Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師の業務をする上で、気を付けなければいけないのが、

針刺し事故です。

何度か、ブログで針刺し事故については、触れてきましたが、

針刺し事故とは、看護師などの医療従事者が、

使用後の注射針や縫合針、メス等で損傷することを言います。

臨床の現場では、特に、注射器から、一度外したキャップ(蓋)を、

使用後の針先に、再び装着することで、

事故が起こる場合が、多いようです。

また、メスや注射を使用する事が多いため、

手術中に多く、事故が起こります。

それでは、針刺し事故の、予防方法と事故後の対処方法ついて、

述べていきたいと思います。

看護師さんによる 針刺し事故の予防と対処方法

針刺し事故は常に発生しています

「注射針」の画像検索結果

看護師の業務において、採血や静脈内注射などを使用して、

患者さんに処置をするのは、日常的に行われています。

それにより、針刺し事故の報告は非常に多く、日本国内において、

年間で約45〜60万件の針刺し・切創事故が起こっているという、

調査のデーターがあります。

この調査報告は、針刺し事故を起こした当事者が、

報告したデータを、集計して作成されているので、

報告していない看護師を含めると、さらに多くなるかもしれません。

針刺し事故の予防方法

 

針刺し事故の調査報告データを見ると、器材別では、

通常の中空針によるものが、28%と多くなっています。

その続いて、翼状針によるものが21%となっていて、

これらの2つで、全体の半数近くを占めています。

それにより、注射業務を実施するときは、

針刺し事故を未然に防ぐために、中空針の場合は、注射器から、

一度外したキャップ(蓋)を、使用後の針先に再び装着しない事です。

他にも翼状針の時は、キャップ(蓋)が、

無用の安全装置付きのものを、使用するように

各病院・施設で多く行われております。

また、針を扱うときは、絶対手袋を着用するようにしましょう。

看護師の中には、

「指先の感覚が鈍くなるから、手袋は利用したくない・・・」と

手袋の使用を拒む、看護師さんもいます。

しかし、手袋を着用して注射をする事で、万が一、

針刺しを起こした場合でも、手袋の上からなら間接的になり、

手袋を着用しているおかげで、

皮膚にまで達する事が、防げる場合もあります。

さらに、手に傷口があれば、例え直接針刺しをしなくても、

傷口から感染する危険性があるので、水準を満たすまでの、

予防の防止に繋がります。

事故後の対処方法

「針刺し 事故」の画像検索結果

針刺し事故が起きてしまったら、

直ちにに、針を刺してしまった箇所の血液を、絞り出してください。

中枢側から、圧迫するようにして絞り出します。

その後、大量の流水と、石鹸でよく洗ってください。

皮膚に針を刺してしまった場合は、

0.1%次亜塩素酸ナトリウム液に2〜3分間浸します。

他にも、粘膜に針を刺してしまった場合は、

10%ポピドンヨード液を使用して消毒します。

その後、速やかに上司や師長などに、

針刺し事故を起こしてしまった事を、報告してください。

対象となる患者さんの病名やウイルス名、既往歴などを確認します。

万が一必要であれば、患者さんに、了承をとり検査を、

実施してもらいます。検査を実施する前には、

絶対、同意書を残すようにしてください。

血液検査等の必要な検査を行います。

必ず、検査結果を病院に報告するようにしてくださいね。

日頃からの意識が大切

針刺し事故を減らすためには、

日頃からの常に、意識することが大切です。

感染のリスクの高さや、病院に与える危険性に対し、

定期的に勉学会などを開催するなどして、

理解を深めるようにしましょう。

なお、針刺し事故防止のためのトレーニングに関しては、

決まった的に、新入生や中途採用に関係なく行います。

注射器取扱いの明確なルールを設定して、

病院全体で充分に、厳守する事を徹底する事も重要です。

針刺し事故は、業務に慣れてきて、

機械的に業務を実施している場合など、

注意の意識が低くなっている時に、起こる場合があります。

注射業務を担当する場合は、いつも緊張感を持って、

実施するように、心がけるようにしましょう。