Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんは、常に、命と向き合う職業です。

判断ミスで、患者さんが、

生命の危機になった、経験があると思います。

そこで、失敗を恐れて、

何もできなくなる、看護師さんも、多いと思います。

でも、失敗を、必ず報告しなくてはいけません。

そこで、本日は、ミスした時の、対処法についてお話します。

看護師さんの失敗が怖い時の考え方

 

新人看護師さんで、

「ミスをして怒られて辛い」

「この先が不安」

「ミスが多くてもう辞めたい」・・・

今、思っている新人看護師さんが、多いんでは、ありませんか?

退職や転職を選ぶことも、もちろん、選択肢としてあって当然です。

 まず冷静になって、以下のことを、一つずつ考えてみましょう。

ミスは誰でも起こす

「ミスは誰でも起こす」の画像検索結果

どんなに気をつけていようと、

立場が上の人であろうと、ミスは誰でも起こします。

ドクターXで、「私、失敗しないので」

見たいなことは、絶対ありません(笑)。

あれは、ドラマです。

そうです。完璧な人間なんていないのです。

今いる、会社の上司や同僚、友達でもいいです。聞いてみてください。

「ミスをしたことはありますか?」と。

100%「ミスをしたことない」という人はいません。

ミスをしてしまって、ヘコんでしまうのは、普通の人の心理です。

むしろへこまない方が、おかしいと断言できます。

ミスをしたことから逃げても、

どこに行ったって、何をしたって、結局ミスをします。

私もそうです。看護師ではないのですが、ミスしまくりです。

完璧になるまで、5年以上かかりました。

こんな自分でも、ミスしますので、

新人看護師さんは、自信を持って下さいね。

ミス=自分のできないことと受け入れ

   なぜ、ミスをしてしまったのか

を冷静に考えてみましょう。

できなかったことが、できるようになれば、自分の成長に繋げられます。

信頼できる人に相談する

関連画像

どうしても立ち直れない、気持ちが沈んでしまって、

どうしようもない人は、会社内で信頼できる人に、相談してみましょう。

会社内ではなくても、友達でも良いです。

ミスの内容によっては、相手を選ぶ必要があります。

また、同期同士で、愚痴り合ってもいいんです。

昔、私も、よくやっていました(笑)。

もちろん、どうしたら、ミスを無くせるかと相談することが、

第一にはなりますが、一人で抱え込まずに、発散させることが大事です。

仕事でミスしてクビになることはある?

関連画像

「仕事で、ミスをしてしまった・・・クビになるんではないか?」

と不安を抱えてしまった事、ありませんか?

結論から言いますと、クビにはなりません。

そこで、どんなことをしたらクビになるのか、

ならないのかについて、解説していきます。

まずクビになることはない

「お前はクビだ!明日からくるな!」

こんな言葉が飛び交っていた一昔前です。

現在では、 たとえ、どんなミスをしても、まずクビになることはありません。

【労働契約法第十六条】

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると、認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法第十六条」によれば、ミスをしたことによって、

解雇をすることは、できないことになっています。

なぜなら、ミスをしたのは、社員の能力が低いことであって、

社員教育にも、問題があると、考えられるためです。

クビにならないとは分かっても、ミスによっては、

職場に居づらくなったり、自主、退職に追い込まれたりと、いった場合があります。

クビになるケース

上記でクビになることはまずないと解説しましたが、クビになるケースもあります。

クビになるのは以下2つのケースです。

◎ミスをわざと行う

◎犯罪を犯す

ミスをしたことで、クビになることはないですが、

ミスをわざと行った場合は、クビになる場合があります。

それは、さすがに、皆さん、ご理解してると思います。

◎ミスをしたことで上司にきつく怒られ、その腹いせにさらにミスを重ねる

◎大きなミスをしたのに誰にも報告せず隠蔽して、あとからそれがバレた

また、会社とは関係なく、犯罪行為を行った場合も、クビになります。

芸能人による覚醒剤使用など、犯罪を犯したことによって、

解雇されている場合があります。

仕事でミスをした時の謝罪方法

仕事で、ミスをしたならば、謝罪をするのは当然のことです。

しかし、どのように謝罪をしたら良いのか、分からない場合もありますよね。

スムーズに、ミスを謝罪するための言い方や、手段について解説します。

基本は直接謝罪する

どんなミスでも、ミスをした場合、

とにかく、直属の上司に、直接報告し謝罪しましょう。

取引先に、ミスの謝罪をする際も、直接行うようにし、

遠方にいる場合は、電話で謝罪しましょう。

メールは、謝罪の気持ちを全面に出すことが難しいので、直接、謝罪したあとか、

電話で、謝罪をしたあとに、送りましょう。

誠意を伝える

謝罪をする際は、誠意を伝えることが、肝心です。

相手が、ただ単に謝っているだけだな、と感じさせてしまわないように、

◎なぜ、ミスが起きたのか

◎今後どのような対策をしていくのか

などを丁寧に伝えましょう。

また、相手の気持ちに、

寄り添い、共感することも大切です。

以下の順番に謝罪を行うようにしましょう。

1.お詫びの言葉を述べる

2.相手の気持ちに寄り添い共感をする

3.ミスの原因は自分にあることを伝える

4.今後の対策を話す

また、直接謝罪する場合でも、電話でも、言い方や表情に気をつけるようにしましょう。

淡々と話すのではなく、「申し訳ない」という気持ちを、

全面に、押し出すように、言うのがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

ミスをしない人は、この世にいません。

もし、ミスをした場合、きちんと報告いたしましょう。

わからなければ、必ず上司に、相談しましょうね。

報・連・相が大切です。

もし、できていない場合は、

あなたの現場で、必ず確認してください。

それでは、前向きに、頑張っていきましょう。