Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんで、

クリニックで、働きたいと思っていませんか?

クリニックが未経験であっても、

臨床経験が豊富であれば、問題なく働くことができます。

しかし、臨床経験が浅いと、難しい部分があります。

どういうことなのか?見ていきましょう。

看護師さんがクリニックで働けるのは何年目?

 

スポンサーリンク

クリニックで臨床経験が必要な理由

「臨床経験」の画像検索結果

みなさん、わかっていると思いますが、

クリニックで、看護師が働くために、

臨床経験が必要な理由は、

即戦力で、働くことが出来ないためです。

クリニックで、働くのはいいのですが、

一人前の看護師とは、言えない可能性が高いです。

みなさんも、新人看護師1年目の時は、

目の前の仕事を、一生懸命だった思います。

また、看護師2年目になると、仕事に慣れてくることで、

だんだんと、周囲が見えてくるようになり、

全体を、把握できるようになってきます。

しかし、1年目・2年目共に経験した事のない、

看護ケアや処置もたくさんあり、

看護師として、まだ、一人前の看護師とは、言えない状態である、

可能性が高いことは忘れないでおきましょう。

クリニックで働く メリット

「クリニック メリット」の画像検索結果

「クリニックは楽」というイメージだけで、転職をしてしまうと、

働いた時に「思っていたのと違う」と、後悔する可能性があります。

クリニックは、しっかり休みが取れ、

仕事量も多くない事から、一番働きやすいと、思ってると思います。

ここでは、クリニックのメリット・デメリットを見ていきましょう。

まずは、メリットから見ていきましょう。

夜勤がないこと

クリニックには、基本的に夜勤はありません。

したがって、生活のリズムなしで、

毎​​日のシフトのみが、

仕事のために上がり、日常生活を送ることができます。

看護師の休日は、診療所の休業日です。

休日は、しばしば事前に知られているため、

スケジュールを立てやすくなります。

残業が少ないこと

クリニックの大きな特徴は、残業が少ないことです。

クリニックで働いている看護師さんで、

残業がほとんどなく、毎日定時に、帰る事ができたそうです。

たとえ残業があったとしても、それは月に、約3日、約30分。

したがって、クリニックで、働くことは、生活を向上に、良いそうです。

看護師として難しい処置が少ないこと

看護師として、採血できれば、働くことができるクリニックがあります。

しかし、採血を行わない場合が、多くあります。

さらに、クリニックでの看護師の主な職務は、

バイタルサイン測定、採血、心電図、注入、医師からの支援など、

事前に、決定されており、新しい手順は必要ありません。

したがって、必要な治療を行うことができれば、

勉強する必要はなく、精神的にも、簡単になります。

クリニックで働く デメリット

「クリニック メリット」の画像検索結果

それでは、デメリットです。

給料が少なくなること

クリニックでは、夜勤や郵便手当はありませんので、

給与は、必然的に低くなります。

病棟から診療所に転職しても、

同じ給料が得られると思うと、給料の違いに驚くでしょう。

また、多くの小規模のクリニックでは、十分な福祉サービスがなく、

交通費などに上限があり、

病棟から、転職するときに、戸惑う部分があります。

希望の休みを取りづらいこと

クリニックには、少数の看護師しかいないため、希望する休息を取ることは難しいです。

健康診断の日も、看護師の休日です。

特に、パートタイム、またはパートタイムの看護師のみが、

フルタイムの看護師を持たないクリニックでは、

1人が、休んでいるとクリニックが、実行できない場合があります。

休みの日が、多いクリニックには、保育園の休日が、たくさんあります。

しかし、代替スタッフがいないため、希望の休日をとることが、難しい所です。

看護師としての成長が難しい

クリニックの看護師の職務内容が限られており、難しい手順がないことは利点です。

また、看護師としての、スキルを向上させることも困難です。

新しく学ぶことは、難しいので、

クリニックでは、看護師として、成長することは難しいです。

たとえば、このような看護師さんもいます。

クリニックで、

何度も採血と心電図を行ってきたので、自信を持って行動できます。

しかし、留置膀胱カテーテルの管理や、

手術後の観察など、前の病棟で働いていたとき、

毎日経験したことをやめたので、すぐにやるように言われたら、

すぐにできると、自信がついたそうです。

看護師3年目の後半もしくは4年目に転職

「オススメ 看護師」の画像検索結果

クリニックへ転職したいと思う看護師でも、

できれば、3年目以降に、転職をすることをお勧めします。

3年目の後半、もしくは、4年目(臨床経験3年)は、即戦力の看護師として、

働けるキャリア・年数を積んでいるため、

クリニックの中でも、職場探しの幅が広がるためです。

クリニック勤務は、決められた仕事だけではなく、周りをしっかり見て、

行動できる看護師が、適していると言えます。

クリニックは、即戦力の看護師を求めています。

3年の経験を持つ看護師は、

診療所側(雇用側)からも、あなたにより、良い印象を与えます。

仕事を見つけることは難しくなく、

仕事を見つけるのは簡単なので、3年目以降をお勧めします。

まとめ

1月から3月は求人が最も多い時期であり、

病院、診療所、施設、および、企業の看護師の数が最も多いです。

転職や現在の職場からの、詳細な要件がある場合は、

良い待遇で仕事を見つけたいなら、

ステップアップしたい看護師の転職に、最適な時期です。

良い看護師の転職サイトを選択してください。

看護師の転職で、失敗しないためのポイントを教えます note
オススメ転職サイト

 1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営  

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】