Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

これから、寒くなっていく時期ですよね。

また、看護師は、風邪にかかる患者さんが増えて、

院内のあちこちで、咳やくしゃみが聞こえる季節です。

マスクやうがい手洗いはしていても、この時期は、

風邪をひいてしまうことが多く、

不安な看護師さんもいると思います。

ここで、重要なのは「免疫力」。

そこで、本日は、風邪対策で必要な、

「免疫力」について、お話します。

スポンサーリンク

感染対策には免疫力アップが必要です

「感染 女性」の画像検索結果

看護師さんの中には、たくさんの患者さんと、接するお仕事です。

ですので、心配なことは、

「患者さんから風邪をもらってしまったかも……」

と思ってしまう方が、多いのではないでしょうか。

感染症を予防するためには、手洗いやうがい、消毒などといった、

基本的な対策はもちろん、自分の「免疫力」を高めておくのも大切です。

免疫機能がしっかりと働いていれば、ウイルスや、病原菌が、

体内に侵入するのを、防ぐことにつながります。

感染症に、かかりにくくなるのです。

看護師さんは、毎日のことなので、

免疫力をつけるよう、心がけましょう。

電子書籍:看護師さんのための感染対策マニュアル


     看護師さんのための感染予防メルマガ

免疫力の60~70%は腸にある

「免疫力 腸にある」の画像検索結果

免疫は、私たちの体を、守ってくれる重要なものです。

免疫力が低下すると、感染症に、かかりやすくなるだけでなく、

悪化するリスクも、増えてしまいます。

例えば、ジカ熱そのもので、

健康な成人が死に至ることは、ほとんどありません。

また、基礎疾患があって、

免疫力が低下している場合には、死亡することもあります。

インフルエンザの場合でも、免疫力が低下している場合には、

症状が悪化したり、呼吸器などに、二次的な、細菌感染症を起こしやすく、

入院が必要となったり、死亡するリスクも、増加するというのです。

では、どのようにすれば免疫力を高めることができるのでしょうか。

そのポイントはまず、腸にあります。

私たちの食べ物を、消化・吸収し、排泄するのが腸です。

食べ物には、有害な病原菌や、ウイルスが、付着している危険性もあります。

そうした有害なものが、体の中に侵入することを防ぐため、

腸には、免疫力が、必要です。

免疫力の60~70%は腸にあるといわれているほどです。

つまり、腸内環境を良好に保つことで、

免疫力の低下を防ぐことができるのです。

腸内細菌のバランスを、整える、ヨーグルト、漬物、味噌といった発酵食品や、

食物繊維、オリゴ糖は、免疫を担当する細胞のバランスを、改善されます。

また、食物繊維をエサとして増える酪酸菌も、酪酸を生成して、

腸の粘膜を修復し、免疫機能を高めてくれます。

さらに、トマトやリンゴ、お茶などに含まれるポリフェノール類、

青背魚に多く含まれる、EPAなどのn-3系不飽和脂肪酸も、

炎症を抑えることなどで、腸における免疫力に、大きくかかわってきます。

これらの食べ物を取るように、腸内環境を整えましょう。

関連記事:R-1は風邪予防!?自分の相性の良いヨーグルトを探しましょう!?

免疫力を高める3つの方法

「睡眠 女性」の画像検索結果

日々仕事で忙しく、夜勤などで、生活サイクルや食生活が、

乱れがちな看護師は、どうしても免疫力が、低下しやすい環境ですよね。

日頃から以下のようなことを心がけて、免疫力アップにつなげていきましょう。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足は、免疫細胞の働きを、低下させることがわかっています。

夜勤前など、日中に、睡眠をとる必要があるときもなるべく、

良質な睡眠がとれるよう、環境を整えましょう。

昼寝や休憩中の仮眠など、短時間の睡眠でも、

免疫力向上に、役立つとされています。

関連記事:皆様!?良い睡眠をとりましょう

笑う

笑うことは、ストレスを解消し、免疫細胞の働きを、活性化させるという結果があります。

また、自律神経のバランスを整えることにも役立ちます。

お笑い番組を見たり、マンガを読んだりして、思いきり笑うことも、

免疫力アップに、効果あるとされています。

体温を高める

体温が1度下がると、免疫力は、約37%低下すると言われています。

身体を冷やさないようにするとともに、入浴や適度な運動などで、

36.5度以上の体温を保つように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

風邪をもらわないためには、

たしかに、自分の免疫力を高めておくのも大切です。

また、腸内環境を整えるのは、便秘解消だけじゃなく、

免疫力アップにもつながります。

朝食には、ヨーグルト食べるように、心がけていきましょう。

今年も、残り2か月!頑張って、乗り切りましょうね。