Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんで、

注射や採血をする時、手がプルプルしちゃうんです……!

このような悩みありませんか?

患者さんにも申し訳ないし・・・と思いますよね。

血管確保をする際、とても苦労した、看護師さんは、大勢います。

注射の際に手が震えてしまうとき、どのように対処すれば、

良いのかについて考えていきましょう。

看護師さんの悩み 注射や採血のときに手が震えます

 

それでは、どのように、対処すればよいのでしょうか?

見ていきましょう。

過剰に悩まない

関連画像

「失敗したらどうしよう……」「患者さんに痛い思いをさせてしまったら……」と悩みがちですよね。

手の震えを、とても気にしてしまいます。

しかし、気にすればするほど、緊張が高まり、どうしようもなく、手が震えてしまいます。

そのような時は、「無駄に悩むことはやめよう」と考えてみましょう。

それによって、経験を積むことのよって、落ち着いた態度で、

臨むことが、できるようになります。何事も、経験が大切です。

「手の震えは誰でもある」と理解する

ネットで「注射 手 震える」などのキーワードで検索すると、同じように、注射の際の手の震えに、

悩む看護師が、たくさんいることがいます。

看護師の仕事は、患者さんの健康に、関わる責任ある仕事です。

その責任を、しっかりと認識している人ほど、

仕事にあたって、緊張するのは当然です。

緊張で、体が震えるのは、自然な現象です。

「手が震えるのは恥ずかしい」「患者さんにどう思われるだろう」などと、

注射の際の手の震えを悩みとして、意識すればするほど、

気になって、余計に力が入ってしまいます。

「手の震えは当たり前なこと」

「手が震えたからといって注射に失敗するわけではない」と考え、

意識しすぎないようにしましょう。

先に自分で手を震えさせてみる

「手を震えさせてみる」の画像検索結果

手の震えというのは、意識して止めようとすると、

さらに力が加わって、震えが大きくなりやすいものです。

このような状態のときは、「震えよ止まれ!」と意識するのではなく、

逆に「もっと震えろ!」と意識することで、自然と震えが止まりやすいことを覚えておきましょう。

注射前に、あえて「震えろ、震えろ」と自力で、手を震えさせておくことで、

注射の際には、手が震えないという方もいるので、

一度、試してみるのも良いかもしれません。

勉強や練習、イメージトレーニングをする

緊張するのは、自然なことであるとは言っても、経験を重ねるうちに、

過度に、緊張したり、手が震えたりすることは、なくなったという方が、多いのも事実です。

実際に、患者さんに注射をする経験を、重ねるには、ある程度時間がかかります。

注射が上手な先輩が、どのようにやっているのかを、よく見て繰り返しイメージしてみたり、

書籍などで、コツを学んでみたりするだけでも、自信につながっていきます。

さまざまな方法を試し、自分に合った対処を見つけましょう

「悩まない 女性 ポイント」の画像検索結果

「こんなに手が震えるのは私だけだろうか……」と悩むこともあるかと思います。

全国には、原因不明の手の震えで悩んでいる人が、数百万人にものぼるといわれています。

看護師でも、同じように、悩んでいる人は、たくさんいるので、

「私だけじゃないんだ」と思っていいと思います。

手の震えについての対処法はほかにも

・カフェインの摂取をやめる

・深呼吸を繰り返す

・指を握ったり放したりする

・針を持っていないほうの手を土台にして、針を持っている手を支える

など、さまざまな方法があります。

まずはいろいろと試してみて、自分にあった対処を探してみましょう。

まとめ

何事もそうですが、初めて行うことは、誰でも緊張するものです。

私は、看護師ではありませんが、どんな職業でも緊張します。

そんな時は、何事も、チャレンジしていくことです。

私もそうでしたので。

チャレンジが、1歩踏み出せない場合は、先輩に協力してもらいましょう。

自分の苦手を、克服していきましょうね。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル