Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務・お仕事ご苦労さまです。

看護師は、意識高いの憧れの職業です。

ただ、良い印象だけで、実のところに看護師になり、

思っていた業務中身とは異なる点、

悩んでいる人も少なくありません。

『これが現実かぁ・・・』

と肩を落とす人もいるかと思います。

しかし、いつも笑顔でキビキビ働いていますが、

「白衣の天使」である看護師にだって、不満はあります。

看護師に、多くあるモヤモヤには、どういったものがあるでしょうか?

オススメ転職サイト

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事

 

看護師さんのお悩み 人間関係と過酷な労働の実態

労働環境がキツイ

「労働環境がキツイ 看護師」の画像検索結果

病棟で働く看護師は、夜勤も月に5〜6回はありますし、残業も多く、

土日休みや休日が少ないんです。

他にも業務中身も、3K(キツイ、汚い、危険)と言われています。

このようなきつい労働環境であるにもかかわらず、お給与はそれほど高くないんです。

お月給が高くないのに、業務はきついし、拘束時も長いと、

プライベートの時間が、確保できなくなります。

さらに、平日休みも多く、他の方と予定が合わせられない悩みがあります。

職場の人間関係

「職場の人間関係」の画像検索結果

看護師は、女子が多い職場です。

看護師に限った事ではないのですが、女性が集まると、どうしても自然に派閥ができたり、

仲間はずれが起きたりと、人間関係がギスギスしますよね。

看護師の職場は、忙しく体力的にも精神的にもハードですので、心のゆとりがなくなり、

人としての結びつきが、悪くなる事が多くあるようです。

看護の業務は、言うまでもなく一人ではできません。

受け持ちの患者さんはいますが、看護師同士が協力し合って業務をしないと、

業務が進みません。

協力して業務をする必要があるのに、同僚同士でいがみ合っていたら、

患者さんにも迷惑がかかります。

職場の人間関連に悩んで、違う病院へ転職する人も豊富にいます。

スキル急上昇

看護師は、一生続けられる業務です。

経験を積んで一人前の看護師になった時に、今後どういった看護師を目指すのか、

どんなスタイルで働くのか、頭を抱える人は多々あるんです。

看護師は、医師と異なる点は、専門の診療科があるわけでありません。

将来の選択の余地は、ある意味幅広いと言えるでしょう。

実際まで、働いていた診療科のスペシャリストとして、認定看護師や、

専門看護師を目指すのか、自らの関心のあるフィールドや、診療科に異動して学習するのか、

保健師や助産師を目指すのか等、様々なスキルをアップすることが可能です。

でも女子の場合、将来、結婚や育児などの時期を考えなくてはいけないので、

今後の、あなたの人生計画を当てはめて、スキルアップの計画を、

立てなくてはいけないのが、実際の所難しいと思います。

笑顔がトレードマークの看護師ですが、たくさんな事に苦痛ながらも、

笑顔で患者さんに接しているんですね。いつもながらご苦労さまです。

看護師へのクレーム

「患者 クレーム」の画像検索結果

最近、医療はサービス業と言われています。

この医療がサービス業であるという解釈には、賛否両論ありますが、

サービス業である以上、患者さんからクレームを受ける事もあります。

看護師が受けるクレームで多々あるものは、「扱ってが悪い」や「態度が悪い」などです。

慌しい中で、看護師が優先順位をつけながら業務をしていたため、

緊急性の低い、患者さんの扱ってが遅れてしまったという時もあるでしょう。

当然、できるだけ早く扱ってする事がベストですが、限定しれた人員の中で、

優先順位をつけながら業務をしなければいけないので、患者さんへの対応が、

遅くなってしまい、その事に苦情を言われる事があります。

このケースは患者さんは当然、看護師にもそれほど責務はありません。

看護師は、患者さんの命を預かる以上、緊急性の高いものから業務をしなくてはいけません。

責務はどこにあるかと言えば、もうに応対できないような人数しか、

看護師を配置しない病院側にあるかもしれません。

でも、ただ単に応対が悪かったり、態度が悪いという事例も多々あるのも事実です。

患者さんにとっては、病院に受診する事、入院する事は非日常です。

また、具合が悪くて病院に来ているので、いつも以上にナイーブになっているでしょう。

けれども看護師にとっては、患者さんと接するのは、普段の事です。

疾患を持っている患者さんに、接する事が普段的になってしまい、

一人ひとりの患者さんを思いやる事を忘れてしまった事例や、応対が悪い、

態度が悪いというクレームにつながるのだと思います。

加えて看護はサービス業ですが、総て患者さんの要求に応えるわけではないのです。

疾患のため、絶飲食の指示がある患者さんが、食事をやりたいと言っても、

食事をさせるわけにはいきませんし、

リハビリを嫌がる患者さんにも、我が家に帰るために、

リハビリをしてもらわなくてはいけません。

サービス業である一方、要求に応えられない事も多い事が、

医療や看護の特徴です。

患者さん側と医療職者側での解釈の違いも、

クレームにつながる一つの要因だと考えます。

私みたいな、団塊の世代がお世話になります。

しかし、モノの価値観が違い、怒ったりして、

嫌な思いをさせてしまうことも多いと思います。

しかし、看護師さんはサービス業ではありません。

そこのところは、患者さんも理解してほしい所ですね。

オススメ転職サイト

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事