Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

インターネットでの必要なことは、情報収集です。

私も、YouTubeなど利用して、常に、情報収集をしています。

それでは、看護師さんはどうでしょう?

あなたは、現場の情報収集を行っているでしょうか?

本日は、早めに出勤して、

一生懸命メモしているのは知ってるんだけど、

情報収集ができないと、悩んでいる方に、コツを教えます。

看護師必見!情報収集のコツとは

新人看護師さんは、とにかく受け持ちの患者さんに、
関する情報は、なんでも知っていなければならないと、考えがちです。
でも、何もかも、完璧にメモして把握しようとすると、
時間もかかるし、受け持つ患者さんが増えれば、把握しきれなくなってしまいます。
まずは、患者さんについて、自分が知っておくべきなのは、
どんな情報なのか

自分にとって必要な情報は、何であるのか
をきちんと考えて、整理しましょう。
その際、自分が必要とする情報と、
周りの先輩が、必要とする、情報がずれている可能性があります。
どんな情報が必要なのかは、先輩方が、どんな情報を伝えているのか、
また、プリセプターの方など、身近な先輩たちに、
どんなことを意識して、情報収集しているのかを聞いて、
アドバイスをしてもらいましょう。
様々な状況に対応できるよう、同期との情報交換も大切です。
たまには、同期同士で飲み、情報交換をしましょう。
たまに、愚痴ったりも、ありだと思います(笑)。
その上で、ある程度の項目に絞っておくと、メモ忘れ防止にもつながります。
もちろん、患者さんの状況によって、
必要となる項目が、変わることもありますので、ご注意しましょう。

看護師同士のコミュニケーションが情報収集の秘訣

関連画像
業務がなくなったとしても、交代時や休憩時などに、
看護師同士で、挨拶がわりに、ちょっとした、情報共有をすることは多いです。
患者さんの様子や性格、ケアの注意点など、
ほかの看護師から、得られる情報は、とても貴重です。
日ごろから、看護師同士の横のつながりを大切にしましょう。
コミュニケーションをとりやすい人間関係を、
つくておくことが、情報収集の秘訣だと、私は思います。

必要な情報の優先順位を付ける

情報収集シートには、多くの情報を記入する欄があると思います。

栄養、排泄、呼吸、清潔、睡眠、既往歴、薬剤、検査データ、家族、感染、信仰…。

患者さんを理解するには、

あらゆる側面から、情報を得る必要が、あることは言うまでもありません。

しかし、これらの情報を一気に集めるのは、無茶というものです。

情報収集のコツ1つ目は、必要な情報の優先順位を付けることです。

順位は、命に関わること、緊急性が高いことが、優先となります。

つまり順位を判断するには、患者の疾患に関する、知識が必要になります。

むやみに情報を集める前に、

患者さんの病態、症状、合併症のリスク、治療などは学習しておきましょう。

そうすれば、何の情報を優先して、集める必要があるかが分かるはずです。

関連資料:【TNX】情報収集シート2.0(B5)

効率良い情報収集が今後ますます重要に

新人看護師さんが悩みとして、多いのが「情報収集の難しさ」です。
時間をかけて、必死で情報収集しているつもりなのに、
大切なことを把握できていなくて、先輩に注意されてしまったという、
経験のある新人看護師さんも、多いと思います。
最近では、看護師の業務改善を目的として、
申し送りを短縮、廃止する病院が、増えてきています。
看護師にとって、
情報収集スキルは、今後、ますます重要になります。
効率よく、情報収集するためのコツを身につけていきましょう。

まとめ

新人看護師さんの情報収集って、
何が、重要かがわかっていないと、感じることが、多いかもしれません。
まんべんなく、全部の情報を入れようとしても、無理なのは当然です。
また、自分で、調べられる事は、Googleなどで、積極的に調べることを忘れずに!
電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ