Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師さん頑張っていますか?

皆さん、お仕事をする際、スケジュールや、計画書を立てたりしますよね?

看護師さんでも、「看護計画」というものがあります。

ようするに、簡単に言ってしまえば、看護師が業務を行う上で、必要な計画書です。

その人の状態に合わせて、どのように看護を展開するのか、

目標を長期と、短期に分けて、看護を計画していきます。

長くても、1週間ほどで評価修正を繰り返し、

退院までの計画書を基準として、看護を展開していきます。

本日は、「看護計画」についてお話します。

標準看護計画と基準看護計画の違いってなに?

「看護師さんによる看護計画」の画像検索結果

看護師さんで、標準看護計画と基準看護計画の違いてなんですか?

という質問が多いみたいです。実際、違いはほとんどありません。

そもそも、標準看護計画(規格看護計画)とは、多忙な看護師でも、すぐに、

看護計画が立てられる、いわゆるテンプレートみたいなものです。

その病院ごとに、看護計画の普通な中身が記載されているものがあって、

そこから、それぞれの患者さんに当てはめて、修正していく事が多いです。

その病院によって、違いはありますが、看護計画とか、標準看護計画という、

呼び方をしているものです。

それにより、

標準看護計画=基準看護計画

であると理解いただけやすいかと思います。

なぜ看護計画を立てる必要があるの?

関連画像

それでは、なぜ看護計画を立てるのでしょうか。

業務に必要だからという方もいるでしょう。

しかし、看護計画を立てる理由は、大きく分けて2つあります。

その1.患者さんをサポートするため

患者をサポートする時、病名が分かっていても、患者さんにも、それぞれ個性があります。

そのため、他の看護師さんが、一貫して同じサポートができるように、

看護計画を立てる必要性があります。

これによって、皆さんが、同じ目線で患者さんを、サポートすることができます。

その2.看護の情報や方法を共有する

2つ目は看護を実践するうえで、その情報や方法を共有することです。

看護計画は看護師だけでなく、患者にも提示しサインをもらうため、患者の目にも触れます。

自らに対する看護はどのようなものか、患者、看護師、看護師間で共有をしていく事でより、

良い看護実践が行えると感じています。

看護計画の基本形とは

「看護計画の基本形」の画像検索結果

初めに、看護計画の基本からみてみましょう。

看護計画には、長期目標と短期目標があります。

長期目標は、かれこれ退院まで、もしくは退院後を見据えて計画するもので、

短期目標は長期目標に向かって立てるもので、短期目標を全て、

達成すれば長期目標が、達成できるようになります。

計画は、観察項目(O-P)、ケア項目(T-P)、指導項目(E-P)

に区別され、全て、行われるように計画していきます。

その上、評価日を設定しているため、

その評価日に達成できるような目標、項目設定をしておくことが大切です。

看護計画を立てる時のポイントは?

それでは、看護計画を立てる上でポイントがあります。

最初に、注意しておきたいポイントが、患者中心に考える事です。

計画を作っていると必然的に、看護師の理解をなんだかんだと詰めてしまい、

患者が達成し、辛い目標を立てている看護師を多くいます。

患者さんに見せた時に、共に頑張ろうと思ってもらえるような目標をたてましょう。

また、項目別の計画は、

5W1H(いつ、どこで、だれが、何を、どうする、どのように)

だれが見ても、どのように行えばいいのか?分かるように作っておきましょう。

患者さんや、同じ職場で働いている方のためにも、看護計画は大切ですね。