Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

今、現在、政府では『働き方改革』をよく耳にします。

それでは、病院で現在働いている、看護師さんたちは、

どのような体制で働いているのでしょか?見ていきましょう。

看護師さんたちの働き方改革の取り組み方

スポンサーリンク

3交代より2交代のほうが良い?

「3交代より2交代」の画像検索結果

病院には、夜勤がありますよね。

2交代制か、もしくは3交代制で看護師さんは、働いております。

病棟には患者さんが入院しているため、

「外来やクリニックのように日中だけ働けば良い」というわけにはいきません。

今の時代の性質として、2交代制のところが多いようですが、

2交代制と3交代制のどっちが良いのでしょうか?

各々の勤務環境や特色を見てみましょう。

2交代制の場合

最初に、2交代制です。

2交代制の場合、

勤務時は、ざっと日勤が、9時から17時までの8時勤務、

夜勤が、17時から翌朝9時までの、16時勤務になります。

勤務時は長いですが、朝9時に勤務終わると、その日は、一日自由です。

夜勤明けの翌日は、お休みまたは、再び夜勤になる事が多く、

プライベートの時間が、多く取れるという、メリットがあります。

3交代制の場合

3交代制は、ざっと日勤が、

8時から16時、準夜勤が16時から24時、

夜勤が、24時から翌朝8時の勤務で、1回の勤務時が8時になっています。

1回の勤務時は短いですが、

日勤の後に、夜勤に入らなくてはいけないなど、

厳しいシフトになる、場合が多いようです。

2交代制と3交代制のどっちが良いかは、人それぞれです。

1回の勤務時が長期に渡ってても、プライベートが多いほうが良いのか、

少し厳しいシフトでも、1回の勤務時が短いほうが良いのか、

自分自身にあった働き方があります。

2交代制と3交代制のどっちもを経験した看護師の感想によると、

2交代制のほうが、夜勤の前後でちゃんと睡眠をとる事が可能なので、

健康状態は整えやすいとの事です。

加えて、夜勤明けの自由な時を活用して、お買い物したり、

お友達とあったりと、リフレッシュしやすいそうです。

逆に、3交代制のケースは、勤務時は短いけども、

日勤が終わった8時後にその上夜勤に入らなくてはいけない時があり、

「休んだ気がしない」

「どんどん病院にいる気分になる」事もあるようです。

これは、断っておきますが部分の看護師さんの感想ですが、

3交代制が減り2交代制が増大している事を思案すると、

多くの看護師さんが3交代制よりも、

2交代制のほうが、良いと考える方のほうが多いと思います。

しかし、働くということは、時と場合があります。

どんな職業でも同じですが、現場の意見を出し合って、

皆さんで、働きやすい環境をつくりましょう。

看護師さんは、サービス残業が当たり前?

関連画像

サービス残業は、当たり前と思っていませんか?

そんなことは、ありません。この、当たり前は、要注意です。

朝:1時間前には出勤して、情報収集。情報収集終わったら、

  夜勤さんのフォローや、始業前に点滴・入浴の準備まで済ませる。

夕方:学習会は当然残業に含まれず自分の時間で参加。しかも強制的。

夜:勤務時間前に薬の確認、経管栄養の準備。

これらは、厳密にいえば、業務上必要な時間として、

仕方がないと思う方もいます。

ただし、実際にこれを、認めてはいけません。

ここまで時間外として、仕方がない事と、思わないでください。

しかし、点滴や検査、他の業務の準備は、どうでしょうか?

これは、完全に、看護業務にあたります。

一つ重要なのは、まずは、時間内にできるように、

業務改善しなくてはいけません。

その大前提に、それでも始業前にやらなければならないことは、

前残業として、時間外労働を認めて、超勤を取れるようにするべきです。

時間外の学習会について

あとの問題点は、時間外の学習会についてです。

認定看護管理者研修を修了した時に、

勤怠管理について、お話します。

厳密にいうと、業務上必要な知識の習得のための時間は、

時間外労働として、超勤が発生します。

働いている看護師さんの気持ちは、

◎強制参加のものは、超勤の発生する時間外労働とするべき。

◎自由参加のものは、超勤は発生しない自分の時間で参加。

強制に参加させておいて、労働とみなされます。

ただし、ある程度、納得させないと、

人が集まらないという、問題があるのも事実です。

今のところは、ほとんどの病院で、

学習会は、自分の時間で参加となっているのが現状です。

法律ができただけでは、看護師の残業は、減りません

法律ができただけでは、看護師の残業が、減るわけではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

それは、働いている皆様が、意識改革を、行う必要があります。

どのようなものがあるか、見ていきましょう。

1.経営者の意識が変わる

2.看護師長の意識が変わる

3.職員の意識は少しだけ変わる

4.できる業務改善は行う

5.時間をどう生み出すか皆が考える

6.時間内に、絶対終わらせるという意識の高める

7.終わったら、早く帰ろうという意識の高める

このように、職場の意識が変われば、よくなります。

業務改善という言葉が、看護現場でより、飛び交うと思います。

なぜなら、罰則規定が設けられた以上は、

改革しなくては、いけません。

看護師長は、必死になって改善しようとします。

ここで大事なのは、働き方改革を、良い機会だと思って、

皆がプラスにとらえられるかどうか。

なんでもそうですが、不満ばかり言っていては、何も変わりません。

不満を口にすることを、否定するわけではありませんが、

それと同時に「じゃあどうすれば良いか?」を考えていきましょう。

きっと、変えられる!

変えていかなければいけない!

正直、意識が変わるだけで、

減らせる、残業もあると思います。

そして、もう一つポイントとなるのは、

上の立場の人が早く帰れば、他の人も早く帰る!

これは確実です。上司や先輩を差し置いて、

早く帰るのは、後輩に取って、勇気のいることです。

働く一人一人の意識が大切です

今、医師の働き方改革については、様々な取り組みが進んでおり、

各メディアに、取り上げらています。

医師の働き方改革にうまく活用して、

看護師の働き方改革を進めることが、効率的です。

働き方を見直すことで、誰もが、やりがいを感じながら、

笑顔で、働き続けられる、環境を作っていくことが大切です。