエンザ!?でも休めない

看護師がインフルエンザかも!?と思ったら・・・どうすればいい?

「インフルエンザ 女性」の画像検索結果

丁度、今の時期インフルエンザが流行しているので、

高熱が出た場合には、まずは、インフルエンザを疑った方がいいと思います。

そしたら、すぐに病院を受診して、

検査を受けてインフルエンザかどうか、確認してくださいね。

万が一、インフルエンザが陽性だった場合には、職場に連絡をするようにしてください。

インフルエンザの場合には、病棟では、免疫が弱っている患者さんばかりがいますから、

感染を拡大をさせないためにも、出勤停止と言われるはずです。

あなたの体調と、院内感染を拡大させないためにも、

まずはゆっくり、休むようにして下さい。

ほとんどの病院では、熱が下がってから、2日後にでてきてほしいと言われたり、

大事を考えて、1週間は休むようにと、言われる場合もありますが、職場によって様々です。

熱が下がってから、いつ頃復帰できるのか?なるべく確認しておくことが大切です。

また、インフルエンザで休んだ日が、まるまる欠勤扱いになるところもあれば、

有給を使って、休めるところもありますので、職場のよって違います。

後日、医師の診断書が必要な場合もあるので、なるべく保管しておくようにしましょう。

人手不足だからといって出勤しないで!!!

新人看護師さんの中には、身体はしんどいんだけど、自分が休むことによって、

誰かに迷惑がかかる・・・

誰かが代理で出勤になるなんて申し訳ない・・・

といったことを、どうしても考えてしまいます。

しかし、逆に無理をして、出勤される方が、迷惑がかかります。

高熱が出た場合や、インフルエンザが疑わしい場合には、マスクもして、

解熱剤を飲んだからといって、自己判断で、出勤をしないよう注意しましょう。

たとえ、インフルエンザではなくても、

38度以上の熱が出ているのであれば、安静に休むようにして下さい。

病院によっては、

インフルエンザではない場合には、薬をあげるから出てきて・・・

と看護師長に言われる場合もありますので、指示どおりにして下さい。

あなたが体調不良で休んでも、良いという状況なのであれば、

とにかく、あなた自身の身体のことを考えて下さい。

毎年、秋から冬の時期にはよくあることなので、

病気にかかったなら、仕方がないことなのです。

それよりも、身体が弱っている時は、同時に、心も弱ってしまっている状態ですから、

仕事のことも忘れるようにして、回復に努めましょう。

職場の方に申し訳ない・・・という気持ちはわかります。

しかし、できるだけ、あなたが完治して復帰できるのが一番なのです。

インフルエンザかかった場合は、お大事になさってくださいね。