Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師さんで、

「あなた 仕事の要領が悪いわね」と言われたことありますか?

私は、20代の頃は、毎回言われていました(笑)

自分を責めたり落ち込んだりしていませんか?

別に、落ち込むことはありません。

それでは、仕事をどのように、

要領よくしていけば良いでしょうか?解説していきます。

仕事の要領が悪い 看護師 4つの改善方法

新人看護師が、要領が悪いのは当たり前です

「できない当たり前 看護師」の画像検索結果

看護師の仕事は、とっても忙しいですよね。

新人看護師さんでなくても、要領が悪く、時間がかかることってあります。

だから、新人看護師のあなたが、

「自分は要領が悪くて、仕事が遅い どうしよう?」

ぶっちゃけ、あまり深く悩む必要はありません。

ほぼ、気にしないということです。

私も、言われないために、5年はかかりました(笑)

とはいえ、仕事を、テキパキとこなす先輩看護師は、とてもかっこいいです。

尊敬することも、たくさんあります。

もしも、自分の要領が悪いと悩む時には、

あなたから見てできる、先輩看護師が、

どんな動きをしているか見てみると、参考になります。

要領の良い悪いを決める要素は、無駄な動きがあるかどうかにかかっています。

病棟で働いていると、ナースコールなどもなりますし、

段取りを立てていても、

なかなか、その通りには、進んで行かないことがよくあります。

また、その段取りが細かいほど、

仕事が進まないことに、イライラして、逆効果になってしまうこともあります。

ある程度の段取りを取ることは大切ですが、

細かすぎる段取りをたてる必要はあまりありません。

また、仕事において、臨機応変に対応するということも大切です。

しかし、新人看護師さんは、経験が不足なので、

なかなか臨機応変に対応するなど、経験を積んでいませんよね。

でも、少しずつ仕事に慣れて、経験を積んでくると、

こんな時には、こうするという対応の仕方が、自然と分かってくるはずです。

そのために、まず、経験を積むという意識が大切です。

要領の悪さを改善する 4つのポイント

それでは、具体的に、どのようなことに気をつけていけば、

要領の悪さを改善できるのでしょうか?

要領の悪さを、改善するための、

4つのポイントがありますので、見ていきましょう。

「今やらなくていい仕事」こそ早めにやる

「今やらなくていい仕事 ガッツ」の画像検索結果

YESかNOの返信をすれば、済むだけの軽い内容のメールや、

書類に捺印して、提出するだけ、といったわずかな仕事でも、

日常の仕事の中で、たくさんあります。

こうした仕事は、

緊急度の低い、いわゆる「今やらなくていい仕事」です。

後回しにしてばかりいると、いつの間にか、問題山積みになってしまいます。

結果、「忘れてしまった」「思い出したときには期限を過ぎていた」といったいう、

うっかミスで、すまないミスが、起こる危険性があります。

そうなってしまうと、大した仕事ではなかったはずのことでも、

問題になったりと、必要以上に大ごとになってしまうのです。

こうした、小さな仕事でも

その気になればわずか、数十秒で、終わるようなものが多いはずです。

そうであれば、今やらなくていい仕事であっても、先延ばしにせず、

あえて、その場ですぐに、片付けてしまうことが重要なのです。

中途半端で良いので、まずは始める

要領の悪い人は多くの場合、

はじめから完璧に、近いものを、目指そうとします。

よく言えば理想が高く、しっかりとした、

仕事をしなくてはならないという、

責任感が強い人間だと、思われる場合もあります。

ただし、根本的な問題として、

その「完璧」は、自分にとっての「完璧」でしかないことを忘れてはいけません。

自分の中では、9割近いできだと思っていても

上司から見ると6割未満だった、ということは、ざらにあります。

むしろ、「こういう方向で進めようと思っています」という、

全体像を示す、戦略を早く作ってしまったほうが、

上司もダメ出ししやすいかもしれません。

「そもそもの方向性が少しちがう」と

アドバイスをもらえれば、

早い段階で、軌道修正することができるのです。

また、中途半端な出来であっても、

ひとまず早めに、着手していったん形にしてしまうことで、

検証すべき課題点や、不足している情報が見えてくることもあります。

「とりあえず始めてみる」ことをせず、

ああでもないこうでもないと言っていると、時間のムダですので、

その事態を避けるためにも、とりあえず始めることを、心がけましょう。

やるべきことを「とりあえず紙に書き出す」

「とりあえず紙に書き出す」の画像検索結果

やるべき仕事が増えていき、

「やるべきことがあといくつ残っているのか」

「何から優先的にやっておくべきなのか」

が把握する意味でも、ひとまず、紙に書き出すようにしましょう。

やるべきことを紙に書き出すと良い、とよく言われます。

これは「書き出すことで頭の中を整理できる」という意味もありますが、

実は、もう1つ、重要な意味があることをご存知ですか?

紙に書き出すことによって、

頭の中にある記憶や、思考を記録しておくことが、可能になります。

つまり、頭の中で覚えておいたり、

気にし続けておいたりする必要がなくなり、

言ってみれば、「必要なときまで忘れていられる状態」になります。

これによって、頭の中で、いま最も集中すべき事に、向けることができるのです。

要領の悪い人の頭の中は、

「あれも、これもやらなくては…!」「これもやらなくては…!」

という義務感や、責任感で占められていることが、少なくありません。

頭をクリアにして、生産性を高めるためには、いったん記憶や、

思考を考え直し「とりあえず紙に書き出す」のがおすすめです。

人の力を借りる

「チームワーク」の画像検索結果

仕事をする中で、「チームワーク」という言葉を耳にします。

チームワークとは、チームを構成するメンバーが、お互いの強みを生かし、

1人では、実現できなかった仕事を成し遂げることです。

それと同時に、自分の弱い部分を、補ってもらうためのチームでもあります

もし、あなたが1人でチームとしての、

仕事を全てこなせるのであれば、そもそもチームを作る必要はないはずです。

人の力をうまく借りて、仕事を進められるのは、要領がいいといえます。

要領がよいと、このようなメリットがあります。

◎自分が苦手な仕事を任されたら、

「自分はこの仕事が苦手」であることを明かして同僚に相談する

◎ミスをしたとき、

 原因をオープンにして今後の課題を共有しようとする

◎困っていることや悩んでいることを、

 愚痴ではなく、相談ごととして周囲の人に伝える

◎自分1人で抱えてしまわず、上司や同僚を巻き込んで仕事を進める

要領のいい人は、仕事の考えそのものよりも、

結果を出すことにプライドを持っています。

途中でうまくいっていないことや、

困っていることを1人で抱えず、人の力を、うまく借りるようにしましょう。

看護師さん オススメ本

看護師・看護学生のためのレビューブック 2019 [ 岡庭 豊 ]

できるナースと言われるために 3年目までに知っておきたい100のこと

ズルいくらいに1年目を乗り切る看護技術 [ 中山 有香里 ]

悲しいくらい人に聞けない看護技術 ズルカン2年生