Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんの中で、

自分の判断に、自信がない事ありませんか?

「本当にこれでいいんだろうか?」と不安になって、自分で判断できますか?

自分の判断に、自信が持てないとき、

どのような考え方をすればいいのでしょうか。見ていきましょう。

看護師さんにおける判断力とは?

スポンサーリンク

判断力は自分の成長

「判断力 」の画像検索結果"

「自分の判断に自信がない」と、どうしても、考えてしまいますよね。

「間違いを指摘されるかも・・・」

自分が判断する前に、周りに答えを、求めてしまいますよね。

仮に、正しい判断ができたとしても、

誰も『それで正しい』とは、言ってくれませんよね。

ということは、

「判断に自信がない」という悩みに、つながっています。

「本当に、この判断でいいのだろうか……」と不安になったとき、

ほかの方に、確認することも必要です。

ですので、誰かに聞かないと不安な状態でいては、判断力は、育ちません。

つまり、自分に、自信がないということです。

それどころか、仕事が終わり、家に帰っても、

「もし、私の判断が間違っていたらどうしよう……」

とビクビクしてしまいます。

ずっと、心が休まらない状態に、なってしまいます。

私の知り合いで、看護師さんが、看護師として、

働き始めて数年、あるいは、転職後1年くらいは、

何かと、自分の判断を、否定されることがあります。

その病院には、その病院のルールがあります。

「私のせいが何かが起こったらどうしよう」

という強い、不安をかかえてしまったそうです。

たしかに、たくさんの経験を積めば、

時間の経過とともに、ある程度の判断力は、身につきます。

しかし、ただ時間の経過を待っているだけでは、

いつまでたっても、判断力は、身につけません。

結果的に、何をするにも、

いまいち自信が持てない、看護師に、なってしまいます。

大切なのは、

判断力が「育つ」のを待つのではなく、「育てる」という意識をもつことです。

とはいえ、人は、不安が強いと、守る方に行き、行動しなくなります。

それでは、次に、どのような考え方をするとよいのでしょうか。

「まずは」よしとする

「良い」の画像検索結果"

自分の判断に自信がないときに、必要なのは、

今、特に問題が起きていないのだから、

『まずは、よしとしておこう』という考え方です。

そもそも、自信がもてない状態にあるのに、

「自分は間違っていない」「きっと、大丈夫」と言い聞かせても、

「でも、もし間違っていたらどうしよう……」

「今は、大丈夫だとしても、あとになって、何か問題が起きたらどうしよう……」

という不安が、強くなりますよね。

大事なのは、

自分が、現時点で、コントロールできない範囲のことを、

心配する気持ちを、なくすようにしましょう。

先走って、不安を抱いていると、

無意識に「自分に解決する力はない」と落ち込んでしまいます。

そのため、

「たとえ何かが起こっても、必ずなんとかなる」

と思い、前向きに考えましょう。

「まずは」よしとしておくことで、

自分の中の、マイナス思考が、なくなり自身につながります。

また、これは「最終判断」ではなく、「仮の判断」です。

今後、良くないことが、起きたとしても修正は可能です。

そうすることにより、自分の判断に対し、過度のプレッシャーを感じずにすみます。

判断力は、さまざまな経験を、積み重ねることで、自然と育つ部分もあります。

自ら育てる意識と、感情のコントロールで、さらに早く力がつきます。

ぜひ、取り入れてみましょう。

自信をつけるためには「行動する」ことだけ

「行動する」の画像検索結果"

究極の自信をつける方法は、それは「行動すること」です!

人間は、ボーっと考えごとをしているときって、ロクなことを考えません。

私もですけど・・・・(笑)

気づくと、あの人は、かわいくて、男の子から人気だけど、

それに比べて、わたしは全然……などと、どうしても、人と比べてしまいます。

けれども、行動に集中しているときは、

そんな考えは、一切、浮かびませんよね。

目の前のやることをやる、という思考に切り替わります。

一般的に、若い人より、年配の人のほうが、

自信があるのは、行動量のちがいなんです。

女性で、とてもモテる男性と、知り合ったことがありるらしく、

話を聞いてみると、過去にふられまくった、経験を、大量にしていたそうです。

ふられても落ち込まず、

女の子に声をかけることを、続けていたら、

いつのまにか、モテる男に、なっていたようです。

女性の目からみると、オレなんかモテないから……と

最初から、あきらめて行動しない人よりも、積極的に、声をかけてくる男性のほうが、

ずっと、魅力的に映ります。これは、女性でも同じですね。

人を傷つける行動は、ダメです。

しかし、自分がいいなと思ったことは、ちいさなことから、行動していきましょう。

もしもあなたが、なかなか行動できないとか、行動することに対して、

恐怖心があるなら、それは、あなたは、完璧を目指しすぎです。

行動できるよう、努力しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

確かに、看護師という職業は、医療ミスを起こしてはいけません。

しかし、勝手な判断をして、命を落とす場合もあります。

この判断は無理だと思ったら、上司の方に、相談しましょう。

報・連・相は、忘れずに行いましょう。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ