Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

毎日くたくたで、勉強なんて、

やってる状態じゃないという、看護師さんいませんか?

だからと言って、日々勉強しなくてはいけません。

勉強したことを、現場で活かしての、看護師さんです。

そこで、本日は、勉強の仕方がわからない看護師さんに、

勉強が身につく方法をご紹介します。

関連記事

新人看護師さん 実際、何を勉強したらよいかわかりません
看護師さん オススメ本

看護師・看護学生のためのレビューブック 2019 [ 岡庭 豊 ]

できるナースと言われるために 3年目までに知っておきたい100のこと

ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術 [ 中山 有香里 ]

悲しいくらい人に聞けない看護技術 ズルカン2年生

看護師さんが身につく勉強法

 

スポンサーリンク

新人看護師さんのオススメの勉強法

「新人看護師 」の画像検索結果

新人看護師さんで、身につく勉強法があります。

早速、見ていきましょう。

自分ノート作り

まずはじめに、行うことは、自分専用のノートを、2つ作りましょう。

■持ち歩けるメモタイプノート 

業務中に必要な内容を簡潔に書き留め、見たいときに見ることができるノート。 


■勉強用タイプノート

 記録物の書き方などの分量が多くなるものを書き込んでおく。

じっくり後から、見る自分専用のノートを持ちましょう。

「自分のわかりやすさ」を優先して、

自分だけのノートを作る、そのものが、勉強になります。

「習うより慣れろ」心の強い看護師になろう

看護師だけでなく、どんな仕事でもそうですが、

初めは、慣れない場所で、緊張と不安は、当たり前。

しかし、慣れてしまえば大丈夫と、思っておいてください。

また、配属先の病棟(病院)に慣れ、プラスに変えていきましょう。

「慣れる」ということは、「習う」こととは別として、考えて下さい。

その部署ごとに、雰囲気は違うものと認識し、自分の配属先を知り、慣れる意識を持つ。

慣れるまでは、「自分は修行の身なんだ」と思い、

その場のルールを把握し、学び、慣れていくことに意識を持ってください。

プリセプターや先輩看護師から吸収する

次に、行うことは、プリセプターや先輩看護師から、吸収しましょう。

まぁ、先輩方の行動を見て、技を盗み、学ぶということです。

また、自分が質問できる、先輩看護師を明確にしましょう。

その人が、不在の場合もありますので、

もう、一人聞ける、先輩も探しておきましょう。

疑問をそのままにせず、積極的に、質問や疑問点を聞くようにしましょう。

その前に、疑問に思っているなら、Googleで検索して見ましょう。

それでも、わからないんであれば、聞くようにしてください。

始めはわからなくて当たり前。

指導者や、周囲の先輩からどんどん学んでください。

もう一度教科書を見返す

いざ現場に出ると、自分の知識の浅さに、落ち込んでしまう。

新人看護師が多い傾向です。

そんな時は、看護学生時代の教科書を見返えしましょう。

特に「解剖学」「生理学」などの基礎分野は、確認の意味を込めて見返すのがおすすめ。

新人看護師にとって、「学生時代の自分が努力してきたこと」を見直すことは、

復習でもあり、自信にも繋がります。必ず行いましょう。

ブランクの有る看護師さんのオススメ勉強法

「ブランク看護師」の画像検索結果

次に、何年かたてから、職場に戻る看護師さんもいます。

つまり、ブランクの有る看護師さんのことです。

前にやっていたけど、不安という方がいると思います。

それでは、どんな勉強法があるか、見ていきましょう。

自分の不安要素から探る

まずはじめに、自分の不安要素から探しましょう。

採血や注射などの実技、

記録の仕方や申し送り業務など、自分の不安点を明確にして下さい。

不安をそのままにせず、指導している看護師などに

「自信がない」と正直に言える勇気も必要です。

これは、恥ずかしいことではありません。

何か言われても、気にしないようにしましょう。

ブランクがあるのですから、不安があって当たり前。

漠然とした不安を、そのままにはしないことが大切です。

経験科目で勝負する

復職する時は、経験したことのある診療科目を選び、

あなたの経験があるので、思い出しが早いですよね。

復職する前に、必ず事前勉強をし、知識を更に高めておきましょう。

ブランクからの復職後では、

体力面でも疲労しやすいので、できれば、準備しておくことが大切です。

再就職は、経験科目の方が、なじみがあり、

不安の軽減にも、繋がりますので、オススメです。

勉強会、研修会へ参加する

次に、復職支援に特化した、院内研修会や勉強会に参加してみましょう。

院内にない場合は、ネットなどで調べ、

復職ナースのための勉強会や、研修会に参加してみてください。

復職の際は何かと忙しいと思いますが、研修会や勉強会は、

一度は、参加された方が、その後の、仕事が落ち着いてできると思います。

転職先を絞って勉強する

再就職を考えたら、まず、診療科をある程度、絞りましょう。

幅広く浅く勉強するより、ある程度、科目を絞った方が効率が良いです。

単純なことですが、焦ると見えなくなるので、書いておきましょう。

勉強の仕方がわからないことが、わからない人へ

それでも、勉強の仕方がわからない方は、こちらを確認してみて下さい。

まずは、「何がしたいのか?」を明確に

まず具体的に「何がしたいのか?」を考えてみましょう。

いくつでも、書き出してみて下さい。

書き出したものに、優先順位をつけ、

上位から自分に今、一番必要なものから勉強しましょう。

勉強するためには、まず「自分に何が足りていないのか」を知ることです。

以上の方法で、自分のための勉強が見えてきます。

機械の取り扱い説明書を読む

心電図モニターや、人工呼吸器の取り扱い説明書を熟読し、

使い方をより深く理解しましょう。教科書より固くなく、親切です。

機械に強くなることで「自信」がつくと、自分の自信につながります。

勉強に苦手意識のある方には、具体的に装置があって、使い方が定まっている、説明書がオススメ。

ひとつでも「得意」があることで、基礎勉強にも取り組めるようになり、

次第に、臨機応変に対応できる人と思われ、信頼につながります。

憧れの看護師さんを見つける

「あんな看護師になりたい」と思える、憧れの看護師さんを見つけましょう。

憧れの看護師さんに、近づけるように、

日々の行動(業務)を行なうだけで、勉強効果があります。

良いお手本を見て、マネから理想に近づくのは効果的です。

苦手から逃げない

最後に、言いたいのは、苦手から、逃げないということです。

苦手意識が抜けない看護師さんは、多いと思います。

しかし、それは、自分だけじゃありません。

苦手から逃げていると、ますます苦手になり、積極的に勉強した分だけ自分にできます。

「苦手」は、勉強で「得意」に変わることを知っておきましょう。

前向きに、頑張っていきましょうね。

看護師さん オススメ本 

看護師・看護学生のためのレビューブック 2019 [ 岡庭 豊 ] 

できるナースと言われるために 3年目までに知っておきたい100のこと 

ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術 [ 中山 有香里 ]

 悲しいくらい人に聞けない看護技術 ズルカン2年生